ボリビアの女性大統領!女性がかわいい?女性国会議員数など政治参加の背景・権利…名前や女性保護、女性議員と労働、差別など


 

ボリビアについて知りたいが、

日本人にとってはマイナーなだけに、

いまいち情報が薄い。

 

 

そこで、この記事では

ボリビアという国とその国に住む

ボリビア人ついて詳しく見ていく。

 

 

 

ボリビアの女性はかわいいけどわがまま?脈ありのサインとベッドなど…ボリビア女性の本音

 

まずはボリビアという国について。

 

正式名はボリビア多民族国で、

南米の中央あたりに位置する。

 

ブラジル、ペルー、

パラグアイ、チリに囲まれている。

 

 

首都はスクレ。

 

 

現地には

多くの民族が共存しているため、

実に多くの言葉が使われている。

 

現地の先住民が

主に使用している言葉を

使うことができる人はほぼいない。

 

現地ではスペイン語も

使用されている。

 

 

南米の中でも

貧しい国の一つ。

 

だが、現地には豊かな自然や

魅力あふれる伝統文化がたくさんある。

 

滞在先としては

実に興味深い国の一つだ。

 

 

ボリビアと聞いて

まず思い浮かべるのは、

ウユニ塩湖という人は少なくないはず。

 

 

ボリビアの西部に

位置するウユニ塩湖。

 

アンデス山脈が海底から隆起した時に

一緒に海の水が残ったことで

できたと言われている。

 

どこまでも広がる

白い景色は本当に幻想的だ。

 

 

ウユニ塩湖に程近い、

ボリビアのホテルの中には

部屋中のものが塩でできているものもある。

 

部屋の床や天井、

ベッドまでも

塩でできていたりする。

 

 

ボリビアというと、

女性が長い帽子を身につけている姿を

イメージする人も少なからずいるはず。

 

 

ボリビアの先住民の

民族衣装は特に女性が特徴的。

 

 

山高帽で、

自分の出身によって

色や柄に違いがある。

 

この帽子に

長い三つ編みを合わせている格好を

よく目にする。

 

 

ボリビアの女性で

よく耳にする名前は、

ArianeやMishelなど。

 

 

そして肝心の

ボリビア人の性格は

どんなものなのか。

 

ボリビア人には

素朴な性格をしている人が多い。

 

 

南米の中でも貧しい人が

多く暮らす国でもあるため、

国民の収入はあまり高いとは言えない。

 

そのため、あまり欲がなく

素朴な生活を送る人が多い。

 

 

そして笑顔がかわいい人が多い。

 

 

その反面、日本人からすると

わがままと捉えられがちな部分もある。

 

他人のことより、

自分や自分の家族を

優先することが多いためだ。

 

 

また、彼らは

自分の恋愛感情を

隠さずに表現する。

 

それは女性も同様。

 

ボリビア人の相手から

熱烈に愛情をアピールされたら、

正直に脈ありと捉えて良い可能性は高い。

 

 

 

ボリビアの女性大統領は誰?女性議員について

 

ボリビアは2019年から

ヘアニネ・アニェス・チャベス氏が

女性大統領として就任している。

 

 

過去にも女性が

大統領に就任した歴史もある。

 

 

また、ボリビアの

女性国会議員数はとても多い。

 

2020年現在で、

全体の国会議員数の約52%と、

実に半分以上を占めている。

 

 

日本の女性国会議員数の割合は

2020年時点で約14%であるため、

その差は歴然だ。

 

 

ボリビアにおける

女性の政治参加が多い背景としては、

クォータ制の導入が挙げられる。

 

クォータ制とは、国や地方自治体、

公的機関などにおいて、

男女の比率に偏りがないようにするものである。

 

 

また、近年ではボリビア政府は

労働における女性保護にも

力を入れている。

 

その甲斐もあり、

ボジビア人女性の労働従事の

割合は年々増加している。

 

 

しかし、実生活の中でボリビア女性の

権利が十分に確保されているとは

言い難いケースも見受けられる。

 

特にボリビアの先住民女性は

差別の対象とされることが多い。

 

 

そんな中で、

女性の社会的地位向上のために

活動しているボリビア女性グループもある。

 

 

 

 

 

 

まとめ。ボリビア女性の社会的地位向上が期待される

 

いかがだっただろうか。

 

今回はボリビアという国と、

ボリビア人の特徴について

詳しく見てきた。

 

 

ボリビアと聞いて、

ウユニ塩湖などの観光地を

思い浮かべる人は多い。

 

だが、文化などについて

詳しい日本人は少ない。

 

 

数多くの魅力的な場所を保有する国なので、

現地を訪れたいと思っている人は多いはずだ。

 

せっかくボリビアを訪れるのであれば、

事前に現地の文化などを把握して、

滞在を楽しみたいものだ。

 

 

しかし、やはりボリビアは

貧しい国でもある。

 

特に夜間は治安が悪くなりがちなので、

事前の準備を怠らず、

現地での行動も気をつけたい。

 

特にスリには注意が必要だ。

 

 

最低限の注意を払えば、

ボリビアには見応えのある場所が

たくさんあるので有意義な時間が遅れるはず。

 

ぜひ、生涯に一度は

訪れてみたいものだ。

 

 

ボリビアの女性がなぜか好みと語る横島。

自分と同じクルックルの天然パーマに悩む(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ