アメリカで就職、年齢や資格は?新卒の就職率や日本人の就職事情、就職ランキング…就職活動の難易度、エンジニアなど有利な資格を紹介


 

アメリカと日本の就職事情は

様々な面で異なっているが・・・

多くが日本人によく知られていない。

 

例えば、何よりも学歴が重視されるアメリカでは

即戦力がないと就職が難しい。

 

 

一方、日本人がアメリカで

就職する時に有利な資格も存在する。

 

 

今回は、アメリカで就職する方法を

役立つ情報と併せて紹介する。

 

 

 

アメリカなど海外で就職…大学の新卒はアメリカなら?年齢や高卒・大卒の就職率

 

アメリカの大学生の

就職率や雇用状況は、

日本とは大きく異なっている。

 

 

平成30年度の文科省と厚労省のデータによると、

日本の大卒の就職率は97.6%、

高卒は98.1%と高く、雇用状況も安定している。

 

 

一方、アメリカでは大卒の就職率が低く、

推移を見ると伸び悩んでいることがわかる。

 

アメリカと日本の

大卒就職率のグラフを比較すると、

日本の方が圧倒的に率は高い。

 

 

日本の場合、

ほとんどの人が大学を卒業してすぐに、

新卒枠として企業に入社する。

 

だがアメリカには

そもそも新卒枠がない。

 

 

高卒での就職も

非常に困難な状態となっている。

 

 

アメリカの就職率を男女別に見ると、

両者にそれほど大きな格差はないのが現状。

 

 

アメリカ人女性の就職率は

2017年度において6割を超えている。

 

アメリカでは女性の高学歴化が進んでおり、

社会や経済にプラスの影響を与えている。

 

 

アメリカでは海外からの

移民による不法労働が

問題となっている。

 

その就職率の高さと

失業率の低さには驚きを隠せない。

 

 

アメリカで移民の就職率が高い理由は、

雇用主が彼らを低賃金で雇えるから。

 

 

アメリカに留学した

日本人学生の就職率は非常に高い。

 

例えばアメリカの大学を卒業後、

OPTを活用して働く留学生が多くいる。

 

 

OPTとは、

大学卒業後に学生ビザを利用して、

1年間働くプログラムのこと。

 

日本の企業は、アメリカに留学した

日本人学生の英語力や専門知識を評価して、

積極的に採用するケースが多い。

 

そのため、就職率は高くなる。

 

 

アメリカでは日本とは違い、

就職する際に年齢制限がない。

 

50代や60代でも

様々な働き口が見つかりやすい。

 

 

 

アメリカの大卒は就職難?就職の難易度など事情を紹介…就職事情の実態

 

アメリカにおける

就職事情の問題点として、

賃金格差や年齢の差別などがある。

 

 

アメリカは差別に対して厳しい国。

 

 

企業が就職希望者を採用する際、

年齢や男女の違いなどが理由で

不採用にすることは禁じられている。

 

そういった中でも、

アメリカでの就職において

年齢差別の問題は多い。

 

 

実際のところ、

アメリカの企業は

若者を好む傾向が高いといえる。

 

 

アメリカで就職の難易度が

高い職業は看護師。

 

現在、アメリカで看護師の職業は就職難で、

新卒が働くことは非常に難しい状況になっている。

 

 

アメリカのほとんどの病院が

即戦力のある看護師を求めているのだ。

 

経験の少ない看護師にとって

就職難となっているのが現状。

 

 

アメリカの新卒の多くが、

中小企業で働くことを希望している。

 

大企業が人材不足に

悩まされていることも興味深い。

 

 

同じアメリカでも、

就職の難易度が職業によって

大きく異なる。

 

アメリカでの就職活動は

難易度が高いのが実態で、

他人より優れたスキルや専門知識が必要になる。

 

 

 

 

 

 

アメリカで就職する方法!日本人の就職活動や活動の時期

 

アメリカの就職活動の本が、

Amazonや書店などで売られている。

 

アメリカの就職活動の

特徴や就活の活動時期など。

 

役立つ情報が満載なので、

一度読んでみることをおすすめする。

 

 

中には、アメリカの就職活動における

論文が掲載されているものもある。

 

 

アメリカで

就職する方法を知りたい場合、

日本人の就職活動が参考になる。

 

就職活動のブログ記事は

ネットにアップされているので、

一度見てみよう。

 

 

日本人が

アメリカで就職活動をする場合、

事前にビザを取得しておきたい。

 

アメリカで働く場合は、

就労ビザの取得が

必須となることを覚えておこう。

 

 

アメリカの学生は、

就職活動を大学の在学中に

行うことはほとんどない。

 

アメリカの就職活動において

日本と大きく異なる点だが、

そもそも企業は新卒の枠を用意していない。

 

 

アメリカの学生は

就職活動の一環として、

企業の長期インターンシップを行う。

 

卒業後に即戦力として

働けるようにするのが目的で、

日本とは活動時期が異なる。

 

 

アメリカで

就職活動をする時の服装は、

基本的には正装で行う。

 

アメリカで働いている人は

ラフな格好をしていることが多い。

 

だが、面接などの大事な場面では

しっかりと服装を整えよう。

 

 

ポイントとしては、

自分が就職したい企業の

職種に合わせて服装を選んでみよう。

 

例えばアパレル業界の場合なら、

派手過ぎないカラーシャツを着用して

自分の個性をアピールするなど。

 

 

企業によっては

面接の服装にこだわりがない。

 

「カジュアルな服装でも可能」

と明記している場合もある。

 

 

とはいえ、正式な場面では

基本的にスーツ着用がマナー。

 

会社のイメージや職種にマッチした、

アメリカ就職活動スーツを選んでみよう。

 

 

アメリカの就職活動で

特徴的なこととして、

面接の終わる時間が早いこと。

 

面接が早く終わるほど、

合格の可能性が非常に高いといえる。

 

 

アメリカで就職活動をする時に、

英語の語学力の高さは求められるが、

英検などといった資格は一切通用しないので要注意。

 

 

アメリカに留学中の日本人学生は、

就職活動のイベントの

ボストンキャリアフォーラムに参加してみよう。

 

アメリカ留学中に、

国内外の様々な企業の

面接を受けられるイベント。

 

 

アメリカに強い転職サポート「JACリクルートメント

 

 

 

アメリカの就職ランキング!人気のランキング、2018年版…2020年は?

 

アメリカの就職ランキング

2019年度の第1位は、IT企業。

 

アメリカの学生の多くが、

ITやインターネット関連の

仕事に就職したいと思っている。

 

 

企業と共に自分自身が

成長できる環境を求めている。

 

 

2018年、

アメリカで就職したい企業ランキング上位は、

Alphabet、Amazon、Facebookなどが並んでいる。

 

2017年度におけるLinkedinによる調査

 

 

2020年、アメリカで就職したい

企業ランキングで上位は、

グーグルやウォルトディズニーカンパニー。

 

アップル、ナイキ、JPモルガンなど、

幅広い分野の企業がランクインしている。

 

 

アメリカで学生に人気のある企業は、

専攻する分野によって異なる。

 

 

アメリカの理系の就職ランキングでは

NASAが最も人気が高い。

 

1位のNASAに続いて上位に

グーグルやボーイングカンパニー、テスラモーターズ、SpaceXなど、

工学系の企業がランクインしている。

 

 

 

アメリカで就職に有利な資格はエンジニア?ビザ(サポート有)についても紹介

 

アメリカで就職する場合、

ビザなしで働くことはできない。

 

 

アメリカで就職を希望する日本人は、

就労ビザの取得が必須となる。

 

しかし、日本人が

アメリカの就労ビザを取得することは

非常に難しい。

 

 

アメリカの就労ビザを

取得するためには

いくつかの条件がある。

 

それらを満たすことで、

最終的にコンピューターによる

抽選で選考される。

 

 

就労ビザ取得の条件となるのが、

4年制大学以上の学位、

もしくはそれに相当する実務の経験。

 

少なくとも大学を卒業していないと、

アメリカの就労ビザは取得できない。

 

 

また、自分が就職したい企業の専門職と、

大学の学位が関連しているものでないと

就労ビザの許可は下りない。

 

 

アメリカの大学を卒業後、

OPTプログラムで1年間就職すれば、

学生ビザを存分に活用できるので利用していきたい。

 

 

アメリカで就職するために

日本人がビザを取得するのは難しいが、

ビザサポート有の企業も存在する。

 

アメリカの企業が必要とする人材に対し、

ビザ取得が困難な人のサポートをするシステム。

 

ビザサポート有の求人は、

インターネットなどで日頃から

情報収集をするように心がけてみよう。

 

 

アメリカで就職する際に有利な資格は、

調理師、ネイリスト、エステティシャン、

美容師・理容師、保育士・幼稚園教諭、日本語教師など。

 

これらの資格は職場において、

日本人にしかできないサービスが求められる時に、

より一層有利な資格として活用できる。

 

 

アメリカで就職する時に、

エンジニアも有利な資格だが、

かなりのレベルやスキルが必要となってくる。

 

企業がエンジニアを採用する際、

即戦力として働いてほしい。

 

レベルが低い場合には

すぐに解雇されてしまう恐れもある。

 

 

 

まとめ。アメリカ就職

 

アメリカで就職する方法や

その実態について紹介してきたが、

いかがだっただろうか。

 

 

アメリカと日本の就職事情は

それぞれ異なり、企業の考え方も違う。

 

 

日本人がアメリカで

就職することは困難と言われている。

 

だが、就職に有利な資格があることや、

求められている人材がいることは確か。

 

 

あなたもスキルを磨いて、

アメリカ就職に

挑戦してみてはどうだろうか。

 

 

サウスカロライナでのんびり仕事をするインド人エニッド。

自分と同じく、毛むくじゃらの動物があまりに好きすぎる(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ