中国の男性の一服って?古代の中国の髪型(男性)、恋愛と性格、男性歌手やアイドル(男性アイドルグループ)、民族衣装や結婚など


 

自分は中国の友人がいるが、

かなり謙虚で、およそ中国人らしくない。

 

 

メディアで取り上げられる

中国や中国人は、

あまり印象の良いものではない。

 

特に男性は粗暴な

イメージを持たれがちだ。

 

 

しかし実際は、

自分の中国人の友人のように、

穏やかで礼儀正しい人もいる。

 

日本人にも粗暴な人もいれば、

穏やかな人がいるのと同じだ。

 

 

伝え聞いた情報だけで判断していて、

本当の姿を理解していないことになる。

 

 

歴史的にも関わり深い

中国という国や人を、

一方的な見方だけで判断してはもったいない。

 

 

というわけで、

中国の男性という範囲で、

性格や価値観など本当の姿を垣間見てみよう。

 

 

 

中国の男性の一服…性格や恋愛のアプローチ、結婚について

 

中国の男性が一服するときのタバコ。

 

実は、中国の男性は

約50%が喫煙者だ。

 

中国人と結婚する場合は、

喫煙者を避けるのは難しい。

 

 

ところで、件の中国人の友人は、

かれこれ15年以上髪型が変わっていない。

 

中国の男性で長髪の人は少ない。

 

髪型には、こだわりがないように見える。

 

細身でカッコいい人も多いので、

オシャレすればもっとモテると思うのだが。

 

 

その友人は、

毎年暮れになると贈り物をくれる。

 

日本の習慣である、

お歳暮を覚えたのが理由だろう。

 

毎年もらうのは心苦しいと

言ってもやめてくれない。

 

 

そんなわけで、

どこかへ出かけたときには、

お返しにお土産を買う。

 

だが、実際のところ、

中国の男性がどんなお土産を喜ぶのか

よく分からない。

 

 

結局、ありきたりな

お菓子などを渡してしまう。

 

彼は人が良いので

喜んでくれているが、

本心は分からない。

 

 

中国の男性の性格は、

オープンで細かいことを

気にしないようなイメージがある。

 

だが、友人を見ていると、

日本人以上に内向きで律儀だ。

 

 

その友人は、

お見合いで中国人女性と結婚した。

 

だが、実は日本人女性とも

付き合ってみたかったと言っている。

 

そのときに言えば誰か紹介したのに、

結婚してからではどうしようもない。

 

 

恋愛になると奥手になるのは、

国籍でなくて本人の性格だ。

 

 

なお、今の結婚相手は

気の強い中国人女性。

 

たまに会うと、

妻の愚痴を聞かされる。

 

 

その女性は、

地元のお見合いで決まった相手で、

自分からはアプローチしていない。

 

結婚できたのは、

周りが押し進めたおかげだ。

 

 

本人は超が付くほど奥手な性格。

 

中国人といっても、

全員勢いのある人ばかりではないのだ。

 

 

中国の男性は、

怠慢なイメージがあるが、

少なくとも自分の友人は違う。

 

 

労働参与率が日本に比べて

低いのは本国の話だ。

 

実際は、お金を稼ぐことに

執着している。

 

お金のことになると

真剣な顔をするのは、

中国人らしいと変に納得してしまう。

 

 

 

 

 

 

中国の男性の名前の一覧!名の読み方…男性名の場合

 

中国の男性には、

名とは別に字(あざな)の文化もある。

 

字というのは、

日本で言うところの氏名とは異なる。

 

生まれた時ではなく、

後から付くものだ。

 

 

歴史好きなら知っていると思うが、

「諸葛亮孔明」は、

諸葛が苗字、亮が名前、孔明は字だ。

 

 

字は目上の人から呼ばれるのはOKだが、

簡単に口にして良いわけではない。

 

 

日本にも一時あったらしいが、

普段使えないせいか、流行らなかった。

 

ちなみに、今の中国では、

公用は廃止になっている。

 

 

中国の男性の名前は

漢字を使うので、

漢字自体に意味を持つ。

 

 

漢字の意味と、読み方。

 

2つの要素に

男らしいなど、

親の願いが込められる。

 

 

そうなると当然、

中国の男性の名前にも、

かっこいいのとそうでないものが出てくる。

 

 

これも友人に聞いた話だが、

日本で言うところの

キラキラネームも最近話題とのこと。

 

行き過ぎるとひんしゅくを買うそうだ。

 

どこの国も同じだなと感じる。

 

 

子供の名前をつけるときには、

昔は名付け本のような

書籍を利用したのだろう。

 

今はインターネットで検索できる。

 

 

中国の男性名やランキングを

一覧にしているサイトもある。

 

 

 

古代の中国の髪型や男性の民族衣装!髪型や服装(正装の服)、歴史と民族の衣装、男性の化粧品

 

次は中国の伝統衣装について。

 

 

中国の男性は、あまり

服飾に関心がないように思える。

 

しかし実際のところ、

痩せた人が多くて、

色んな服が似合いそうだ。

 

 

中国の男性服装というと、

伝統的な民族服が思い浮かぶ。

 

日本の着物の原型とも言われ、

なかなかカッコいい。

 

この民族服は、

漢服と呼ばれている。

 

 

中国では昔、

服装による規定があった。

 

男性の階級を

判断できるくらい重要だったが、

最近では若者の愛好家が増えている。

 

 

中国の伝統的な服、

漢服は、歴史的な文化の一つ。

 

だが、男性女性問わず、

違った形で若者が今の時代に伝えている。

 

 

ちなみに中国の結婚式では、

服装は洋風が主流で、

男性はスーツにネクタイが一般的。

 

正装=歴史的な着物が一般的なのは日本だけ。

 

中国では洋服が好まれている。

 

 

中国人の髪型だが、

男性は昔から角刈りが多い印象だ。

 

自分の友人も

ソフトな角刈りである。

 

 

中国の男性の髪型で有名なのは、

ちょんまげの長いバージョン。

 

これは辮髪(べんぱつ)という。

 

 

しかし、これは

中国民族の大半を占める

漢民族の文化ではない。

 

兜など、

被り物をすると頭が蒸れるので、

そのための対策。

 

遊牧民族の由来である。

 

 

辮髪=中国の伝統

というのは間違いといえる。

 

 

ダサいイメージのある中国の男性だが、

経済的に豊かになり、

男性化粧品が市場拡大している。

 

中国の男性に化粧品が売れていて、

大きなマーケットになっているのだ。

 

このまま行けば、

中国の男性と角刈りのイメージが

なくなる日も近い。

 

 

 

中国の男性歌手や男性アイドルグループは?歌手とアイドルのグループを紹介

 

中国の男性アイドルグループ

「SWIN」を知っているだろうか。

 

他にも、中国男性アイドルグループのX-timeなど。

 

 

最近の中国は、

ちょっとしたアイドル戦国時代の

様相を呈している。

 

中国で男性アイドルが

登場したのは比較的最近。

 

 

2018年ごろが、

中国のアイドル元年になっている。

 

 

中国の男性アイドルのランキングは、

一昔前までは、

韓国や日本のアイドルが名を連ねていた。

 

いまでは、中国国内の

イケメンが人気だ。

 

 

中国の男性アイドルの一覧を見ると、

日本では知らない名前がたくさん出てくる。

 

中国の男性アイドルに投票して

人気を競うサイトもあり、

かなり白熱している様子も窺える。

 

 

アイドルグループだけでなく、

中国の男性歌手も人気だ。

 

 

経済的に豊かになって、

文化的にも開放が進んでいる。

 

 

余談だが、中国語の勉強には、

歌から入ると覚えやすい。

 

特に中国の男性歌手のバラードは、

比較的ゆっくりした口調なので、

何かと勉強に向いている。

 

 

 

まとめ。マイナスイメージもあるが謙虚な中国人男性も多い

 

中国の男性について、

いくつかのポイントを紹介した。

 

 

日本の報道のせいで、

マイナスイメージの強い中国人男性。

 

だが、個人の

性格によるところが多い。

 

 

自分の知っている中国人男性は、

日本人みたいな謙虚な性格だ。

 

 

出身地によっても

かなり性格が違う。

 

そもそも中国と言ってもかなり広い。

 

性格の傾向はあるかもしれないが、

とりあえず接してみるのが手っ取り早い。

 

 

色々言われる国だが、

経済、文化で進歩している。

 

これから知人、

友人になる機会もあるだろう。

 

より知っておきたいところだ。

 

 

「どの国も大体、ダメなのは人民より政府」。

そう語る小木曽も、自分と同じシイタケ嫌い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ