感動的なサプライズをするための3つの心構え!


人が感動する時

結婚式やプロポーズ、記念日などには何か感動するサプライズを考えている人は多いと思います。サプライズの方法には、映像を流したり、プレゼントを用意したり、さまざまな仕掛けを用意したりと世界中の人が試行錯誤しています。

その一方で、インターネットで動画見て影響を受けそのまま真似したり、これだけやれば感動するだろうと押しつけがましくなったり、結果うまくいかなかったという話もよく耳にします。

そういったことを防ぐためにはどんなサプライズをするかというより、人はなぜ感動するかということ理解するほうが近道かもしれません。

ef3de88350b4773fb5b6653d284e51a9_s

 

知識や経験

人が感動するには、積み重ねてきた知識や経験が必要となってきます。サプライズでプレゼントを贈ったとしてもその物の価値や経緯を理解していなければ豚に真珠と言えるでしょう。そこに感動のかの字すらありません。

逆に人が年を取るにつれて涙もろくなるのは、多くの経験を積み重ねてきたからともいえるでしょう。第一前提として感動するサプライズをするには、事前に知識があるか、なければさりげなく予備知識を与えるなどの工夫が必要になります。

共感を得る

人は共感できることででくわすと、他人の出来事でもあたかも自分が体感したように感じ感動することができます。映画やドキュメンタリーを見て涙してしまう人は、共感によって感動していると言ってよいでしょう。

共感にて感動を与えるには、何より感情移入がいかにできるかということにかかっています。そのためには、サプライズする時の雰囲気を壊さないことそして良いムードを作ることが大切になってきます。

期待以上を

レストランなどで従業員の対応がとてもよく感動したということはありませんでしょうか。これは、レストランというご飯を食べるだけというところでそれ以上のサービスつまり期待以上のサービスを受けた時に得られる感動になります。

期待以上というのは、なかなか難しくサプライズの目玉が近づいてくるにつれて人はそのサプライズについて薄々気づき、何かあるのだろうなと感づいてしまうことも多々あります。しかし、その想像を超えることができれば人は感動します。

期待以上を実現するには、事前にシミュレーションやリハーサルを綿密に行い、彼女・彼氏の行動パターンなどをしっかり計算しておくと大成功につながるかると思います。

まとめ

感動的なサプライズは、他のサイトで多く取り上げられていることが多いので、感動するためにはどうしたらいいかという切り口でまとめてみました。

サプライズをやっただけという自己満足に終わらないためにも「知識」「共感」「期待以上」の3つを意識したサプライズを試行錯誤してみてはいかがでしょうか。

1bf439aa593ba554f3656150140ef82a_s

その他のコラムを見る