カナダで就職…日本人の就職事情は?資格や求人、新卒の活動、ビザのサポートなど。日系企業への就職は難しい?高卒の職種など


 

ナイアガラの滝やロッキー山脈など、

多くの自然に溢れる、

大きな大陸であるカナダ。

 

 

ここで就職できたら、

新しく自分自身を見直すことができそう・・・

 

そう考える日本人は多いが、

肝心の就職実態が意外と知られていない。

 

 

そこで今回は、カナダで日本人が

どのようにすれば就職できるか

まとめてみた。

 

 

 

カナダの就職事情!就職の事情と活動の実態

 

外国で就職しようとしたら、

最初に気になるのは、

その土地の就職事情だろう。

 

そこでまず、カナダなど

海外での就職活動するときの

服装について見てみよう。

 

 

男性の場合、

指定がない限り

スーツ着用が望ましいです。

 

 

色はダークなものが無難でしょう。

 

チャコールグレーやブラックでもいいですが、

最近はダークブルーや濃紺が多い印象です。

 

また、ストライプや

グレンチェックなど

柄物は避けた方がいいでしょう。

 

 

二つボタンでも三つボタンでも構いませんが、

三つボタンの場合は上二つ掛けではなく、

段返りの方がすっきり見えます。

 

 

また、最近はあまり見かけませんが、

ダブルのスーツは避けた方がいいですね。

 

今だとちょっと

変わった人に見えてしまいます。

 

引用:海外就活で失敗しない面接時の服装とは?印象をよくするためのポイント

 

 

と上記のような状況である。

 

日本と同じスーツを着て就活でそうだ。

 

 

ただ、就職事情というのは

会社によっても異なっていることもある。

 

その会社のリサーチは欠かせない。

 

 

では次に、カナダの就職率を見てみよう。

 

 

2017年12月時点での

カナダの失業率は、

5.7%と過去最低水準になっています。

 

雇用率は60%を超えている。

 

引用:【カナダ就職ガイド】カナダで働きたいなら知っておきたい日本人向け求人・就職事情

 

 

このような状況で、

就職の難易度は

高いわけではなさそうだ。

 

 

だが、就職の難易度が

高くないとはいえ、

カナダの母国語は英語である。

 

英語を使えるという条件が

必須になってくるだろう。

 

 

ぜひ、TOEICなど

英語の勉強を

やってみてはいかがだろう。

 

 

 

カナダで就職は難しい?新卒や高卒、資格や職種など

 

では、カナダで

いざ就職となったときに、

就職しやすい業種などはあるのだろうか。

 

 

2017年にカナダに移り

移民となった人たちの

職業ランキングを1~10位まで見てみよう。

 

 

1.情報システムアナリスト&コンサルタント:5,214人

 

2.ソフトウェアエンジニア:4,782人

 

3.プログラマー&インタラクティブメディア開発者:3,479人

 

4.財務監査人&会計士:2,386人

 

5.管理スタッフ、秘書:1,969人

 

6.専門職(広告・マーケティング・出版):1,884人

 

7.大学教授・講師 :1,830人

 

8.金融&投資アナリスト:1,783人

 

9.専門職(経営コンサルティング):1,621人

 

10.広告・マーケティング・出版マネージャー:1,497人

 

引用:カナダに移民しやすい仕事って?永住権取得者の職業ランキングまとめ【最新版】

 

 

このように、上位は

情報系の職種が占めている。

 

カナダで就職するときは

ITに強い人の方が、就職に有利であると

言えるのではないだろうか。

 

 

また、カナダで就職するとき、

IT系以外の就職先以外は

難しいものであると考えられる。

 

 

続けて、カナダで就職する際に

自分の経歴やスキルは

どのように見られるのだろうか。

 

 

カナダでは経験重視であるため

職歴はとても重要です。

 

即戦力となり得るだけの

スキルが期待されます。

 

 

学歴にも関係しますが、

大学で職種・業種・職歴に関係する勉強を

しているかどうかもポイントになります。

 

あるいは、学歴がなかったとしても、

英語も堪能でプログラミング経験も豊富であれば、

プログラマーとして重宝される可能性があるといえるでしょう。

 

したがって、就労経験がない場合、

厳しいと言わざるを得ません。

 

引用:【カナダ就職ガイド】カナダで働きたいなら知っておきたい日本人向け求人・就職事情

 

 

とあり、大卒であっても

大学でどのようなことを学んだか、

研究をしたかを重視されるようだ。

 

 

たとえ、高卒であっても

英語やプログラミングの知識が

武器になってくることもあるようだ。

 

しっかり勉強することは大切である。

 

 

このほかにも、

資格などが職種によって

必要となってくることがある。

 

自分の就職したい職種についての

資格取得することで、

就活のポイントがぐっと上がるだろう。

 

 

 

 

 

 

カナダで就職!日本人の求人は?日系の企業への就職やビザのサポート

 

もし、現地に行って就職に必要な

知識やスキルを得ていきたい場合、

現地の学校で学んでみるのはいかがだろうか。

 

 

カナダにある「itd canada」という

専門学校はご存じだろうか。

この学校はIT系プログラムが

種類豊富で充実しているという特徴や、

留学生が多いことが魅力的だ。

 

itd canadaで学んだら

IT系の職業に就職するときには

役に立つこともあるだろう。

 

 

現地でITを学びたい人たちは

留学を検討してみてはいかがだろう。

 

 

もちろん、IT系以外にも

カナダに就職するなら現地の企業より

日本企業の方が安心して出来る。

 

そっちを視野に

入れている人も多いだろう。

 

 

しかし、

ボーナスには注意がある。

 

出来高や個人の能力で

大きく変わるからだ。

 

 

仕事をしているからといって、

一定額のボーナスが入るわけではない。

 

日本より、より実力主義なのだ。

 

 

ただ、頑張ったら

その分もらえる量も上がる。

 

努力が報われる、

良いシステムではないだろうか。

 

 

もっと堅持を知るためにも、

カナダで就職している人々の

ブログを見るのも良いだろう。

 

 

ほかにも、日本人に向けた

ビザのサポートなどもあるので、

サーチは抜かしてはいけない。

 

 

エージェントたちが紹介してくれる、

カナダの求人情報もあるので

登録も忘れてはいけない。

 

 

海外に強い転職サポート「JACリクルートメント

 

 

 

まとめ。カナダで就職するには必要なスキルと英語力が必須

 

カナダでは、IT系の仕事が

かなり重視されることが分かった。

 

 

また、スキルを得るために

英語や職種の勉強が必須であるので

かなりの努力が必要だ。

 

 

だが、やった分の実力は

しっかりと見てもらえるので、

頑張ってみるのもありだろう。

 

 

トロントで移住生活を楽しむ梨田。

自分と同じフェミニストだったりする(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ