マレーシアに移住して仕事…50代の仕事は?海外移住の仕事、求人とマレーシアで働く50代や40代、マレーシア移住の後悔


 

マレーシアに移住して仕事したい50代以上のあなたは、

英語ができないと仕事の選択肢が狭くなると知っておこう。

 

 

長期滞在者によりマレーシア移住の情報、

 

マレーシアに移住しても

日本円で安定収入を得る具体的な方法とは?

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

人気が高まるマレーシア移住だが、

リタイヤでもしていない限り収入は必須。

 

50歳でも仕事があるのかどうかが気になる。

 

 

50歳ともなると役職定年目前で、

給料もモチベもダダ下がり。

 

最近は日系の会社も増えて

50歳でもマレーシアで仕事がみつかると聞くし

家族でマレーシア移住も良く聞く話。

 

 

おひとり様40代、もうすぐ50歳、

 

英語はそこそこ出来るし資金もあるし、

マレーシアに移住もいいかもと考えているあなたに

マレーシアの仕事情報を紹介しよう。

 

 

 

目次

マレーシアに移住、50歳の仕事は?移住した50歳の仕事の求人…50代でも大丈夫?海外移住と仕事、就職と五十歳の求人

 

物価が安くて治安も悪くなく、

日本食品も手に入るマレーシアは

日本人に人気の移住先だ。

 

 

50歳からの就職なら

今までと全く違う事をするよりも

経験や専門知識を活かして仕事を探すのが得策だ。

 

 

仕事の探し方は

 

・ネットで求人広告、

・現地で自分の足で探す

・現地で人材会社に探してもらう

・現職のマレーシア駐在員になる

・日系、外資系に転職してマレーシアの駐在員になる

 

など。

 

 

マレーシアにある日系が

50歳以上の日本人に求めるのは

やはり今までの経験だ。

 

 

日本人のマレーシア移住が増えれば

当然日本語の需要も増えているが

年齢が高い分のハンディは否めない。

 

ある程度の収入を期待するなら

当然英語力は必須だ。

 

 

特に需要があるのは、

郊外にある工業団地でのシニア職。

 

駐在経験があれば望ましい。

 

 

 

マレーシアで働く50代の女性…海外で仕事はできる?「マレーシア求人50代」「マレーシア仕事50代」「50歳仕事」などマレーシア求人

 

マレーシアで日本人が

仕事を探すこと自体難しそうなのに

50代の求人は現実にあるのか。

 

 

正直50代の求人は男性も女性も少ない。

 

 

マレーシアに知り合いがいるなら人脈を使う、

現職の会社がマレーシアに支店、支社を持っているなら

駐在員として働くのが賢い。

 

 

自力で探すとなれば

やはり人材会社に頼る事になる。

 

 

年齢不問と広告で謳っていても

日系も外資系も企業は

若い人材を探しているのが現実だ。

 

いくらハイスペックであっても

50代の求人は狭き門である事を覚悟した方が良い。

 

 

人材会社を利用するなら

マレーシアにエージェントがある会社で

複数の人材会社に登録して感触をみてみると良い。

 

 

大手2社を紹介する。

 

 

日系企業に強い国内最大級の【リクルートエージェント】

 

外資系に強い【JACリクルートメント】

 

 

 

マレーシアに移住して仕事…マレーシア移住とマレーシアで働く40代。就職の求人、海外で働く…転職と40代

 

 

マレーシア移住を考えているなら

正直早いに越したことはない。

 

 

なぜなら転職はどうしても

若い方が有利だからだ。

 

 

「なるべく若い人を」が企業の本音だが、

40代ならまだ求人も選択肢が多く

企業は即戦力になる人材を探している。

 

 

この年代はマネージメントクラスの仕事が多いので

日本からの駐在員が既にそのポジションを陣取っている。

 

やはり自分の強み、専門的な知識や資格、

ノウハウ、経験を売りにして

就職活動を勧めていく事だ。

 

 

現地の人間に勝るスキルがあれば

就職は広告通り年齢不問、

性別不問のはずだ。

 

 

規模は小さいが

アジアに特化した

人材会社を紹介する。

 

アジアdeオシゴト

 

 

カスタマーサポートの様な

コールセンター系の仕事なら

英語にさほど自信がなくても探せるはずだ。

 

 

 

マレーシア移住デメリットと後悔…マレーシアで働くデメリットは?ボンビーガールによる海外移住のデメリット。ジョホールバルに移住して失敗の声も

 

晴れてマレーシアで働くことができたは良いが

こんなはずじゃなかったと後で後悔しないために

マレーシア生活のデメリットを書いたサイトを紹介しよう。

 

日本人が住みたい国1位!そんなマレーシアの「ここが嫌だ!」を聞いてみた

 

 

ボンビーガールのマレーシアの

超豪華な暮らしをみれば誰でも

マレーシア移住を考えてしまう。

 

 

近年確かにマレーシアは

物価が上がってきているが

まだまだ日本に比べれば安い。

 

マレーシア移住を家族でするなら

いっそ不動産を購入してしまおうか。

 

将来クアラルンプールとの

アクセスも開設されるジョホーバルはどうかと

考えている人は一読して欲しい。

 

 

ジョホーバルで不動産を購入し

移住した日本人の失敗談ブログ

 

大失敗な海外不動産

 

 

ジョホールバルは

シンガポール~ジョホーバル~クアラルンプール間の

新幹線開設計画が進んでいる。

 

ただ完成までに6年以上はかかる。

 

人口も増えているが

移住してきているのは

マレーシア人ばかりだ。

 

 

そこに高級住宅を購入した日本人は

貸すにも売るにも現地の人間には高すぎるのだ。

 

 

 

子連れ海外移住マレーシア!海外の仕事の求人は?家族での移住と求人…子連れの場合の移住と仕事について

 

 

子連れでマレーシアに移住する場合、

仕事の求人の心配の他にも

学校や病院のアクセスも考えなくてはならない。

 

 

家族の生活費や、ベビーシッターを雇う

余裕があれば別だがどちらかが子供の

面倒をみるために家にいなければならない。

 

 

マレーシアに家族で移住した場合に必要な

ざっくりとした情報を収集できるサイトを

参考までに。

 

家族でマレーシア移住生活、1か月の生活費はどれくらい?

 

マレーシアの生活費は平均いくらくらいかかるの?クアラルンプール版

 

 

いずれにしても独身との違いは

自分だけの事ではなく

子供の将来の事も考えなくてはならない。

 

見切り発車で失敗すれば

子供の将来にもかかわると色々考えると

とても勇気がいることだ。

 

 

観光の目的なら90日までは

ビザなしで滞在が可能だ。

 

 

プチ移住体験をした

家族のブログをみつけたので

参考になるかもしれない。

 

 

『時代が変われば子育ても変わる!

とういことで、家族でマレーシアに

“プチ移住体験”をしに行ってきました。』

 

 

 

マレーシア日本人看護師募集…転職に50歳看護師も?移住して看護師、仕事の求人(マレーシア看護師求人)は?マレーシアで看護師として働くには…転職は移住した50代看護師ブログをチェック

 

看護師は専門職だが、

50歳以上でマレーシアに移住を考えていて

日本の看護師免許があっても現地の看護師免許が必要だ。

 

 

それに看護師として働くには

英語とマレー語が出来なくては無理だ。

 

日本人が経営する日本人専用のクリニックが一軒あるが

医学用語の通訳をする仕事は出来ても

日本の看護免許では看護師としては働けない。

 

 

国際看護師免許を取るか

現地の看護師免許を取って働く選択肢もあるが

いずれにしても英語とマレー語は必須だ。

 

 

求人ではないがマレーシアにある

日本人向けクリニックの事が書いてある

サイトがあったので紹介。

 

高額なマレーシアの医療事情と病院のかかり方を徹底解説

 

 

一般企業の医務室や医療関係のカスタマーサービス、

医療機器メーカーの営業、老人ホームや介護施設、

保育園や大学の保健室を候補に入れてみても良いだろう。

 

 

 

マレーシアに海外移住して仕事…就職の求人、日本語のみもある?クアラルンプールなどマレーシアで仕事…就職や転職の求人情報

 

マレーシアで就職したいけど

英語に自信がない場合、

クアラルンプールは日本人が多く住んでいる。

 

 

日本語のみの仕事なら日本食レストラン、

日本人学校などそれなりに仕事はある。

 

 

コールセンターなどカスタマーサービスなら

日本語のみでもなんとかなるが、

やはり英語は出来たに越したことは無い。

 

 

人材会社の転職サイトで探してみると良い。

 

 

大手ではないが、日本語のみの求人。

 

カモメジア転職

 

40代・50代マレーシアコールセンター就職体験談3選

 

 

クアラルンプールは日系企業も多いので

日本人の求人はあるが、やはり

日本語のみとなると選択肢は大幅に狭くなる。

 

 

モントキアラ、ペナン島、コタキナバル、

ボルネオ島、ランカウイなども

日本人観光客が集まるスポット。

 

観光ガイド、ホテル、お土産屋なども狙い目だ。

 

 

 

マレーシア移住仕事、マレーシア日本人仕事。海外移住…マレーシア移住した20代の仕事、イオンなど日本人の仕事の求人は?

 

 

クアラルンプールのイオンショッピングセンターは

昨年11月にリニューアルし、

およそ122店舗が入っている。

 

 

新卒や20代の若い日本人なら

イオンの求人広告は見逃せない。

 

 

イオンの公式サイト

「フレッシャーズ採用」から「海外」を選択すると、

マレーシアの仕事がみつかる可能性ありだ。

 

インターンやキャリア採用の選択もあるので

興味のある人に。

 

イオンリクルーティング

 

 

20代だと英語力があったとしても

社会経験やノウハウもまだ浅い。

 

特殊な技術がないなら

インターネットで稼いでいくのも

一つの方法だろう。

 

 

特殊技術としてIT系はもてはやされる。

 

倍速でITスキルを

身に着けながらの移住でも

20代なら遅くない。

 

パソコン一つで

フリーランスもいいだろう。

 

 

 

老後海外移住マレーシア…できるのかマレーシア移住?マレーシア移住費用や老後のマレーシアでの生活費…マレーシアに住むには?マレーシアに住む方法と移住の費用(マンションなど)

 

定年退職してそこそこ貯金もある。

 

大きな収入はないにしても

細々年金暮らしに問題はない。

 

だけど細々日本で暮らすなら

マレーシアでマンション買って

老後を過ごすのもいいかもしれない。

 

しかし年齢的にできるのか

マレーシア移住なんて。

 

 

ビザ収得のハードルは案外低い。

 

マレーシアではMM2Hというビザがあり

一度取得すると最長10年まで滞在できる。

 

10年ごとに更新できるので

永住する事も可能だ。

 

 

移住費用は飛行機代、

初期段階の宿泊代、食費、交通費など

ざっくり一人当たり10万円。

 

家の敷金に3か月分の家賃。

 

日本からの荷物発送料は

国際郵送会社に見積もりを出してもらうと良い。

 

 

生活費は食費が安いので

家賃を除けば光熱費や水道代を合わせて

6万円もあればよいだろう。

 

 

マレーシアに住む方法を

ざっくり解説した不動産屋のサイトを

参考までに。

 

マレーシア移住完全ガイド。メリットやビザ、生活費まで徹底解説!

 

老後にマレーシア移住をオススメする理由TOP5

 

 

 

まとめ

 

マレーシア移住の就活に

必要な情報を紹介したが、まずは

マレーシアプチ移住を体験してみる事をおすすめする。

 

何所に行くのか分からない道を歩き出すのは

誰でも不安だが同時にワクワクもする。

 

 

素敵な未来はマレーシアが

ふさわしい舞台なのかを見極めて欲しい。

 

 

ジョホールバルに移住して現地を楽しんでいるのは、

自分と同じく花粉症から逃げるために移住した花田(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは2件です

  1. ふじなな より:

    50代での就職はどこの国でも少ないでしょうね。
    でも40代ならまだあるのですか。
    ならば移住は早いうちに決断した方が良いですね。

  2. きんきん より:

    50代になってから新しい土地で新しい仕事は大変そう。
    移住して就職するつもりなら、できるだけ若いうちの方がいいですね。
    もし私が50代になってからマレーシアで就職するなら、
    日本人駐在員のベビーシッターとかならできそう。
    そんな仕事あるかな?

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ