仕事辞めたい、英語では何?仕事したくないの英語、人付き合いのない仕事(気を使う人付き合いない仕事)って?疲れる仕事を避ける知恵


 

疲れる仕事は誰もしたくないが、

日本人である以上、とにかく気疲れする仕事が多い。

 

 

解決のために、まずは

疲れる仕事を客観的に見てみよう。

 

今回は体力面ではなく、

主に精神面での疲れについて見てみたい。

 

 

外資系などで使えるために

「仕事辞めたい」を英語で言えるようにもしておこう。

 

 

 

「仕事辞めたい」「仕事したくない」は英語で?人付き合い、人間関係で疲れる仕事とは?

 

人と話すことで疲れる

仕事というのはたくさんある。

 

 

接客業や営業などはもちろん、

電話対応に疲れるという仕事もある。

 

 

妊婦になったことで疲れる仕事、

結婚したことで居心地の悪くなる職場など。

 

人付き合い、つまり

人間関係に疲れる人は多い。

 

 

やはり人と関わり合う仕事は、

何かしらストレスを生みやすいのだ。

 

しかしながら、当然

遣り甲斐があることも

覚えておいてほしい。

 

機械とではなく人と関わるからこそ、

人の喜びを直接感じられる。

 

疲れる仕事はそれだけ

達成感も大きいのだ。

 

 

上に挙げた職業も、

決して苦痛だけを生むものではない。

 

 

ちなみに疲れる仕事を英語では

「Tiring work」という。

 

【tiring】は

疲れる、うんざりする

などという意味である。

 

 

「仕事を辞めたい」は I want to quit(resign) my job.

「仕事したくない」はI don't wanna work anymore.

 

極めてシンプルな中学英語だ(笑)。

 

 

 

人に気を使う必要などない

「自宅で完結する」収入のつくり方とは?

 

 

仕事で気を使う?疲れる仕事をランキングで紹介!人付き合いのない仕事(人付き合いない仕事)はあるのか?

 

疲れることをすると

「仕事したくない」と思ってしまう。

 

 

疲れるせいで

「仕事辞めたい」と思ってしまう。

 

 

これはどんな人にも

起こりうる感情だ。

 

 

しかしその中にも、

体力面か精神面かで

変わってくる。

 

肉体的に疲れる仕事も、

体力のある人からすると

苦悩ではない場合がある。

 

 

最近は気を使う仕事の方が

懸念されているようだ。

 

 

そこで、そんな疲れるという声が

よく聞かれる仕事を、

ランキングで見ていこう。

 

長年ランキング上位に鎮座する、

3位までを発表する。

 

果たしてあなたの職業は

この中に入っているだろうか。

 

 

1位:介護の仕事

2位:飲食店の正社員

3位:看護の仕事

 

 

どれもすべて、

人と関わる仕事である。

 

一人の取引相手のみ

というわけではない。

 

 

職場の仲間だけ、

というわけでもない仕事が上位にくる。

 

不特定多数の他人と

付き合わなくてはならない仕事だ。

 

 

一人の相手に慣れる間もなく、

新たな人間関係を築かなければならない。

 

その度に、また一からだと

疲れてしまう人が多いようだ。

 

 

 

まとめ

 

仕事で疲れることは

誰しも経験していることだ。

 

学生アルバイトなら

若さと勢いでどうにかなる場合もあるが。

 

 

社会人であれば、

「仕事辞めたい」と一度は

思ったことがあるのではないだろうか。

 

独り身であればまだ身軽だが、

家族がいるとそうはいかない。

 

 

「そんなことは甘えだ」

「仕事があるだけマシ」

 

などと言った

説教を垂れるつもりはない。

 

まず何に疲れているのか、

客観的に見てみよう。

 

 

「仕事を辞めたい」と感じる多くは、

人間関係からのもつれが多い。

 

つまり、気遣いで

疲れてしまうのだ。

 

 

仕事が向いていないと

気に病むことはない。

 

人付き合いなど、

疲れると感じているのは

自分一人ではないのだ。

 

 

それが肉体的なのか

精神的なのか

見極めてほしい。

 

 

どうしても

変えられないのであれば

転職も手だ。

 

 

しんどい仕事の中に

属しているからといって、

悲観することもない。

 

人には

向き不向きがあるのが

当然だからだ。

 

 

仲間との付き合いに

疲れたのなら、距離を置けばいい。

 

どうにもならないのなら、

前向きな転職ももちろん目標となる。

 

 

人付き合いは、

自分一人でどうにかなるものではない。

 

しんどいからといって離れることは、

決して逃げではないのだ。

 

 

人間関係だけ、仕事内容だけ、と

どちらかひとつに絞ることはない。

 

バランスよく、

そして自分が苦でない方を選ぶべきだ。

 

 

人との付き合いで疲れてしまっても、

他の地にはまた違った花が咲く。

 

 

すべてが上手くいかないなどと

悲観することだけはやめてほしい。

 

チャレンジさえすれば、

まだまだ色んな面が見えるはずだ。

 

負荷を少しでも減らせるよう、

自分のストレス発散にも意識を向けたい。

 

 

しんどい仕事はしたくないと思うのは、

みな同じだからである。

 

 

疲れる仕事がとにかく嫌いなのは、

自分と同じく元ネガティブの広尾(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ