アフガニスタンの女性は美人?服装や女性問題、女性差別の理由と女性警察官、女性教育と女性兵士の詐欺、ブルカ…人種や鼻、刑務所について


 

アフガニスタンといえば

紛争などが絶えないイメージ。

 

旅行で訪れることも考えないだろう。

 

 

だが、アフガニスタンは

決してマイナスな面ばかりではない。

 

 

アフガニスタンの女性は

日本には存在しないような美人がいる。

 

「世界一魅力的な瞳」と呼ばれるほど、

神秘的な美しい瞳を持った人種だ。

 

 

アフガニスタンの女性の歴史や

現状について紹介しよう。

 

 

 

アフガニスタンの女性は美人?鼻に特徴?わがまま?脈ありのサインやベッドなど…アフガニスタン女性の本音

 

アフガニスタンは地理上、

東西の国々で文化が入り混じっている。

 

これまでに多くの民族が

流れてきたことで、

多民族国家となっている。

 

 

その中で人口の割合が

最も高いのが、パシュトゥーン人である。

 

体格は東アジア人と似ているが、

顔はコーカソイド(白人)の特徴も持っている。

 

 

各民族の優れた特徴を

寄せ集めたような、

ずば抜けた美人も存在する。

 

 

瞳の色は

茶色、黄土色、美しいエメラルド色など

様々である。

 

 

乾燥に適応するため

鼻はとても高く長い。

 

 

アフガニスタンの女性の名前で人気は、

Narges(水仙)、Cesar(太い髪)、

Quynh(夜咲く花)、Soraya(リッチ)など。

 

 

アフガニスタン人はジョークが好きで、

ポジティブで楽観的な人が多い。

 

相手から積極的にアプローチや

ボディタッチをしてきたら、

脈ありと考えらえる。

 

 

一方で、警戒心が強く

わがままで保守的な面もある。

 

ベッドにまで持っていきたいのなら、

慌てずじっくりと攻めた方がいいだろう。

 

 

 

アフガニスタンの女性教育!女性と教育、ブルカなど服装について

 

アフガニスタンでは

長い間の紛争により

教育が崩壊していた。

 

 

人口の90%が文盲という現状になり、

1996年には女性への教育が廃止された。

 

2001年は就学した女性は

一人もいないとされている。

 

 

教育省とユニセフが

女子教育を推進する計画を立て、

「女の子に優しい学校」を造り支援する方針を掲げた。

 

女性教師の訓練、

栄養面でのサポート。

 

学校に通えていない女の子の支援など、

女子の就学率を上げる試みがなされた。

 

 

結果、

女子就学率は飛躍的に向上し、

400万人ほど増加した。

 

さらなる増加を目指し、

女子教育について

十分な注意が払われている。

 

 

アフガニスタンなど

イスラム教徒の女性は、

顔や肌を隠すような服装をしている。

 

アフガニスタンの女性は

「ブルカ」という、

全身を覆うヴェールをまとっている。

 

目の部分だけが網目状になっており、

パキスタンの一部地域でも見られる。

 

 

 

 

 

 

アフガニスタンの女性問題…人種の差別と女性差別の理由

 

アフガニスタンの女性は、

ルールに縛られながら

日々生活している。

 

仕事や教育など

様々な分野で権利が制限。

 

人種の差別や暴力を

受け続けているという問題がある。

 

 

早婚の強要や、

親に反対されている結婚相手を選ぶと

肉親に殺害されることもある。

 

 

法律ですら女性達を守ってくれない。

 

法を変えようと

アフガニスタンの女性が運動を起こすと、

脅迫されたり身に危険が及んでしまう。

 

 

女性差別の理由は、

イスラムの教典「コーラン」。

 

女性は男性よりも

下であると記載されている。

 

 

アフガニスタンの女性は

地位が男性よりも低いと

解釈されたことによる。

 

「女性は男性の所有物である」

などと意訳されたためである。

 

 

アフタニスタンの

女性の人権についての論文がある。

 

これによると、

この10年ほどの間に

貧困の女性化が進んでいる。

 

貧困の中で生活している女性が、

男性よりも極端に増えているというのだ。

 

 

アフガニスタンは女性の権利を

タリバンによって侵害されている。

 

 

女性達の人権を保護するには、

非暴力な方法で男性による暴力と

戦う必要があると述べられている。

 

 

 

アフガニスタンの女性の兵士と刑務所…女性警察官や女性兵士の詐欺など

 

アフガニスタンには女性兵士がいる。

 

 

女性兵士の歴史は意外と古く、

日本での弥生時代には

すでに存在していた。

 

身体能力面では男性に劣るため、

技術関係や後方支援に就くことが多かった。

 

だが、近年では

女性も戦闘の最前線で従事している。

 

 

これは

 

・男性兵が接触することのできない女性を

隠れみのとして逃亡されることを防ぐ

 

・現地の女性から情報を得る

 

という2つの理由からである。

 

 

戦時中、日本にも

女性だけの部隊が陸軍にあった。

 

人材不足を補うために

軍事機密を扱っていたことから、

詳細な記録は残っていない。

 

 

女性兵士における

アフガニスタンと日本との違い。

 

それは、日本人は

誇りを持って国を守っているという、

使命感があったことである。

 

 

アフガニスタンの女性兵士は、

上官の男性兵士から

性的暴行を受けた例も多い。

 

レイプ被害者なのに「道徳上の罪」だと、

女性刑務所に収監されてしまった女性も多かった。

 

 

女性警察官や女性兵士を

名乗った詐欺が、SNSで横行している。

 

Facebookの友達申請などで

メッセージを送り、

親密になりることから始まる。

 

最終的に多額の現金を騙し取られたり、

裏切られ精神的苦痛を

抱え続けてしまうなどの被害がある。

 

 

見知らぬ外国人、

特に戦地にいるジャーナリスト、

軍人や軍医を名乗ったアカウントは注意だ。

 

ほぼ間違いなく

詐欺アカウントだと疑ってかかった方がいい。

 

 

 

まとめ。アフガニスタンは女性の人権問題が残っている

 

現在もアフガニスタンの

紛争は続いている。

 

 

日本人の医師・中村哲氏が

現地で銃撃され死亡してしまった。

 

 

街中だけを見れば、

紛争やテロが起きているとは思えない

平和な雰囲気である。

 

 

しかし、この国に平和が訪れるのは

まだまだ先のことになりそうだ。

 

安心して暮らせるようになれば、

アフガニスタンの女性の美しさは

もっと世界から注目を浴びるだろう。

 

 

アフガニスタンの放浪を考えて思いとどまった小林。

自分と同じく大のシイタケ嫌い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ