ミャンマー夜遊び女2chとガイドブック!お金とおすすめホテルなどミャンマー夜遊び情報女と一人旅


 

ミャンマーという国は古い歴史を持ち、

寺院や遺跡等の観光地が多く存在。

 

ミャンマーを舞台にした映画

「ビルマの竪琴」では、日本兵や日本の鉄道が登場し、

日本とはゆかりの深い国でもある。

 

 

そんな国に夜遊びのイメージが

あまり浮かばないが、実はナイトライフの穴場とも言われる。

 

 

実際のところ

ミャンマーでの夜遊び事情はどんなものだろうか?

 

この記事で紹介しよう。

 

 

 

ミャンマーでの夜遊びと女ミャンマー夜遊び女2ch

 

現在の日本人にはあまり

馴染みの無いミャンマーだが、実は

隣国のタイにも引けをとらない風俗国として知られている。

 

 

かつてミャンマーの首都であった

大都市ヤンゴンには、

タイとは違った魅力を持った女性が多い。

 

店での遊び方の種類も様々である。

 

 

ミャンマーで夜遊びをメインとして

行動するのならヤンゴン一択と言える。

 

 

ヤンゴンの中心地に

スーレーパゴダという金色の仏塔があり、

ここから広がるエリアがヤンゴンの風俗街となっている。

 

 

ヤンゴンの風俗の中で外国人に

一番手軽で人気があるのは、

ディスコ・ナイトクラブである。

 

 

女性と遊びたかったら

ディスコに行けばまず間違いない。

 

 

ミャンマーにはいわゆる純朴そうな、

ロリ系美少女の原石と言えるような

タイプの美少女が多いのが特徴である。

 

こういった清純なタイプの女性は

タイや日本には少ない。

 

ミャンマーならではの魅力である。

 

 

ただし、2chでは

店でのサービスについての

注意点を目にする。

 

人気店では日本人が多く訪れることから、

女性達も日本人の客を扱うことに慣れてしまい、

サービスで手を抜かれたと感じてしまうこともあるそうだ。

 

 

適当に女性を選んでしまうと

こういった目に遭ってしまう可能性が高いようだ。

 

事前にしっかりと決めて選べば、

リーズナブルで満足のいく内容を楽しむことができる。

 

 

 

ミャンマーの夜遊びとお金ガイドブックなどミャンマー夜遊び情報

 

実際にミャンマーで夜遊びを楽しむには、

どれくらいのお金を持っていればよいのだろうか。

 

 

ミャンマーで夜遊びといえば、

ヤンゴンにある「EMPEROR(エンペラー)」という

風俗店が最も広く知られている。

 

100人ほどの女性が

在籍しており、レベルも高い。

 

中には日本語をうまく話せる子もおり、

ドリンクサービスや

客を飽きさせないイベントも充実している。

 

この店の料金設定は以下の通り。

 

 

・入場料:約600円

・ドリンク1杯:約800~900円

・お持ち帰り代:約730~9,500円

・チップ代:約1,500~2,000円

 

 

店によっては、

ドリンク代やお持ち帰り代が

これよりも高額。

 

相手の言い値が一般的な金額より

高く設定されていることがあるので、

場合によってはこちらから値下げ交渉をする必要がある。

 

 

費用を抑えて楽しみたいのであれば、

ローカル向けに料金設定が低くなっている

隠れ穴場のような店を選ぶといいだろう。

 

 

風俗店の夜遊び情報は、

一般の旅行者等を対象とした

ガイドブックやブログに載ることはない。

 

しかしこのような裏側と言える夜遊びの中にも、

ミャンマーで生活している人の

リアルな実態や生々しさが存在している。

 

 

 

ミャンマーで夜遊びを楽しんでいる間も

収入が入り続けるようになるには?

 

 

ミャンマーの夜遊びとおすすめホテル!ブログもチェック

 

ミャンマーで夜遊びをする上で、

どこのホテルに宿泊するかは

とても重要である。

 

 

ディスコなどで女性と遊ぶ場合は、

自分が宿泊しているホテルに

女性を連れて来る必要がある。

 

だがホテルによっては、そういった理由で

女性を連れ込むことを禁止していたり、

高額な手数料を取られてしまう。

 

 

ヤンゴンでの夜遊びに

おすすめホテルをいくつか紹介する。

 

ここで紹介するのは、

いずれも手数料がかからない

ゲストフレンドリーなホテル。

 

だが、応対するスタッフにより

手数料を要求される可能性もある。

 

 

また、多くのホテルでは

入館する際にIDのチェックを行うため、

慌てず対処することを心掛けておきたい。

 

 

スーレー シャングリ ラ ヤンゴン ホテル

 

ディスコ・エンペラーの近くにあり、

広く快適な部屋で

女性に喜ばれる高級ホテルである。

 

 

日本人スタッフも在籍していて

サービスのレベルも高い。

 

 

セキュリティも万全なため、

家族連れで宿泊するのも

適しているホテルだ。

 

1泊15,000円程度である。

 

 

パークロイヤル ヤンゴンホテル

 

ここも高級ホテルで、

シックで落ち着いた雰囲気で

のんびり過ごすことができる。

 

 

このホテルの近辺には

タクシーが多く走っているため

移動に困ることはない。

 

 

またホテルの地下にも

夜遊びを楽しめるクラブがあり、

ここで女性をゲットすることもできる。

 

 

1泊12,000円程度である。

 

 

アジア プラザ ホテル

 

多少の老朽化が見られるものの、

清掃が行き届いており

清潔感のある中級ホテルである。

 

 

徒歩で中心地へ行くことができ駅も近く、

旅行する時の拠点として

利用するには最適である。

 

 

1泊7,500円程度である。

 

 

ヤンゴン インターナショナル ホテル

 

シュエダゴン・パゴダを

屋上から眺めることのできる

中級ホテルである。

 

 

和食レストランがあったり

朝食に日本食が出てくる。

 

日本人スタッフもおり、

日本人向けのホテルと言える。

 

 

1泊8,000円程度である。

 

 

デュシット インヤ レイク ホテル

 

静かな場所で、

部屋によってはリゾート気分を味わえる

中級ホテルである。

 

 

ジムやプールなどの設備が整っており、

古いホテルではあるが

部屋は綺麗にされているため快適に過ごせる。

 

 

1泊7,500円程度である。

 

 

ホテル グランド ユナイテッド チャイナ タウン

 

チャイナタウンにある中級ホテルである。

 

最低限必要なものはそろっていて、

立地が良くビジネスや観光でも適しており、

1泊4,000円程度とコスパも良い。

 

 

 

夜遊び前提でホテルを考えるのであれば

注意しなければならないことがある。

 

ミャンマー人女性と外国人男性が

夜遅くに一緒に歩いていると、

警察に目を付けられて罰金ということもあり得る。

 

ホテルへ連れて行く場合には、

少し距離を保って歩くか、

タクシーを使った方がよい。

 

ミャンマー(ヤンゴン)へ!タイ以上の夜遊び・SEX大国へ潜入!

 

 

 

まとめ

 

仕事や旅行で海外へ行く人の中には、

その国での夜遊びを密かに

楽しみにしている人もいるだろう。

 

 

ミャンマーの大都市ヤンゴンは

多くの外国人が訪れることもあり、

タイや他の東南アジア諸国と同じように夜を楽しむことができる。

 

 

ヤンゴンで初めて

夜遊びを楽しみたいのなら、

エンペラーに行って実際に確かめてみることをおすすめする。

 

 

 

ミャンマーで現地に魅了されたのは、

自分と同じくガチャピンのファンである高本(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメント1件

  1. たんじろ より:

    ミャンマーがタイに引けをとらない風俗国なのは知らなかった。
    しかも素朴なロリ系美少女タイプが多いとは!
    ぜひ行きたいです!

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ