ルクセンブルクに移住…条件をブログで紹介!移住手段(ビザや50歳の仕事)、デメリットなど…失敗したと後悔しないために


 

自然豊かで、どこを見渡しても

街並みと建造物が綺麗なルクセンブルク。

移住希望者も増えているが、実際のところがよく分からない。

 

 

そこで今回は、人気がジワジワと上がっている

ルクセンブルクの移住手段や

メリット・デメリットを詳しく紹介していこう。

 

 

 

ルクセンブルクに移住する条件とは?ビザについても紹介

 

ここ20年間の中で

国民の一人あたりのGDPが

トップクラスに君臨し続けているルクセンブルク。

 

治安も良く、近年日本人の中でも

仕事のリタイア後の移住や

永住を考える方も増えている。

 

ルクセンブルクは日本だけでなく、

世界から注目されている国の一つだ

 

 

現在ルクセンブルクに

長期滞在・在留している日本人は500人以上。

 

年々移住者の数は増えているのだ。

 

 

ルクセンブルクで3か月以上、

滞在・移住する場合は、

滞在許可証としてビザが必要になる。

 

それは移住・留学だけでなく、

就労でも同じことが言える。

 

 

ルクセンブルクへ

3か月以上移住する手段として、

必ずビザ申請をしておくことが条件だ。

 

 

ビザ申請をする場合の必要書類は

必ず全て揃えなくては申請が承認されないので

抜けがないか確認しておこう。

 

 

ビザ申請の手続は、渡航前に

直接本人がルクセンブルク外務省移民局に

申請することが必要。

 

個人でルクセンブルク移住を希望する場合は、

この申請を一人で行わなくてはいけない。

 

ルクセンルク大使館公式ホームページや

外務省のホームページなどを事前に確認して、

申請方法や必要書類を準備しておくのが良いだろう。

 

 

就労ビザの場合は、

会社の総務や人事から申請することが多いので

手間が省けるだろう。

 

 

短期間の出張や観光には

ビザは必要がない。

 

3か月以内であれば、

ビザの申請なしで

ルクセンブルクに滞在することは可能だ。

 

 

 

ルクセンブルクに移住した後も

日本円の安定収入を得る方法とは?

 

 

ルクセンブルクに移住した人のブログ!仕事や注意点をチェック

 

日本とルクセンブルクの間では、

査証相互免除制度の取り決めを設けている。

 

日本人がルクセンブルクへ

観光や短期間での出張などに関して

3か月以内の滞在はビザの必要はない。

 

 

ルクセンブルクで長期間働く場合は、

雇用主を見つけて、

ビザの申請をしなければならない。

 

 

日本の求人サイトのようなものも

ルクセンブルクには存在する。

 

だが、まずは雇用主を探すことが

一番にしなくてはならないことだ。

 

 

ルクセンブルクは、

人口の約半数にあたる

46%が外国人と言われている。

 

ルクセンブルクへ移住して

仕事をする場合は、

英語がメインの言語となってくる。

 

 

だが、会社や職種によっては、

ドイツ語かフランス語が

重視される場合がある。

 

そういった言語も

身につけておくことをおすすめする。

 

 

様々な国の人がルクセンブルクに住んでいる。

 

生活するにあたって、移住する前に

多様な言語を事前に覚えなくてはならないのは、

移住する日本人にとってデメリットだろう。

 

https://worthworking.net/searching-for-luxembourg-company

 

 

 

まとめ…日本人が移住するには治安も良くて住みやすい国

 

ルクセンブルクと聞いても、

まだパッと場所や国の特性が

分かる人も少ないだろう。

 

 

ルクセンブルクの国の面積は、

日本の神奈川県と同じ程度で、

とても小さい国だ。

 

 

人口も約58万人と小さな国であり、

知名度もまだまだ低い国ではないだろうか。

 

 

だが、ルクセンブルクは小さい国ながら

経済力にとても恵まれており、

産業構造バランスが非常に良い国と言われている。

 

 

ルクセンブルクは現在世界からも

「住みやすい国」として注目されている。

 

今後もっとルクセンブルクに

移住を希望する人は増えていくだろう。

 

 

街並みも綺麗で、日本よりも物価が安い。

 

仕事をリタイアした日本人には

治安も良いのでぴったりなのではないだろうか。

 

 

 

ルクセンブルクに移住を検討しているのは、

自分と同じく霊感もないのに生まれ変わりだけは疑わない諸橋(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ