シンガポールで就職、英語は不要?難しい?給料やエージェント、日本語やビザ、新卒の活動など日本人の情報を紹介…税金は?


 

マーライオンなどが有名で、

アジアの中でも非常に

発展をしているシンガポール。

 

そこで就職を考える日本人も多い。

 

 

ただ、日本から

比較的近くて行きやすいが、

言語は何を覚えれば良いのか。

 

初めての海外就職で不安があるなど

様々な声が。

 

 

そんな疑問や不安を解消するために、

シンガポールで就職することについてまとめてみた。

 

 

 

シンガポールで就職!新卒の活動は?

 

日本人でシンガポールに

就職しようと考える人は、

新卒の人が多いだろう。

 

 

では、シンガポールでの

就職活動はどのようなものであるのだろうか。

 

 

シンガポールでは新卒採用の概念がなく

必要なポジションへの適時での中途採用が基本となっているため、

内定後、1ヶ月以内の入社が原則となっております。

 

(中略)

 

日本の大学の新卒の方の場合ですと、

卒業式直前の2月~3月が

最短での就職活動開始時期となります。

 

引用:早すぎない方が良い?大学新卒生のためのシンガポール就活スケジュール

 

 

日本に比べると就活の期間が

かなり短いようである。

 

これは必要な際に

適時採用するという就職事情によるもの。

 

 

なかなか日本と

勝手が違い大変である。

 

シンガポールの就職というものは

難易度が高い行為であると言える。

 

 

 

シンガポールで就職、英語は不要?日本語のみの日本人向け求人は?

 

このような短期決戦で

就活を進めないといけないのは不安だ。

 

 

しかし、

日本語が使える職業があり、

それを選ぶことができる。

 

そう考えることで、

少し不安が解消するのではないだろうか。

 

 

実際、シンガポールの

日本人学校のホームページには

就職情報が記載されている。

 

定期的にチェックするのが良いだろう。

 

 

同じくシンガポールで、

日本語が使える職業に就職するということで、

日系企業も視野に入れることができるだろう。

 

 

そこで、東南アジアの会社が

日本人に必要とする採用条件。

 

日系企業は、

英語不要とまではいかないが、

日本語の方が重視される企業が多いようだ。

 

 

日本語のみの仕事というのは難しいが、

仕事がやりやすいと言えるのではないだろうか。

 

 

ただ、日系企業の

シンガポールの求人情報というのは

図によると少ない。

 

 

日系企業が多く募集をかけている

 

JACリクルートメント

「パソナ」

「RGF HR Agent (リクルート)」

「カモメアジア転職」

 

などの人材派遣会社に登録するのが良いだろう。

 

 

 

 

 

 

シンガポールでの就職は難しい?給料やエージェントも紹介

 

日系企業の求人も少ないシンガポール。

 

そこで日本人が

就職するのは難しいのだろうか。

 

 

シンガポールは

他の東南アジア諸国よりも物価が高いため、

生活費も高くなる傾向がある。

 

また、経験や年齢、

最終学歴と英語力も重視されるのだ。

 

 

就職するのは

難しいと言えるだろう。

 

 

では、このように就職が難しいのなら

それなりの給料が見込めるのだろうか。

 

なんと

 

日本人の若手がシンガポールの

現地採用として働く場合の給与は

最初でだいたい3,000〜3500SGD(シンガポールドル)です。

 

(中略)

 

日本円で

246,000〜287,000円になります。

 

引用:シンガポールで現地採用として働く場合の給与と生活水準 

 

 

となっている。

 

それなりの給料が見込めるのだ。

 

 

ただ、職業により

給料が異なることもある。

 

しっかりエージェントと

相談することが大切だ。

 

 

 

シンガポールで就職は女性もできる?ビザなどブログで情報をチェック

 

シンガポールで

いざ就職となって、

一番気になるのは税金だろう。

 

 

シンガポールは税金が安い。

 

 

税金が安いことから、

多くの外国企業や外国人が、

シンガポールに惹き付けられている。

 

このことから税金の面は

安心をしてよいだろう。

 

 

このようなシンガポールの実態や

就職活動について、

ブログを見て学ぶこともできるだろう。

 

 

では、次にシンガポールの

就職活動に必要なビザを見てみよう。

 

 

【EP】

 

・月額給料がS$3,600以上

・大学卒以上

・マネジメントや専門スキルが高く実績がある人

 

【S Pass】

 

・月額給料がS$2,200以上

・大学または短大・専門学校卒以上

 

引用:シンガポールで就職するには?ビザ情報から必要な語学力までまとめて解説

 

 

という二種類のビザがある。

 

個人のレベルに合わせて申請が可能だ。

 

 

夫がシンガポールで働くことになり、

シンガポールに移住することになった。

 

その場合、DPという

また別のビザが発行される。

 

 

しかし、

 

DPとは配偶者ビザのことで、

就労ビザを取得した人の配偶者と

21歳以下の未婚の子供に発行されるビザです。

 

このビザでは

就労をすることができませんので

注意してください。

 

引用:シンガポールで就職するには?ビザ情報から必要な語学力までまとめて解説

 

 

ということになっており注意が必要だ。

 

 

このようなこともあるため、

しっかり情報を仕入れるのが必要となってくる。

 

 

 

まとめ。シンガポールで就職は難しいが給料は魅力

 

シンガポールで就職というのは、

なかなか難易度の高いことである

ということが分かった。

 

 

しかし、同じアジア圏で日本からも近く、

そして何より給料が高い。

 

魅力的なことも多くあるので、

ぜひ目指してみるのはいかがだろうか。

 

 

シンガポールに住んで現地女性と楽しく暮らすリチャード。

自分と同じく金髪美女に弱いフィリピン人だ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ