フランスは就職難?就職率など就職事情…就職活動のコネなど事情、日本人と大学院について紹介


 

経済大国と言われるフランス。

 

だが就職率は下がり、

失業率が高くなっている。

 

 

そんな状況の中、

フランスで就職する日本人が

意外と多くいるが、情報が少ない。

 

 

そこで今回は、フランスで就職する方法を

日本人のコネと併せて紹介していく。

 

 

 

フランスは就職難?就職率など事情(就職事情)を紹介

 

フランスでは就職難が続いている。

 

失業率も先進国の中では非常に高い。

 

フランスでの失業率は約10%。

 

 

ちなみに、就職の際には

学歴が重要視される。

 

フランスで就職したい場合、

大学院を卒業していないと

難易度が非常に高い。

 

 

フランスでは学歴を、

リサンス、マスター、ドクトラの

3つで表している。

 

 

リサンスは大学で

3年間就学したことを意味しており、

「BAC+3」と表す。

 

マスターは修士のことで、

「BAC+5」と表し、

ドクトラは博士で「BAC+8」と表す。

 

 

フランスにはグランゼコールという

エリート大学院がある。

 

ここを卒業した人の就職率が

非常に高いことが分かっている。

 

 

2017年のデータによると、

グランゼコールを卒業した86.8%の学生が、

卒業後半年以内に就職している。

 

 

フランスで就職する場合、

大学院卒と大卒では、仕事の内容や

職場での立ち位置が大きく異なってくる。

 

 

とは言え、エリートクラスの

大学院を卒業していても、

仕事を辞めてしまう人も中にはいる。

 

 

フランスの職場では

専門性が求められるという

就職事情がある。

 

エリート大学院を

卒業していたとしても、

スキルや専門性が足りない。

 

また、自分が本当に

やりたいことでないと、

仕事を長く続けていくことは難しいのだ。

 

 

こういったところに

フランスの学歴社会がよく表れている。

 

自分が学んでいない分野の仕事では、

力が通用しないことが分かる。

 

 

 

 

 

 

フランスで就職、就職活動は?活動する日本人

 

就職難のフランスだが、

フランスで就職している

日本人もいる。

 

 

フランス人でさえ

就職することが難しいのに、

どうすれば日本人が就職できるのか。

 

 

まず、

フランスで就職するために、

最大限のコネを利用しよう。

 

フランスは

学歴社会であると同時に、

コネ社会とも言われている。

 

 

失業率の高いフランスでは、

人と人との繋がりが大事になってくる。

 

 

日本人がフランスで

就職活動をする場合は、

ありとあらゆる手段を使っていきたい。

 

 

求人情報や

エージェントなどの活用。

 

それに加え、フランス就職サイトや

口コミ、掲示板での情報共有。

 

履歴書を企業に

直接持っていくなど、

積極的な姿勢も大事になる。

 

 

フランスは日本とは違い、

履歴書を企業に

直接持っていくことが可能だ。

 

 

フランス人の就職活動の

期間の相場は、大体6カ月と

長期に渡って行われている。

 

 

日本人がフランスで

就職できる可能性は高くないが、

就職しやすい職業が存在する。

 

それは専門性の高い職業。

 

 

例えばフランス料理人やパティシエ、

寿司職人、研究者、スポーツ選手など。

 

フランスで需要の

高い職業は就職がしやすい。

 

 

ただし、仮に就職しやすい職業でも、

日本人がフランスで就職するためには、

最低限のフランス語を話せる必要がある。

 

条件として、フランス語を

スムーズに話せるだけの語学力が必要

としている職場も少なくない。

 

 

ここまでで、

フランスで就職することの難しさや、

長期に渡る就職活動の実態が分かっただろう。

 

フランスで就職するなら、

入念な下準備をしておきたい。

 

 

フランスで効率良く

就職活動ができるように

貯金をしておくこと。

 

現地の気候などにも目を配り、

心身共に健康であることは

最低限の準備といえる。

 

 

決して中途半端な気持ちで

挑まないように気を付けてもらいたい。

 

 

フランスに強い転職サポート「JACリクルートメント

 

 

 

まとめ。フランス就職

 

フランスで就職するための

方法を紹介してきた。

 

いかに難しいかということが

お分かりいただけただろう。

 

 

フランスは人脈が

重視されるコネ社会だ。

 

就職するなら、使えるコネを

最大限に利用することが重要になる。

 

 

日本人はコネを

使うことにあまり慣れていない。

 

だが、本気で

フランスで就職したいなら、

積極的にコネを利用しよう。

 

 

南仏で気楽に暮らす町中。

自分と同じく「うまい棒」のテイストにこだわる男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ