鹿児島の移住支援金対象法人!補助金で失敗したと後悔しないために…50歳の仕事など移住体験、移住ドラフト会議や島への支援(移住支援)、デメリットをブログで紹介


 

鹿児島に移住したいなら、まず考えておくべきこと。

 

それは、住居や移住支援、就職先だ。

 

 

これらを含め、今回は

鹿児島に移住する前に知っておくべき情報を詳しく解説する。

 

気になる「移住ドラフト会議」についても

紹介しているので参考にしてほしい。

 

 

 

鹿児島に移住、島での仕事は?失敗したと後悔しないために体験(移住体験)をブログでチェック

 

鹿児島に移住するにはどうすればいいのだろうか。

 

 

鹿児島県のホームページを見ると移住について書いてある。

 

 

まず鹿児島県には島もある。

島に移住する場合、仕事はあるのだろうか。

島の仕事について調べておく必要がある。

 

 

鹿児島県の島に移住して

後悔した理由をまず知っておこう。

 

後悔の理由を知る事が

失敗をしなくてすむ第一歩だからだ。

 

 

屋久島に住んで後悔した人のブログがある。

 

後悔したのは

 

・食べ物

・プライバシーがない

・インターネット回線の問題

・物価が高い

 

など。

 

どうしても行ってみないとわからない点がある。

島に移住したいと考えているなら、

移住体験に参加してみよう。

 

移住者のブログも参考になる。

 

https://nippon-teshigoto.jp/blog-archive/20180208

 

移住者のブログも読んでおこう。

 

 

島に移住して成功した人もいる。

島の移住に関するサイトを見て、

自分に合う島を選ぶようにしておこう。

 

 

移住の決断を下す前に、

島に関する情報や移住体験をしておけば

失敗をするリスクが少ない。

 

そして島で自分が何をしたいのか決めておこう。

 

 

 

鹿児島に移住…おすすめの賃貸は?

 

鹿児島県に移住すると決めたとして、

家を買うか、賃貸にするか迷ってしまう。

 

 

移住する場合、

家を買う前に賃貸に住んでから

家を買う方法もある。

 

 

賃貸に住むなら、

選び方を失敗しないようにするには

どうすればいいのだろうか。

 

 

鹿児島県のホームページを見ると、

安心賃貸支援事業空き家バンクがある。

 

おすすめの賃貸を探す方法の一つは

空き家バンクを利用することだ。

 

空き家バンクとは、

市町村に空き家を持っている人が登録すると、

その市町村に住みたい人に物件を紹介するシステムだ。

 

空き家バンクのメリットは、格安で家を借りられること。

 

 

例えば鹿児島県移住で姶良市にする場合。

 

姶良市のホームページを見てみよう。

空き家バンクの物件一覧表のところにクリックすると、

空き家の情報が出てくる。

 

姶良市では、物件の仲介は

市と協定を結んだ不動産業者が行う。

 

所有者と直接交渉ではないので安心だ。

 

 

不動産情報サイトで

自分の住みたい条件を選んで探す方法もある。

 

 

鹿児島県に移住する際の注意点を知っておく必要がある。

 

実は、鹿児島市は家賃が安くない

 

地方だから家賃が安いとどうして思いがちだが、

鹿児島市の場合、東京の家賃相場に比べて

20%から30%しか安くないのである。

 

さらに桜島の火山灰があるので、覚悟をしておこう。

 

 

 

鹿児島に住んでも得られる

「場所を問わない収入」とは?

 

 

鹿児島の移住支援金対象法人!補助金など支援(移住支援)の対象は?ドラフト会議(移住ドラフト会議)についても紹介

 

鹿児島に移住したら、補助金はあるのだろうか。

 

補助金はある。

 

 

鹿児島の移住支援金に関する対象を知っておく必要がある。

仕事・住宅・育児・医療関係などだ。

 

ただし市町村によって違うので、

移住する予定の市町村のところを見ておこう。

 

 

東京圏から移住して鹿児島県内で就職した人は

支援金が受け取れる。

 

ただし受け取る場合、条件がある。

勤めている企業が移住支援金対象法人に

登録されている必要があるのだ。

 

 

ところで移住ドラフト会議とは、

どんな制度なのだろうか。

 

野球のドラフト会議をまねている。

 

移住者を受け入れたい地域を球団。

移住希望者を選手に当てている。

 

移住希望者は移住者を受け入れたい地域の人達の前でプレゼンをする。

プレゼンを聞いた地域の人が、移住して欲しい人を指名するのだ。

 

 

複数の指名があった場合、

くじ引きで独占交渉権を得られるのである。

 

 

楽しそうと思ってはいけない。

移住ドラフト会議を得て鹿児島に移住した人によると、

本気でプレゼンをしないと指名されない。

 

移住ドラフト会議を利用する場合は、

しっかり準備をしてから参加しよう。

 

 

 

まとめ…鹿児島県に移住する前に知っておくべきこと

 

事前に支援制度を知っておけば、

移住への費用を抑えられることがある。

 

住宅事情や就職事情を知れば、

移住してからの生活に直結するだろう。

 

更に、鹿児島には奄美大島を始めとした島もあるので、

地域ごとに住みやすさは大きく異なる

 

これらを把握するのは、

移住してから後悔するのを避けるためにも必須だ。

 

 

幸い、鹿児島のホームページには

移住者向けの「移住ドラフト会議」などがあり、

移住のための情報を入手しやすい。

 

 

鹿児島県の移住事情は

鹿児島県の住むところによって違ってくる。

 

まず鹿児島県のホームページで

移住に関する事について調べておく。

そして移住者の体験ブログを読んでみよう。

 

移住体験があれば、利用してみよう。

移住体験をすれば、その地域の事がわかる。

自分に合っているかどうか判断できるからだ。

 

島に移住したい場合、不便な点が多くなる。

 

デメリットを分かったうえで

移住を決めるようにしよう。

 

仕事関係の情報を集めるのも大切だ。

仕事探しでの失敗は、移住の後悔へ直結しやすい

 

もちろん補助金の事も調べておくのも大切だ。

 

 

 

鹿児島に住んで自分と同じくネットだけで生計を立てているのは

やはり同じくマザコンの守男(笑)。

 

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ