アメリカに移住…条件やデメリット、メリット!費用やおすすめ方法、ビザなど…移住したい50歳にも仕事は?失敗したと後悔しないために


 

アメリカは移民の国であり、

さまざまな人種の人々が暮らしている。

 

そのため、

多民族社会を体感できる

移住先として人気が高い。

 

 

それでも、アメリカに移住する際の条件や

デメリット、メリットはなにか分からないと不安になる。

 

 

移住の費用やおすすめの方法、

ビザはどうなるのか。

 

移住したい50歳にも仕事はあるのか。

 

 

失敗したと後悔しないために、

どんなことを知っているといいのか紹介していく。

 

 

 

アメリカに移住したいが移住方法は?おすすめの方法

 

アメリカに移住するためには、

就労ビザまたは永住権が必須条件だ。

 

 

永住権を得るためには

さまざまな条件がある。

 

アメリカに親戚が住んでいたり、

永住権を持った人と

国際結婚したりすると話は早い。

 

 

しかしこの条件を満たす人は限られてしまう。

 

 

アメリカへ移住したい人なら

誰でも挑戦可能な方法が2つある。

 

アメリカの企業に就職する、

または年一回の移住抽選結果に当選することだ。

 

 

移住抽選に当たるのは、

宝くじに当たるほどの強運が必要なので、

おすすめはアメリカの企業に就職する方法だ。

 

 

日本人が外国で

就職しようとすると、

やはり語学力は必須。

 

そして、企業が雇いたいと思う

特別な技術や資格を持っているかが

重要なポイントになる。

 

 

そういうわけで、資格が必要な職種や、

特別な技術を身につけた職人が就職しやすい。

 

 

しかしここで注意点。

 

ビザの規定として

 

学士号以上を持ち、

大学で専攻した専門知識・技術を

必要する分野で働くこと

 

などの厳しい条件がある。

 

 

つまり大学を出ていて、

大学で学んだことを活かす分野で働かないと

就労ビザはもらえない。

 

十分に気を付けてもらいたい。

 

 

海外に移住する方法はさまざまあるが、

アメリカへ移住はなかなか厳しい道のりなのだ。

 

 

 

日本で結婚してアメリカに移住…ビザの条件は?結婚の失敗や手続きなど

 

日本で結婚している場合は配偶者ビザ、

婚約中の場合は婚約者ビザとなる。

 

 

配偶者ビザは取得まで1年近くかかるが、

取得後すぐに永住権を取得できるメリットがある。

 

 

婚約者ビザは、アメリカ入国後

90日以内に結婚することが条件だが、

半年で取得できる。

 

しかし永住権の手続きが別に必要だ。

 

永住権がもらえるまでは

アメリカから出国できなかったり、

働けなかったりと不自由もある。

 

 

それぞれのメリット・デメリットがあるが、

永住権をすぐに取得できる点で

配偶者ビザをおすすめする。

 

 

国際結婚の

失敗談も多いので

注意してほしい。

 

それは婚約者ピザで入国したものの、

その後破談となってしまうケースだ。

 

90日以内に結婚することが条件のため、

結婚しなかった場合帰国せざるを得ない。

 

アメリカ移住に向けての引っ越し荷物も、

日本に引き返す羽目になってしまう。

 

 

結婚は当人の問題であるため一概には言えないが、

国際結婚は、より慎重な判断が

求められるといえるだろう。

 

 

 

アメリカに移住しても

安定収入を得るには?

 

 

海外に移住、費用はアメリカなら?移住の費用やデメリット、メリット

 

アメリカに移住するために

どれくらいの費用がかかるのか。

 

 

まず、日本からアメリカへ行くまでだと

 

・航空券代

・荷物の輸送費5~10万円

・ビザ取得6~7万円

・予防接種10万円

 

が必要となる。

 

 

アメリカについてからかかる費用として

 

・居住費3~10万円

・健康保険代

・給料が入るまでの生活費10万円~

 

があげられ、

最低でも30~50万円は必要だ。

 

 

というわけで、

アメリカに移住するための費用として

必要経費だけでも100万円近くかかってしまう。

 

 

アメリカへの移住のメリットは、

多国籍国家で多くの人種と

出会うことができること。

 

同じ日本人移住者も多いので、

日本人移住者向けサービスが

充実していることがあげられる。

 

 

逆にデメリットとしては、

物価や医療費が高いことや、

治安が悪く銃社会であること。

 

多国籍国家であるがゆえ、

人種差別があるということなどがあげられる。

 

 

またアメリカ移住は、

ほかの国への移住と比べて難易度が高い。

 

そのため、メリットとデメリットを比較して

ほかの国への移住を検討する人も中にはいる。

 

 

しかし、どうしても

アメリカに移住したいという強い意志があれば、

高いハードルをも乗り越えられるはずだ。

 

 

 

海外に移住…アメリカに移住して仕事探し!仕事はある?芸能人のアメリカへの移住のビザは?

 

アメリカに移住しての仕事探しは、

かなり難しいと覚悟しておいたほうがいい。

 

 

アメリカに移住を考えている

医者でさえ、仕事探しは大変だという。

 

 

最大のネックは、

アメリカでの職歴がないこと。

 

 

日本での経験があっても、

アメリカで職歴がない場合

面接さえ受けられないこともある。

 

 

まず面接を受けられるように、

英文の履歴書でアピールすることが

大事になってくるのだ。

 

 

日本人の仕事として、

日本人向けの観光に携わる

職種での仕事は多くある。

 

しかしやはり給与面でいうと

企業に就職するほうがよい。

 

しっかりと情報収集した上で、

英文の履歴書などの準備を行い、

アメリカ企業への就職を叶えてほしい。

 

 

ちなみによく芸能人が

アメリカに移住する話を聞くが、

芸能人の移住ビザはどうなっているのだろうか。

 

 

日本のメディアとして

アメリカで撮影や取材をする場合は、

芸能人ビザやジャーナリストビザは簡単に取得可能である。

 

多くの芸能人は、

この芸能人ビザを利用して移住している。

 

 

アメリカは、世界的アーティストや

国際レベルのスポーツ選手など。

 

卓越した能力を持っていると

認められた人は永住権を取得できる。

 

 

また50~100万ドルの投資をしてアメリカで起業し、

アメリカ人を10人以上雇うと

投資家枠の永住権もある。

 

 

特別な才能や高額な税金などで

アメリカに貢献してくれそうな人は

歓迎されるということだ。

 

 

 

アメリカに移住、医療保険など保険はどうする?ブログでチェック

 

アメリカは各自で

医療保険に加入する必要がある。

 

 

アメリカの公的医療保険は

65歳以上または

障碍者のみを対象としているからだ。

 

それ以外の人は

民間の医療保険に加入するのが一般的だ。

 

 

多くの人は、勤務している企業などから

団体保険に加入しているケースが多い。

 

 

企業の福利厚生の一部として、

団体保険の加入料の全額や

一部を負担してくれることもある。

 

アメリカで就職先が決まっている場合は

先に確認することをおすすめする。

 

 

医療保険には大きく分けて、

健康保険、歯科保険、視力矯正保険

の3種類がある。

 

 

アメリカの保険制度はかなり複雑で、

一筋縄ではいきそうにない。

 

 

自分で保険会社を選んだり、

保険を勉強してみたりするのもよいが、

アメリカ移住者のブログを参考にするのがいい。

 

 

Lighthouseロサンゼルス

 

個人ブログではないが、

アメリカ移住に関する情報が詳しく載っている。

 

アメリカの医療保険制度の解説から

日本語が通じる保険会社の一覧まで

幅広く紹介されている。

 

 

 

まとめ

 

アメリカに移住する際の条件は

ビザで、就労ビザがおすすめ。

 

 

アメリカ移住のメリットは、

多国籍国家で様々な人種と出会うことができること。

 

 

アメリカ移住のデメリットは、

医療費や物価が高いことや、

治安が悪いこと、人種差別があることなど。

 

 

移住の費用は100万円以上かかる。

 

 

移住したい50歳にも仕事はあるが、

アメリカでの仕事探しは難しいため、

語学力や特別な技術や資格などの本人の努力が必要。

 

 

自由の国アメリカへの移住は、

さまざまなハードルがあることは確かだ。

 

しかし、アメリカへ移住して

手に入れられる新しい生活が

待っていることも確かである。

 

まずは情報収集をして、

アメリカ移住への第一歩を踏み出してほしい。

 

 

 

デトロイトに移住したのは、

自分と同じく洋版プレイボーイで育った井原(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ