インドの就職率!日本人の就職事情は?新卒の就職難…医療は大変?就職面接や就職人気のOYO(ユニコーン)など


 

人口増加に伴って経済成長するインドで就職し、

自分の力を試してみたい・・・

 

そうは思っても、日本とは別世界のインド。

就職事情についても知らないことばかり。

 

 

例えば、インドの新卒と

日本の新卒の就職方法の違いとは。

 

なぜ新卒が就職難に直面するのか。

 

医療現場に就職するのが

大変だといわれる理由とは。

 

 

インドで就職する日本人のために、

就職事情も紹介していこう。

 

 

 

インドの就職率!就職は新卒なら?

 

インドの就職で特徴的なのは、

主な就職経路が、

企業が新卒を大学経由で採用することだ。

 

 

日本で新卒の就職といえば、

学校経由で就職するのも珍しくはない。

 

とはいえ主な経路は

民間の職業紹介や

就職サイトを利用することだ。

 

 

しかしインドのIT企業は、

年間100万人いる新卒エンジニアの中から、

どれだけ優秀な人材を確保できるかを競う。

 

 

そのためインドでは、就職説明会の日に

エントリーから試験・就職面接まで済ませ、

その日のうちに内定を出すのだ。

 

日本と大きく異なるのはこの部分だ。

 

 

大学によっては

内定を1社までと

厳しく制限するところがある。

 

そのため、就職が決まらず

インドで就職難に陥っている

新卒も少なくはない。

 

 

会社も優秀な新卒を確保したいため、

スキル不足や英語があまり得意ではない

地方の大学出身者を採用しづらいのが現実だ。

 

 

IT関連だけに限らず、インドで就職をするために

医療や科学など様々な分野の優秀な生徒は、

毎年多く大学から排出されている。

 

 

しかし宗教的な問題で、

看護師という職業に就くことを

あまりよく思われない宗教もある。

 

看護師は社会的地位の

低いものが就く仕事という意識がある。

 

看護師の資格を取った人は

国外に働きにでることも少なくない。

 

 

そんな中、最近インドで

就職人気を伸ばしているのは

「oyo」というユニコーン企業だ。

 

「oyo」という名前は、

日本でも賃貸アパートサービスを

開始している。

 

名前を聞いたことが

ある人はいるだろう。

 

創業6年で世界のホテル客室数を

2位まで伸ばした、

急激に成長している会社だ。

 

 

近年、インドの女性の

就職率が下がりつつある。

 

その理由には、

子育ては女性がすべきもの

という考えがあるからだ。

 

 

日本には「育メン」という言葉があるほど、

男性が育児に参加する機会も増えてきたが、

インドでは「子育ては女性の仕事」だと言われる。

 

 

妊娠がきっかけで業績が落ちたり、

休職をしようとすると

退職に追いやられてしまうケースが多い。

 

女性の就職への意欲が

下がってきているのだ。

 

 

そのため、出産後に復職をする女性は、

全体の約18~34%といわれている。

 

さらに、職場では

男性の仕事が尊重されることがほとんどで、

職場内の男女格差はあきらかだ。

 

 

 

 

 

 

インドで就職…日本人の就職事情は?

 

インドで就職するのに

大変なことは特にない。

 

 

就労ビザの取得も

世界的に比べても簡単で、

年齢制限も英語力の定めもない。

 

仕事も選ばなければ、

日常会話程度の英語ができれば

すぐに見つかる。

 

 

これをみれば、

就職事情は比較的

厳しくないことはわかる。

 

 

ただし、生活環境に順応するのは

少し苦労するだろう。

 

日本とは違い治安が

そこまで良くはない。

 

夜間の外出や女性の肌露出、

貴重品の管理はしっかりしておかなければ

犯罪に巻き込まれてしまう。

 

 

さらに宗教的な違いもある。

 

それぞれの宗教に

それぞれの考えがあるということも

頭に置いておく必要がある。

 

 

もちろん場所にもよるが、

住居や医療はクオリティが上がっているため、

日本人も安心して生活できるといえる。

 

 

条件のいいところに就職をしたいなら、

就職エージェントを

頼ることをおすすめする。

 

インドの企業の求人は

一般公開の求人が少なく、

非公開の求人が多く存在している。

 

 

無料登録できる

エージェントは多数ある。

 

いくつか登録して

自分にあった職を

探していくといいだろう。

 

 

ちなみにインドで特に多い求人は、

日本企業や日本人駐在員を対象とした

営業やサポート業務だ。

 

営業職は特に、

常に求人がでているほど

人材が足りていない。

 

特に希望する企業がない場合は、

営業職を探してみたらはどうだろうか。

 

 

以下、いくつかの

おすすめエージェントの

情報をまとめておこう。

 

 

・海外に強い転職サポート

【JACリクルートメント】

 

・国内の大手転職エージェント

【リクルートエージェント】

 

・20~30代の転職に強い

【ランスタッド】

 

・面接対策などサポートで転職者満足度第1位

【doda】

 

 

 

まとめ。英語が話せればインドで就職に有利

 

インドで就職をするためには、

英語を日常会話程度話せると有利になる。

 

 

もちろん日本語だけでも

採用してくれる企業もなくはない。

 

しかし実際に働いてみると、

現地の人間とのコミュニケーションが取れず、

ストレスを感じることが多い。

 

ある程度の受け答えはできたほうが、

生活に苦を感じないだろう。

 

 

安定した生活を送りたいのならば、

一番は日本で就職し、

駐在員としてインドへ行くことだ。

 

しかし駐在員として現地へ行くには、

スキルをもっているか、

もしくは経験豊富なほうが採用されやすい。

 

新卒でも就職ができないことはないが、

日本での経験を重視する企業が多い。

 

数年日本で実務経験を

積んでから転職をしたほうがいい。

 

もちろん、

現地で必要とされるスキルを

もっているなら話は別だ。

 

 

現地採用や外資系企業は

日本人向けではあるが、

営業職を募集している確率が高い。

 

就きたい職業が決まっていないのなら、

考えのひとつに入れてみてほしい。

 

 

バンガロールの友人エニッド。

自分と同じく日本猫、特に太ったのに弱い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ