バングラデシュの女性は綺麗?女性差別や服装、女性問題(労働や地位、仕事の差別の問題)。モデルの名前は…わがまま?脈ありのサインは?


 

バングラデシュのハーフと言えばローラだが、

リアルな現地女性については知らないことばかり。

 

 

例えば、バングラデシュの女性には美人が多く

モデルとして活躍している人も。

 

お洒落な服装と相まって、

バングラデシュの女性は

本当に魅力的だ。

 

 

今回は、バングラデシュの

女性の魅力をいろいろな角度から紹介する。

 

 

 

バングラデシュの女性は綺麗?モデルなら誰?恋愛の傾向、ベッドなど

 

バングラデシュの女性は

おしゃべりが大好きで、

のんびりとした性格をしている。

 

家族や親戚を大事にするのはもちろん、

知らない人に対しても

気さくに話しかける。

 

 

バングラデシュの女性は、

時間にルーズでわがままな性格も

持ち合わせている。

 

 

バングラデシュ人女性と

脈ありの関係になりたい。

 

そんな場合は、わがままな性格を

包み込んであげられる

心の広さが必要になってくる。

 

 

バングラデシュの女性にとって、

髪の毛は命のように大事なもの。

 

バングラデシュ人女性の

長くて美しい髪は、

彼女たちのトレードマークと言える。

 

バングラデシュ出身の

女性モデルは数多くいるが、

皆共通して髪の毛が綺麗だ。

 

 

大きくて可愛らしい

目もチャームポイント。

 

 

バングラデシュを代表する、

美人女性モデルを紹介する。

 

1.アフシャン・アザド

2.メハザビン・チョードゥリー

3.ニプン・アクテル

4.ヌスラット・ファリア

5.ヴィディア・シンハ・サム・ミム

 

 

彼女たちの顔写真は

ネット上にアップされているので、

興味がある人は見てみよう。

 

 

 

バングラデシュの女性の服装!名前についても紹介

 

バングラデシュは

イスラム教の国だ。

 

しかし、顔や髪の毛を

布で覆っている人は意外と少ない。

 

現地を訪れると分かるが、

男性も女性もお洒落で、

洋服店にはカラフルな服が揃っている。

 

 

バングラデシュの女性の普段着は、

「サロワ・カミューズ」という服装。

 

サロワ・カミューズの特徴は

バリエーションが豊富なこと。

 

 

通常サロワ・カミューズは

トップス、ボトムス、ストールの3点セットで

店で売られている。

 

これを自分好みに

アレンジできるので

自由度が高い服装。

 

カラフルなものから

シックなものまで、

幅広いジャンルが揃っている。

 

 

バングラデシュの女性が

結婚式の時などに着用する、

「サリー」という服装がある。

 

特徴は、一枚の布で

作られているということ。

 

そして、明るくて

カラフルな色調が目を引く。

 

 

バングラデシュの女性に多い名前は、

アヌ、アディティ、アグネス、アミラなど。

 

バングラデシュ人は

姓がない人がほとんど。

 

独身女性の場合は

名前の後に「アクタ」を付けるのが特徴。

 

 

 

 

 

 

バングラデシュの女性の仕事は?労働の問題

 

バングラデシュは

以前まで貧困の国として知られていた。

 

だが、現在は

アパレル業界を中心に

経済成長を遂げている。

 

 

女性の働き方も

以前とは変わってきている。

 

低所得の女性が

アパレル工場で働くという

パターンが増えてきている。

 

 

バングラデシュは

イスラム教の国なので、

女性は家の中で過ごすのが普通だった。

 

しかし現在に至るまで、

バングラデシュでは国民自身が

男女平等を目指してきた。

 

結果として、

女性の社会進出が

活発なものとなってきている。

 

 

現在のバングラデシュの

女性首相はシェイク・ハシナ。

 

女性の労働問題や言論の自由などを訴え、

新たな女性の在り方を指導している。

 

 

一方、バングラデシュでは

女性を巡る労働の問題も起きている。

 

それは、職場での

女性に対する嫌がらせや暴力行為など。

 

 

工場火災や労働災害といった

労働の問題も数多くある。

 

 

「ラナ・プラザ」の

ビル崩壊事故は記憶に新しい。

 

工場の安全をしっかりと整えて、

安心して仕事ができる環境を目指したい。

 

 

 

バングラデシュの女性の地位や差別は?女性差別など女性問題

 

昨今のバングラデシュは、

女性の社会進出が目覚ましい。

 

特にアパレル業界に人気があり、

繊維工場で働く人の割合が極めて高い。

 

 

バングラデシュの各地に

繊維工場が広がったおかげで

女性の働き口が生まれ、社会進出を促す要因となった。

 

 

以前までは、バングラデシュの女性が

社会進出することをよくないと

思っている人たちが非常に多かった。

 

 

今でこそ、バングラデシュ人女性の

差別問題が減ってきてはいるが、中には

バングラデシュの女性人権を否定する人たちもいる。

 

 

バングラデシュの女性は、

世界の男女格差レポートにおいて数字的に見ると、

他のアジアの国々よりも社会進出が進んでいる。

 

バングラデシュでは

女性の地位向上の取り組みが

盛んと言える。

 

 

例えば、バングラデシュの医師サキア・ホックと

マナシ・サハ率いるグループが、

バイクで旅をするという試み。

 

 

バングラデシュは確かに

女性の社会進出が進んではいる。

 

だが、男女差別の問題は残っていて、

女性が一人で歩いていると

嫌な目を向ける人もいる。

 

こういった問題を少しでもなくすために、

女性たちが力を合わせて

様々な取り組みを日々行っている。

 

 

バングラデシュの女性の

教育水準も高まってきており、

男女の格差は以前よりも減ってきている。

 

 

これはバングラデシュの女性による

地位向上の取り組みや、

社会進出が活発になったことが影響している。

 

 

女性の存在が大きくなったことや、

発言力が強くなったことで、

以前よりも子育てでの母親の影響力も強くなってきている。

 

 

 

まとめ。バングラデシュ女性の本音

 

美人が多いバングラデシュの

女性について紹介してきたが、

いかがだっただろうか。

 

 

バングラデシュの女性は

気さくな人ばかりで、皆優しい。

 

おしゃべりが大好きなので、

一緒にいるだけで心が和む。

 

 

興味がある人は、

一度バングラデシュを訪れてみては。

 

 

 

バングラデシュ女性と付き合いかけた白坂。

自分と同じく白子が大嫌いな男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメント1件

  1. ReiCo より:

    バングラデシュは貧困の国のイメージです。
    以前はよくお腹の出た飢餓の子どもの写真が紹介されていました。
    最近は変わってきているのですね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ