宮城に移住!おすすめの場所は?支援やガイド(移住ガイド)、支援金(補助金)、50歳の仕事などデメリットで失敗したと後悔しないための情報


 

東北地方の宮城県への移住を考えている人が増えているが、

 

宮城に移住するときにいったいどこに移住するといいのか

また移住に際してどんな支援が制度としてあるのか

 

意外と知られていない。

 

 

そこで今回は、宮城に移住する際の注意点も含めてみていこう。

 

 

 

宮城に移住!おすすめの場所は…ガイド(移住ガイド)によると?

 

宮城の魅力は牛タンやラーメンなどの食文化だけではない。

 

山や海といった自然も豊富であるところだ。

 

温泉もあるので、

温泉から景色も楽しむことができる。

 

 

では宮城に移住したいという場合、

どこに移住するのがおすすめなのだろうか。

 

 

まずは県庁所在地である仙台市だ。

 

仙台は東北地方最大の都市であり、

公共交通機関も仙台駅を中心として発達している。

 

人口が多いため、

通勤ラッシュの時間帯は混み合うこともあるが、

東京ほどの通勤ストレスはなく過ごしやすい。

 

日常生活の面でも

飲食店やショッピングセンターなどの商業施設が充実しているので、

日常生活に全く支障はない。

 

 

仙台以外でのおすすめは、仙台市の隣にある利府町

 

宮城移住ガイドでも利府町が特集されている。

 

県庁所在地の仙台市や、

日本三景のひとつとしても知られている

松島などに足を伸ばしやすい好立地だ。

 

この利府町の特徴は、子育て支援が充実していること。

 

代表的なものは

 

・18歳までの医療費の助成

・小学生への運動着の支給

 

といった制度など。

 

他にも町独自のサービスが多く提供されており、

子育て中の家族の移住先として

筆頭候補に挙がる自治体といっていい。

 

 

他にも仙台市の南に位置する名取市

宮城県内で住みやすい町として知られている。

 

全国的に見ても住みやすさランキングで11位、

東北・北海道エリアではトップと人気の町なのだ。

 

 

 

宮城に移住しても不安のない

安定収入が得られる方法とは?

 

 

宮城に移住…支援金など支援の制度。失敗したと後悔しないために

 

宮城に移住するとき

補助はどのようなものがあるか紹介する。

 

 

市町村により実施している支援は異なるが、

代表的なものは

 

・起業支援

・就農支援

・就漁支援

・就職支援

・就林支援

 

それぞれ条件があるが、

宮城へ移住するときに条件を満たせば

補助金を受け取ることが可能ということだ。

 

 

その他、宮城県が実施しているのは

特定の企業に就職した際に受け取れる

宮城への移住補助金だ。

 

対象となる企業が限られるが、

使えるのであれば使ってみるといい。

 

 

他にも市町村によっては

移住者への家賃補助がある。

 

経験上費用がかかる引っ越し代を補填するためにも、

利用できるのであれば利用するのがおすすめだ。

 

 

一方、移住を後悔したというケースもある。

後悔の主な理由を紹介しよう。

 

宮城の年収は全国平均よりもやや高く、

求人倍率も平均よりは高い。

 

だが、平均よりも高い年収の求人が多い一方で、

仕事がハードという面もあるのだ。

 

その立地から多くのメーカーが集まっている宮城だが、

下請け特有の長時間労働を強いている企業もゼロではない。

夜遅くまでの残業も珍しくないのだ。

 

 

東京などの都市と異なる

地方の風習に慣れるというのも必要だ。

 

東京や大阪といった大都市は隣人と会う事は多くないが、

宮城のような地方は

コミュニティへの参加を求められることが多い

 

町内会などへの参加を断ると居辛くなったという事例も多く、

人付き合いが苦手だと馴染みにくいところもあるのだ。

 

 

仙台などの都市部では問題にはなりにくい。

 

しかし、郊外の市町村へ移住するなら

自分が人付き合いが得意かどうかを考えたうえで

移住するべきだと言えるだろう。

 

ネット時代だからいいだろうという人もいるだろうが、

緊急時のことを考えれば人付き合いは必要だ。

 

 

 

まとめ…仙台市やその周辺部がおすすめ。移住支援は有効活用しよう

 

宮城への移住は

県庁所在地の仙台市や周辺の利府町、名取市

といったところが住みやすくおすすめだ。

 

 

条件次第だが、移住支援サービスを

受けられるときは受けるのがいい。

 

大都市と違い人付き合いも重要なので、

自分がどこに向いているのかを考えたうえで

移住を決めてほしい。

 

 

 

宮城で美味しい牛タンを教えてくれたのは、

自分と同じ元ネガティブのアームレスラー畑山だ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ