オーストラリアの就職率!就職する日本人(新卒)の就職事情や求人(日系企業)、活動と留学のエージェント、学歴と就職について


 

時差もあまりなく、

広大な土地の広がるオーストラリア。

 

そこで就職できたら、

自分の人生を変えられるのでは・・・

 

そうイメージできるものの、

やはり不安がつきまとう。

 

 

そこで今回は、オーストラリアでの

日本人の就職がどのような

ものかについてまとめてみた。

 

 

 

オーストラリアの就職率…就職と学歴、新卒について

 

オーストラリアで就職するには、

オーストラリアの就職状況を

見るのが一番だろう。

 

 

最初は、オーストラリアの大学と

就職率を見てみよう。

 

オーストラリアは

大学進学率が世界でも

トップクラスである。

 

その理由は以下の通り。

 

世界トップクラスの留学先として

知られているオーストラリアには

毎年世界各国から大学に進学する人が集まっている

 

引用:オーストラリアのトップ校ベスト5ー小学・中学・高校

 

 

 

そんな優秀な人材が集まる

オーストラリアでの就職率は

66.553%で、世界38か国中11位である。

 

これは低いように感じるが、

日本のランキングは18位。

 

日本よりも
上位で意外と高いのだ。

 

参考:世界・就業率ランキング - 世界ランキング

 

 

また、オーストラリアは

学士号の他に修士号がなければ管理職になれない、

というような風潮まである。

 

修士課程まで進む学生も

増えているのだ。

 

参考:オーストラリアは学歴社会?!オーストラリア移住生活の現実

 

 

オーストラリアでは、

就職と進学が大きく

関係していることがよくわかる。

 

実際、オーストラリアは学歴社会だ。

 

自分自身をステップアップしたり、

転職したりするために、

何回も大学に戻って学びなおす。

 

 

なかなか、新卒の人には

厳しい社会かもしれない。

 

就職する条件も難しい。

 

オーストラリアの就職は

ハードであることがうかがえる。

 

 

 

オーストラリアで就職!活動と事情(就職事情)

 

次に、オーストラリアの

就職事情を見てみよう。

 

まず、オーストラリアの

就職活動の時期についてである。

 

 

オーストラリアは

大半の大学が12月卒業となっている。

 

そのため、企業へエントリー

するのは3月ごろから。

 

そこから4月中頃あたりに

選考が行われる。

 

内定は7月ごろから出される。

 

 

参考:国別就活スケジュール(マイナビ国際派就職)

 

 

かなりの学歴社会のため、

就職事情もなかなか大変だ。

 

難易度も非常に高いと

言えるだろう。

 

 

では、オーストラリアでは

どのような業種で雇用が多いのだろうか。

 

 

オーストラリア最大の

雇用部門は小売部門である。

 

(中略)

 

2006年国勢調査データでは、

小売業に次いで、医療・社会扶助、

製造業、建設業が続く。

 

引用:雇用労働事情-オーストラリア-オセアニア-各国・地域情報

 

 

あまり職種に

統一感は感じられない。

 

だが、オーストラリアは

観光などに力を入れている。

 

それもあり、

小売業などの業種は

必要とされるのだろう。

 

 

 

 

 

 

オーストラリアで就職、日本人の求人(日系企業)

 

オーストラリアは

多くの人種が存在する。

 

 

そんなオーストラリアでは、

就職で差別というのは

存在するのだろうか。

 

 

実は、オーストラリアは現地人よりも

移民の働きが優秀すぎて、オーストラリア人の

雇用がなくなるという問題が起こっている。

 

 

就職では、そこまで

気にすることはなさそうだ。

 

 

しかし

 

言葉ではなくても、

態度や雰囲気で敏感に伝わってくる

「目に見えない差別」のようなものです。

 

この傾向はシドニーやメルボルンなどの

大都市ではさほど感じませんが、

地方都市や郊外で生活すると見えてくる時があるのは事実

 

引用:【オーストラリア留学】アジア人の割合・差別について【白豪主義】

 

ということもある。

 

 

オーストラリアに就職する際、

多くの日本人がホテルなどを使用する時に

感じることもあるかもしれない。

 

 

ちなみに、オーストラリアに

進出している日系企業は多数ある。

 

差別などの心配があるなら、

オーストラリアの求人情報をチェックして、

日系企業に勤めるのも一つの手だ。

 

 

ただ、業務中英語は必須になるので、

英語はしっかり習得しておくべきだろう。

 

 

 

オーストラリアで就職、ビザは?留学のエージェントと就職

 

ここまで色々と紹介をしてきたが、

自分の実力を見るためにオーストラリアで

仕事したいと強く思っている人もいるだろう。

 

 

確かにグローバル化が進んでいるので、

世界を視野に入れて就職する人は

増えているのも頷ける。

 

では、オーストラリアでの

就労ビザはどのように

取得出来るのだろうか。

 

 

 

申請条件は

 

・雇用主の審査、職種の審査、就労者の審査

・スポンサーが必要

・フルタイムの正社員

・エントリーした職種限定

 

職務経験が2年以上ということもプラスされ、

なかなか厳しいと言えるのではないだろうか。

 

 

だが、留学についての

ビザも発行することができる。

 

コチラの条件は

 

・ 学生ビザ認定のある学校へフルタイム入学

・ 指定学生健康保険へ加入

・ 18歳以下は、滞在期間中の資金がある証明

・ 必要な場合健康診断証明

 

というもの。

 

就労ビザよりも

条件は緩いものとなっている。

 

 

また、日本にも

オーストラリアの留学を紹介する

エージェントが多くいる。

 

最初は留学することから

始めるのもよいのではないだろうか。

 

 

海外に強い転職サポート

JACリクルートメント

 

 

 

まとめ。学歴社会のオーストラリアで就職はハードルが高い

 

オーストラリアでの就職は

学歴社会であるため

非常に厳しいことが分かった。

 

もし、就職を考えているのなら、

まず留学をしてオーストラリアという土地を

見てから決めてみるのも良いかもしれない。

 

 

オーストラリアのパースでのびのび暮らす西尾。

自分と同じく白子が大嫌い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ