ボスニアヘルツェゴビナ人の英語は?人口2018(ボスニアヘルツェゴビナ人口グラフ)や人気スポットなど


 

ボスニアヘルツェゴビナ人と友達になって、

なんなら夜もという場合、いろいろ注意が必要だが・・・

日本人にはほとんど情報がない。

 

 

そこでここでは、

ボスニアヘルツェゴビナ人に

英語が通じるのか。

 

安全にスキンシップをするための、

ボスニアヘルツェゴビナ人の性格や、

ボスニアヘルツェゴビナの豆知識について説明する。

 

 

 

ボスニアヘルツェゴビナ人って?英語は話す?キスなどのスキンシップや愛情表現…しつこい?嘘つき?

 

ボスニアヘルツェゴビナ人の公用語は

「ボスニア語」「クロアチア語」「セルビア語」だ。

 

日本人から見ると

どれもマイナー言語に分類され、

親しみはない。

 

 

だが安心してほしい。

 

観光国でもある

ボスニアヘルツェゴビナでは

英語も通じる。

 

 

ボスニアの人たちは

観光客にも慣れている。

 

英語を使えば、

現地の人とも友達になれるし、

もちろん夜を楽しむこともできる。

 

 

ただ、ボスニアヘルツェゴビナの人と

親しくなるには、

ひとつ注意する事がある。

 

それは、彼らが

「具体的に何人か」という事だ。

 

 

ボスニアヘルツェゴビナは1つの国だが、

実はこの国は3つの民族で構成されている。

 

 

ボスニャク人、クロアチア人、セルビア人だ。

 

 

だから公用語も

3つあるというわけだ。

 

 

この民族は以前、お互いの立場をめぐり

大きな内戦を繰り広げ、

非常に多くの犠牲者を出した。

 

 

今はその戦争も集結し、

一応和平も結ばれ落ち着いている。

 

だが、歴史問題について

未だに強い軋轢もある。

 

 

3つの民族については、

性格がけっこう違う。

 

 

・ボスニャク人は真面目で保守的

・クロアチア人はおもてなし好きで見栄っ張り

・セルビア人は情熱的でおおらかな人が多い

 

 

観光客が相手となると、

その反応も民族それぞれだ。

 

 

セルビア人は情熱的なので

スキンシップが多く、

嬉しくなるとキスしてくる事がある。

 

 

ボスニャク人はその真逆で

いかなる時も大人しい。

 

規律に厳しく、

下手に手を出すと

大問題になる事もある。

 

 

クロアチア人は

嘘つきという訳ではないが、

見栄っ張りなところがある。

 

自慢話などは

話半分に聞いておくといい。

 

 

しつこい絡みをするのは、

陽気な性格である

クロアチア人かセルビア人が多い。

 

 

彼らは1つの国に住んでいて、

表面的には全員「ボスニアヘルツェゴビナ人」と

呼ばれている事が多い。

 

だが、民族としての誇りも

しっかり持っていて、性格も違う。

 

 

彼らと仲良くなりたい時は、

彼らが何の民族なのかを

しっかり把握しておいた方がいい。

 

 

さて、気になる

ボスニアヘルツェゴビナの

人気スポットだ。

 

 

自分のおすすめは

何といっても「街」。

 

 

中でも首都であるサラエボは、

ボスニアヘルツェゴビナへ行くなら

絶対に訪れた方がいい。

 

 

サラエボは

西ヨーロッパと東ヨーロッパ。

 

それに少し中東が混じったような、

色んな文化が融合している

不思議な街だ。

 

 

異国情緒が溢れていて

散歩をするだけでも楽しい。

 

 

自分も海外の町並みを

眺めながら歩くのが好きだが、

特にボスニアヘルツェゴビナの風景が好きだ。

 

 

 

 

 

 

ボスニアヘルツェゴビナの人口!人口の密度やピラミッドなど

 

ボスニアヘルツェゴビナの人口は

2018年、約330万人くらいだ。

 

日本だと静岡県くらいの人数になる。

 

 

これだけ見ると

「そこそこの人数」と思うかもしれないが、

人口密度を見るとびっくりする。

 

 

ボスニアヘルツェゴビナの人口密度は

64.91 人/ km2で、

北海道の66.93よりも少ない。

 

 

つまりボスニアヘルツェゴビナは、

かなりスカスカな国なのだ。

 

 

ボスニアヘルツェゴビナ人の

人口グラフは、

現在ゆるやかな壺のような形。

 

50代~60代が

若年層よりも1.2倍ほど多い。

 

 

人口ピラミッドとしては

やや不安定な形だが、

日本ほど心配されるようなものでもない。

 

 

ただ、ボスニアヘルツェゴビナの人口は

1990年を境に減少気味で推移している。

 

 

今でもかなりスカスカの国なのに、

さらに人口はどんどん減少傾向。

 

このままではボスニアヘルツェゴビナが

なくなってしまうのではないかと心配になる。

 

 

 

まとめ。ボスニアヘルツェゴビナ人について

 

ボスニアヘルツェゴビナは英語が通じる。

 

 

ただ、ボスニアヘルツェゴビナは

3つの異なる民族で構成されている。

 

民族間で対立があったこともあり、

戦争が終わった今も、

良好な関係とは言えない。

 

 

ボスニアヘルツェゴビナを旅行する時は、

うかつに歴史問題に触れたり、

民族を優遇・批判する話はしないよう気をつけてほしい。

 

 

色々書いたが、

ボスニアヘルツェゴビナのサラエボは

素晴らしいところだ。

 

人も少ないので、観光客の立場からすれば、

静かにゆっくりと

その町並みを楽しむことができる。

 

 

ボスニアヘルツェゴビナにしばらくいたことがある大平。

自分と同じく、元かなりの神経質(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ