シュメール人と天皇、都市国家…目が怖い?シュメールとは?その文字や像、宇宙人や日本人のルーツという謎も・・・海外の反応も紹介


 

シュメール人はメソポタミア文明の初期を担った人たちのことだが、

人類史上最古の文明を築き上げた彼らについては、多くの謎が残っている。

 

今回は、シュメール人の歴史や特徴を紹介していく。

 

 

 

シュメール人とは?シュメール人の像の目が怖い…画像や文字もチェック

 

 

シュメール人とは、人類史上最古の文明である

メソポタミア文明の初期を担った人たちのこと。

 

シュメール人の起源や文明は謎に包まれているが、

高度な技術や知識を併せ持つ非常に頭の優れた人たちだった。

 

 

シュメール人の容姿の特徴として、目が怖いということ。

 

シュメール人を描いた像は数多くあるが、

どれを見ても怖い目をしていてシュメール人のもう一つの特徴

「目でかい」がよく表現されている。

 

シュメール人はどのように作られたのかと問われた時、

中には宇宙人が作り上げたと答える人もいる。

 

 

シュメール人は英語とは異なる文法の

主語・目的語・動詞を用いたSOV型言語で会話をしていた。

 

シュメール人が残した遺物の粘土板には、

当時の文明レベルの高さを知ることができる文字がたくさん書かれている。

 

こういった遺物から、

当時のシュメール人は今の自分たちよりも

はるかに上回る知識を持ち合わせていた可能性が高いと言える。

 

 

都市ニネヴェで見つかった粘土板には

シュメール人が残した謎の数字(ニネヴェ定数)が書かれている。

 

この数字は地球の歳差運動の周期で割り切れるし、

様々な惑星の公転周期でも割り切れる。

 

諸説はあるが、

彼らは先端的な天文学の知識を持っていたことになる。

 

 

ビールに関する最古の記録は

シュメール人によって描かれた楔形文字の粘土板から確認することができる。

 

農耕の神ニンカシに捧げるビール造りの様子が描かれている。

 

ここでもシュメール人の頭の良さが分かるのだが、

ビールを飲む時にストローを使って飲むことで

麦の殻や粒などの浮遊物を取り除き上澄み液だけを飲んでいたのだ。

 

また、シュメール人は亡くなった人の棺桶に

「マイストロー」を一緒に埋葬していたといわれている。

 

 

目が大きくて怖いシュメール人の画像を紹介する。

https://lohas.nicoseiga.jp/thumb/6365536i?1482851500

 

 

 

海外で非日常を楽しみながら

安定収入を得る方法とは?

 

 

シュメール人と天皇、都市国家の関係は?宇宙人、日本人のルーツという謎も。海外の反応は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シュメール人と日本人には共通点がたくさんある。

そのため、シュメール人の日本人説や、

日本人の先祖はもともとシュメール人ではないのかと議論されている。

 

中には、シュメール人はユダヤ人の一部であり、

日本人の一部でもあると考察している人もいる。

 

日本人とシュメール人には共通点が多いことや

縄文人のDNAが東アジア人とは異なる研究結果が出たこともあり、

一部の海外の反応では「日本人は宇宙人なのかも」などとコメントされている。

 

 

シュメール人が日本人であるかどうかの真偽については

歴史家や文献から情報を得られるが、

シュメール人にはとにかく色々と謎すぎることが多い。

 

 

シュメール人についての歴史セミナーや著書を出している

日本人で有名な人物が医師の内海聡。

 

日本人のルーツはシュメール人から渡ったのではないかと言われるが、

言語や天皇、菊花紋、三種の神器、国名、神話などが似ているから。

 

日本の古語で

天皇のことを「スメ(皇)」もしくは「スメラ(天皇)」と言うが、

古代バビロニアでは「シュメール」とも発音されていた。

 

 

シュメール人は日本人と同じ美食家でもあり、

DHAが含まれたラム肉のシチューや、

ビール味のパン「アカル」などを食べていた。

 

 

シュメール人の話題は2chなどでも盛んに取り上げられ、

大きくて怖い目や高度な文明について話題が途切れない。

 

シュメール人の謎についての動画も多く上げられているので、

興味がある人は検索して視聴してみることをおすすめする。

 

 

シュメール人は、キシュ、ウル、ウルク、ラガシュなど

様々な都市国家を繁栄させて高度な文明を切り開いた。

 

シュメール人が残した都市国家の遺跡には様々なものがある。

中でも、シュメール人が残した都市国家で最大の遺跡なのが「ウルク」。

ウルクは城壁に囲まれていて、中には約230ヘクタールの居住地が存在した。

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目が大きくて怖い容姿のシュメール人だが、

当時は高度な知識や文明を持っていた。

 

60進法を使った数字や暦、歳差運動など現代と同じか、

現代よりも上回る知識を持っていたとも考えられる。

一方で謎も多い。

 

 

紀元前2000年ごろに突然姿を消してしまったシュメール人だが、

日本人の自分たちに共通していることが多いのは親近感を感じる。

 

 

 

和製シュメール人と呼ばれているのは、

俺と同じマザコンの山本(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは4件です

  1. まや より:

    シュメール人、初めて聞きました。
    怖くて画像開くの躊躇しました。笑
    日本人と同じ美食家というのがよかったです!

  2. まいやん より:

    シュメール人初めて知りました。
    目が大きくて、まさに宇宙人!
    メソポタミアから日本に渡ったのかも…なんて想像するとワクワクしますね。

  3. いっくん より:

    シュメール人なんて聞いたことがなかったし、日本人はシュメール人説も初めて知った!
    日本人のルーツがメソポタミアだとしたら、すごいな。
    目の大きさには驚いた!どうしてあんなに大きいのか、考えるとおもしろい。

  4. あん より:

    シュメール人初めて聞きました。
    紀元前2000年ごろにいたんですね。
    頭も良さそうで、尚且つ目が大きいとは、、宇宙人を想像してしまいます。笑

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ