栃木で移住したい街、おすすめは?支援金(補助金)など支援、体験やランキングを紹介…賃貸のデメリット失敗して後悔?移住定住の体験ツアーや50歳の仕事など


 

東京都心から1時間30分~2時間ほどでいける栃木。

 

最近は、都心で暮らすよりも少し離れて

ゆったり暮らす人も増えている。

 

 

ただ、移住した後に後悔する人も・・・

 

栃木への移住について考察していく。

 

 

 

栃木で移住したい街でおすすめは?失敗して後悔した体験も紹介

 

栃木は子育て世代の住みたい、

移住したいランキングで

2019年度全国1位となった県である。

 

 

栃木は東北新幹線東北自動車道、

国道4号線など東北と関東を結ぶ位置にある。

 

東北の都市にも関東、

中でも東京都心に出やすい位置。

 

ちょっとした家族のお出かけや旅行、

仕事に行くのにも便利な土地である。

 

 

栃木の主要都市といえば、

餃子でも有名な宇都宮市、

日光東照宮で有名な日光市などがある。

 

 

どちらも都心からの交通網が整備され

東京にも行きやすいという点では

働く世代に移住地としておすすめの街

 

 

宇都宮市は、人口密度が高い。

 

渋滞解消と少子高齢化をみすえて

LRT(ライトレール、路面電車)の導入を予定しているので、

ここからより住みやすい環境が整う予定である。

 

 

日光市や益子焼で有名な益子町では、

新築住宅習得に補助金がでるというのも

おすすめできる点。

 

 

栃木県では、

県外から来る人を温かく迎え入れるという

県民性も。

 

親しみやすく、商店街などでは挨拶を交わしたり、

仲良くなると家族のように接してくれる人が多い

というのも栃木移住の魅力のひとつだ。

 

しかし、そのような温かい県民性も、

都会から栃木へ移住した者にとって

たまに後悔のタネになることもある。

 

 

都会の暮らしに慣れている人には、

見知らぬ人との挨拶や近所の親切がおせっかいだと感じたり

煩わしいと感じてしまう人もいる。

 

なので、移住にあたって失敗した、

後悔したなんとことのないように

候補の土地を何度か訪れて下調べしておく必要がある。

 

 

 

栃木でのんびり暮らしながら

安定収入を得る方法とは?

 

 

栃木に移住、支援金(補助金)など支援は?体験ツアーも紹介

 

栃木県では、移住定住者に対して

様々な支援金の補助などがある。

 

例えば東京23区に居住、通勤している者が栃木に移住し

移住支援金対象となる中小企業に就職した場合、

移住支援金が世帯ごとだと100万円、単身の場合60万円支給される

 

 

その他、今の仕事を続けたいという人に

都内への通勤にも月額最大1万円という特急券補助もでる。

 

自治体によっては、新しい住宅習得への補助金もでる。

 

栃木に移住して賃貸で暮らすより

思い切って都内では難しい

庭付き戸建てなどを検討しても良いのではないか。

 

 

まず、栃木県とは?という人には

移住体験ツアーというものある。

 

こちらは、すぐに移住できる空き家紹介や、

名所めぐり、暮らしに関するセミナー

先輩移住者の講演などもある。

 

より身近に栃木のことや移住のことが感じられるだろう。

 

 

季節によっては

いちご狩りなどの楽しめるイベントも組み込まれるので

家族で遊びに行く感覚で参加するのも良いだろう。

 

 

 

まとめ

 

栃木は都内からも近く、

通勤もしやすかったり

移住定住に関して様々な支援がある。

 

 

子育て世代に人気の理由も

子供の医療費などが免除されていたり、

子育てしやすい環境が整っているためだ。

 

 

自分も、都内での保育園待機児童問題などを聞くと、

都内を出ての子育ても良いのではないかと感じる。

 

 

都内では難しい庭付き戸建ても手に入りやすい。

 

都内で叶えられない夢や生活を

移住して手に入れるというのも良さそうだ。

 

 

 

栃木の今市市でイマイチな生活を送っているのは、

自分と同じく強めのマザコンの牧原(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ