オーバーシュートの意味をわかりやすく!オーバーシュート意味は…オーバーシュート意味英語も紹介


 

新型コロナウイルスの影響で、

オーバーシュートという言葉を

耳にするようになった。

 

だが、オーバーシュートの意味を

正しく説明できるかと言われても自信がない。

 

 

そこで今回、オーバーシュートの

意味について説明しよう。

 

 

 

オーバーシュート!意味をわかりやすく…コロナで有名に

 

オーバーシュート意味は、

金融市場や統計で

「行き過ぎる」「超過する」。

 

 

新型コロナウイルスで一躍有名な言葉となり、

コロナに関しては「爆発的患者急増」

という意味合いで使われる。

 

オーバーシュートの

リスクは計り知れない。

 

世界では医療崩壊を

起こしてしまっている国が幾つかある。

 

 

日本でもそれが懸念され、

オーバーシュートは

避けなければとされていた。

 

想定されている患者数を

明らかに上回った場合、

医療現場が立ち行かなくなる。

 

武漢のニュースを見ていると

恐ろしさがわかる。

 

病院に長座の列ができ、

医療従事者は休む時間がなくなっていた。

 

イタリアでも同じような

オーバーシュートが起こり、

人々が混乱したのである。

 

 

日本ではこれが起きないよう、

渋ってはいたが自粛命令が下った。

 

 

経済を心配する声も当然だが、

今回の措置は批判ばかりもできない。

 

 

 

 

 

 

オーバーシュートの医療的な意味とは

オーバーシュート意味英語で検索すると

 

「(目的地などを)行き過ぎる」
「(目標を)外す」
「(限度・目標を)超える」

 

つまり、

オーバーランの意味合いである。

 

 

医療で懸念されている意味としては、

医療崩壊を起こす危険性があることだ。

 

 

コロナの集団感染が起きる

3条件をどうにかしなければ、

オーバーシュートを引き起こしてしまう。

 

いわゆる三密をしていると危ない。

 

 

医療現場において

オーバーシュートは

非常に大きな問題となるのだ。

 

医療現場でのクラスターも

問題視されている。

 

しかし、こればかりは、

国民一人一人が気を付ける他ない。

 

医療崩壊へと続いてしまうと、

我々の生活など容易く

壊れてしまうのだ。

 

そうしてしまうと、

一気に死亡率が上がってしまうのは

言うまでもない。

 

 

 

まとめ。コロナ禍で使われるオーバーシュートの意味は「爆発的患者急増」

 

コロナ関連では、あまり

耳にする機会はなかった言葉が多い。

 

 

もちろん、英単語として

習うことはあっただろう。

 

だが、英単語というより、

今回コロナウイルスの拡大に伴って

政府が使うのはカタカナ語だ。

 

 

今回はオーバーシュートという

言葉の意味を説明した。

 

今回途端に聞くようになった言葉だが、

本来の意味と異なることを

理解しておいた方がいい。

 

 

新型コロナウイルスのイメージが強く、

英単語として間違ってはいけないからだ。

 

日本では今現在こうして使われているため、

今後もそのイメージを持つ人も多い。

 

 

しかし世界で通用するか、

となると話は別である。

 

取引先で海外の人と交流する際など、

十分に注意して欲しい。

 

 

オーバーシュートと聞いて、キャプテン翼と勘違いしていた鳥井(笑)。

自分と同じシイタケ嫌いだ。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ