熊本に移住者だけの村?移住するなら移住者の村…芸能人や50歳の仕事をブログで紹介!移住村など支援(移住支援)や移住定住のデメリットについて


 

熊本は移住者のための地域おこし協力隊や

就業支援といった仕事も紹介しているため、移住を検討するなら

熊本県移住・定住ポータルサイトもおすすめだ。

 

この記事では、熊本に移住したいと考えている方へ向けて

移住者の村や支援サポート、移住定住についてご紹介する。

 

 

 

熊本に移住、仕事の支援など移住支援は?移住定住支援センターも紹介

 

 

熊本に移住したいと考えている。

ならば、ぜひ熊本移住ツアーに参加することをおすすめする。

 

直近で開催されていたものは、

熊本で「働く」と「住む」をセットにした

その名も「移住ツアー型就職面談会『くまもと「大」内覧会』」

 

出展企業は120社と多く、

移住相談会では都会での暮らしと自然を感じる田舎での暮らしといった

自分に合わせた住まいを選択できることが大きな特徴である。

 

 

もし、本当に熊本に移住することを考えているのであれば

くまもと移住定住支援センター」というサイトを活用するといい。

 

 

移住定住するにあたり不安な子育てや仕事、家賃などを相談できる他、

サイト内にて熊本県内全ての地域の移住・定住に関する

情報トピックスをチェックすることもできる。

 

熊本に移住するにあたり

物件を見つけるのが心配だという方もぜひ活用していただきたい。

 

熊本県内のあらゆる地域に熊本の移住コーディネーターとして

県内各市町村と東京、大阪、福岡にも

定住相談窓口が設けられていることも魅力的だ。

 

 

移住者にとって最も気になる熊本の移住支援金についてだが、

創業・起業支援、空き家紹介や住宅取得補助といった支援施策がある。

 

 

 

熊本に移住者だけの村?空き家など、移住者の村(移住村)での体験をブログでチェック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊本には移住者だけの村があることはご存知だろうか。

 

「サイハテ村」と呼ばれており、

自然に囲まれて暮らしたい人や自由に生きている仲間を見つけたい人、

人生を変えてみたいと思っている人が集まる村である。

 

サイハテ村

公式サイトを見ていただくと分かる通り、

ふらっと寄ってみるもよし、サイハテ村での暮らしを体験してみるもよし、

とても自由な村である。

 

クリエイティブな方も多いため、

自分の価値観を変えたいと思っている人にとっては

刺激を得られるのではないだろうか。

 

 

個人的に熊本に移住するにあたりおすすめなのは

ずばり温泉である。

 

熊本はどこに行っても温泉があることが多く、

都会ではなかなかお目にかかることがない銭湯も多い県なのだ。

 

熊本に行った際には、

ふらっと温泉にも立ち寄ってみてほしい。

 

 

また、熊本に移住して後悔したという体験談もある。

 

 

自分も熊本に移住した、

というよりも住んでいた経験があるのだが、嫌いな人は嫌いなもの。

 

湿っていて比較的暖かいので虫が多いのだ。

 

特に東北などの寒い地域や関東で生活している方にとっては

なかなか見ることができない虫を見ることもできる。

 

それがデメリットとなることもあるのだが、

対策をしっかりすれば回避できることでもある。

しかし虫嫌いにとっては悲報であると言えるだろう。

 

 

場所によっては人のつながりを大切にしている地域もあるため、

人とのコミュニケーションを求められる場面もある。

 

 

また、都内に比べて賃金はもちろん下がってくるため、

地域によっては生活をするのに厳しいと感じる場所もあるだろう。

 

 

熊本市では、熊本に移住したいと考えていて

「農業にチャレンジしたい」という方を応援するための

農業研修支援制度も設けられている。

 

これは、地域農業の担い手を育成するためのものであるが、

農業に挑戦したい人にとってはいい制度である。

 

熊本に移住するにあたり空き家を探したいと考えているなら、

移住・定住ポータルサイトにて空き家バンクもあるため、

活用して移住をおすすめしたい。

 

空き家情報

 

熊本に移住したいけど実際の暮らしを見てみたいという方は

移住者の方のブログをご紹介する。

 

移住者のブログ

 

 

 

熊本に移住しても

長期的に安定収入が得られる方法とは?

 

 

熊本に移住した芸能人って?移住定住に失敗したと後悔の様子も?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊本に移住した芸能人も少なくない。

 

Do As Infinityのボーカルである伴都美子や

たけし軍団のひとり、井出らっきょ、

タレントのスザンヌなどが挙げられる。

 

Uターン移住定住で、

もともと熊本に住んでいたケースだ。

 

子育てや住みやすさといった点で熊本を選ぶ人も多い。

 

 

熊本に移住してきた方の中で失敗談として、

子どもと一緒に引っ越してきたあとに、

子どもの人間関係の構築がうまくいかなかったというケースもあった。

 

しかし、慣れればどうということもない。

地域によっては既に移住者がいることもあるため、

よき理解者となってくれるだろう。

 

 

また、地域によっては

移住してきたことに関係なく

コミュニケーションをとってきてくれる人も多い。

 

そういったつながりを大切にしていくことは、

暮らしていく上で大事なことである。

 

 

熊本だけに言えることではないが、

移住定住するにあたっての注意点としては

行き当たりばったりで決めてしまわないことだ。

 

 

旅行に行って地域の下見をしたり、

せっかく移住者支援のサービスも整っているのだから

活用しない手はない。

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊本での移住生活は、

他の県では体験できないこともある。

 

たとえば山の近くであれば膨大な自然に身を任せ、

風を感じ、匂いや音、音から四季を感じることもできる。

 

熊本でも海に面している地域もあるため、

そちらに行けば海の幸も山の幸も身近に楽しむことができる。

 

 

・農業に挑戦したい人

・自分一人で誰も自分の事を知らない人たちと生活したいという人

・自然の中で自分に合った暮らしがしたいという人

 

こんな人には熊本での移住生活がおすすめだ。

 

 

 

熊本と言えば、オンラインビジネスで自由になった後

両親の親友の青木さんを訪ねて足を運んだ場所。

 

元エリートビジネスマンが、完全に農家のおじさんになっていた(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは3件です

  1. まや より:

    熊本に限らず、地方はUターンが多いでしょうね。
    やっぱり自分が生まれ育った故郷は住みやすいですよね!

  2. パッタイ より:

    サイハテ村なんてのがあるのですね、初めて知りました。
    おもしろそうではあるけれど、なんとなくサークルっぽいノリがちょっとイヤかな。
    熊本は大きな地震があったので、移住者は少し減ってしまったのでしょうか。

  3. ふじなな より:

    熊本は田舎のイメージをもっていたけど
    熊本地震の時にテレビで見ていて「意外に都会かも」と認識を新たにしました。
    子育てに良さそうな感じだけど、転校となると方言の違いなどあり
    子ども的にはツライのかな?って思います。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ