福島に移住した漫画家って?補助金や50歳の仕事、募集や支援(移住支援)について…失敗したと後悔しないためにデメリットを知ろう


 

福島は大震災で苦難を経験した場所だが、移住先として人気。

ただ、移住のための具体的な情報を見つけにくい。

 

 

そこで、現実的に福島に移住するときに考えるべき

仕事のことや補助金などお得情報についても紹介。

 

地方を移住したがまた都会に戻ってきてしまう方もいるのも事実。

失敗しないために事前に知っておいた方が良いことをお伝えする。

 

 

 

福島に移住…仕事の募集はある?補助金など支援(移住支援)について

 

福島移住を考えているなら

イベントや移住体験ツアーに参加することをおすすめする。

 

東日本大震災や福島第1原子力発電所事故の復興支援の参加者など

福島に移住する若者も含め移住者が増えている。

 

しかし仕事の募集情報や補助金制度など知っておく必要がある。

福島に移住するには仕事や宅地などをどうするか考えなくてはならない。

 

 

「福島くらし&しごとフェア2019」

というイベントが11月に行われた。

 

このイベントで地元が福島の人間はもちろん

福島に移住者によるトーク、地域別、住まい・仕事など

ブースによって詳しく相談ができるようになっている。

 

例えば地域別ブースでは各市町村の支援情報を、

住まい・仕事ブースでは仕事の募集情報や

移住後の住まいについて相談ができる。

 

 

このようにイベントも開催しているので

参加して事前に知りたい情報をチェックし、

福島が本当に移住先として適しているか考えるべきだろう。

 

 

移住先でしたいことやどのような場所に住みたいのかなど

移住する目的を考えるのは大事なことだ。

 

最近テレビでも移住者の生活が紹介されるなど、

地方移住に憧れる人は多い。

 

しかし地方に移住したものの

また地元へ戻ってきてしまったケースも少なくない。

 

その多くは下調べをあまりせずに

移住してしまったがために失敗してしまった。

 

 

失敗しないためにも細かく調べておく必要がある。

例えば自治体のルールやイベントなど移住先によって違うし、

自分のしたいような仕事ができるとは限らない。

 

 

福島移住ツアーなど体験ができる場合もあるので、

活用して実際にしてみるのも良い。

 

実際に現地に行って自分の肌で感じることは一番大切なことだ。

福島移住について経験者から直接相談できればいいのだが、

それも簡単なことではない。

 

 

SNSを活用し、

自分が住みたい地域に移住者がいるかどうかも調べてみるといい。

 

ここが良かった、ここはあまり良くなかったなど

移住者のリアルな体験を発信している人もいる。

 

上手くいけばやり取りができるかもしれない。

 

その際は自分が知りたいことを聞いてみるといい。

福島移住希望者のためのサイトには、

先ほど紹介したようなイベント情報などもある。

 

「ふくしまぐらし。福島県移住ポータルサイト」

 

 

 

福島に移住しても入り続ける

オンライン上の収入の作り方とは?

 

 

福島に移住した漫画家…失敗したと後悔?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漫画家で福島移住者の守山大(もりやま しん)は、

テレビなどでもインタビューもされている。

 

その福島移住の体験をもとにした

『まんが新白河原人 ウーパ!』

という漫画も連載している漫画家である。

 

 

守山大氏はログハウスづくりの講座に参加し知識を学び、

いちから1人でログハウスを建てたという。

 

その作業着姿は職人と見紛うほどで、漫画家とは思えない。

他にも畑を耕し、半自給自足の生活もしている。

 

Twitterでもときおり手製の石窯で焼いたピザなど移住生活も紹介され、

パンが焦げて失敗したこともありながらも楽しんでいる様子が伺える。

 

しかし移住したものの

思っていた生活とは違い、後悔した人は数多くいる。

 

 

●思ってた以上にのんびり暮らせない

 

人が少ないからこそ人付き合いはある。

地域によってルールの違いもあり、

イベントなど参加せざるを得ないケースも少なくない。

 

●想像以上にお金がかかった

 

都会よりも国民健康保険料が高かったり、

田舎であっても光熱費や交通料などかかってしまう場合もある。

 

●仕事がない

 

地域おこし協力隊など移住者取り組みもされているが、

都会に比べて仕事が少ないのが実情である。

 

 

後悔の理由には人によって違うが、

後悔しないためにも経験者の方から情報を得て、

自分がどんな暮らしをしていきたいかを明確にしていく必要がある。

 

 

福島移住のブログやサイトや、

Twitterなどを参考にして見るのも良い。

 

福島移住のリアルな体験談など

移住した方だからこそ知れることもたくさんある。

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福島に移住するための仕事や住まいの情報や

実際に移住した漫画家など、福島移住について紹介してきた。

 

 

福島に移住した漫画家守村大さんは福島に移住し、山を切り開き、

一人でログハウスを建てて自給自足の生活を実際にしている。

 

しかもほぼ何の経験もなく建てたという。

 

そんな漫画家の守山さんの自給自足の体験についても紹介した。

 

 

田舎暮らしに憧れる若者や老後のセカンドライフなど

移住を考えている人は数多くいる。

 

だが、憧れだけでその土地に飛び込んではいけない

真剣に考えていかなくては失敗する可能性もある。

 

 

だからこそ、

 

・補助金はもらえるか

・仕事はどうするか

・住む場所など

 

細かな部分も見てから決めるべきなのだ。

 

 

入念な下調べをし、

目的に適した場所を選ぶと後悔も少ないだろう。

 

 

 

福島にドカンと家族で移住したのは、

俺と同じく霊感もないのに来世を信じて疑わない諸星くん(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ