カナダの女性参政権!女性の性格や名前、女性画家や女性シンガー(女性歌手・アーティスト)…殺人やファッションについて


 

雄大な自然が有名で

観光地としても人気が高いカナダ。

 

英語を学びたい日本人の

留学先としても人気だが・・・

 

現地の女性については、

映画やアーティスト以外であまり知られていない。

 

 

そこで、カナダの

 

・カナダの女性の性格

 

・カナダの名前の特徴

 

・カナダで流行のファッション

 

・カナダの有名な女性画家

 

・カナダの有名な女性シンガー(女性歌手・アーティスト)

 

・カナダの女性参政権

 

・カナダの日本人留学生の殺人事件

 

について調べてみた。

 

 

 

カナダの女性、性格はわがまま?名前やファッション、脈ありのサインやベッドなど…カナダ女性の本音

 

カナダの公用語は英語とフランス語。

 

イギリスとフランスの植民地が

合わさってできたという歴史から、

英語とフランス語の両方が公用語となっている。

 

 

ちなみにフランス語で

カナダの国名は男性名詞、

フランスの国名は女性名詞となっている。

 

 

カナダの女性名で人気なのは、

エマ、オリビア、ソフィアなど。

 

カナダ全体として、

比較的古き良き名前を

好む人が多いようだ。

 

 

そんなカナダの女性は

自己主張をはっきりとする。

 

積極的で社交的な、

少し時間にルーズな性格の人が多い。

 

 

家族を大事にする人が多く、

恋人の時間よりも

家族の時間を優先することもしばしば。

 

 

カナダの女性は

自己主張をはっきりとするのだが、

相手の意見も聞きたがる。

 

相手にもしっかり

自己主張してほしいと思っている。

 

意見を出し合って

すり合わせたいと考えている人が多い。

 

 

そのため、一方的な

わがままを言う人は少ないかもしれない。

 

 

ちなみにカナダの

女性のファッションは独特だ。

 

実はカナダのバンクーバーは、

世界三大ダサい都市という

不名誉なランキングにも名を連ねている。

 

 

特に日本人が驚くのは、

日本でいうレギンスだけで

外へ出かけるというところだ。

 

 

日本ではスカートや

ショートパンツの下にレギンスを履くが、

カナダの女性はレギンスだけで出かける。

 

日本人から見ると、

スカートやショートパンツを

はき忘れたのかと思ってしまう。

 

 

スポーツウエアのレギンスや

ヨガパンツが流行した影響だ。

 

 

カナダの女性は見た目よりも

機能性を重視するようで、

あまりファッションに興味がないのかもしれない。

 

そのため、日本人留学生の多くは

カナダで暮らしているうちに

適当な服装になってしまうことも多いとか。

 

 

カナダの女性の恋愛は

社交的で積極的。

 

のんびりとしていて、

一緒にいると癒されるという人も多い。

 

 

カナダには日本にはない

デーティング期間というものがある。

 

その期間は誰とデートしても、

ベッドを共にしてもよい。

 

その期間のなかで、

脈ありの女性を見つけていい雰囲気になり、

自然と付き合うようになる。

 

 

そのため、告白という文化はない。

 

 

日本とはかなり違う

恋愛の文化があるので、

驚くことも多いだろう。

 

 

 

 

 

 

カナダの女性画家や女性歌手(女性シンガー)…歌手(シンガー・アーティスト・ボーカル)を紹介

 

ここで世界的に有名な

カナダの女性について調べてみた。

 

 

まずは、カナダの女性画家

「モード・ルイス」が有名だ。

 

カナダでは女性画家モード・ルイスの

人生を題材に映画も作られたほどだ。

 

風景や動物の素朴な絵が特徴的で、

カナダでも愛されている画家の一人だ。

 

 

次に、カナダの女性ボーカルのバンド

「クリスタライン」が今注目を集めている。

 

紅一点のマリッサを

ボーカルに据えたこのバンドは

日本デビューもしている。

 

気になる方はぜひ

曲を聴いてみてほしい。

 

 

カナダの有名な女性シンガーといえば、

やはりアヴリルラヴィーンだろう。

 

アヴリルはカナダ出身で、

現在はアメリカを拠点に活動している。

 

世界的に人気を持っていて、

日本でも話題になった。

 

日本のテレビ番組にも

登場していたので、

知っている人も多いだろう。

 

 

 

カナダの女性参政権は?女性の殺人について

 

カナダで女性参政権が認められたのは

第一次世界大戦後の1918年。

 

日本よりも30年ほど早かった。

 

 

その3年後には女性下院議員が誕生、

12年後には上院議員が誕生している。

 

1957年には初の

女性閣僚が誕生しているのだ。

 

 

女性の参政権が認められてから

女性政治家が誕生するまで、

とてもスピーディーなのが特徴的だ。

 

カナダの女性が

積極的な性格が多いというのも、

影響しているかもしれない。

 

 

そんなカナダは治安もよく、

日本人の留学先としても人気が高い。

 

しかし、いくら

治安がよいといっても

事件はいくつも起きている。

 

バンクーバーの犯罪率は

日本の5倍ともいわれているのだ。

 

 

2016年にバンクーバーで

日本人留学生の女性が

殺害された事件があった。

 

事件内容としては、

日本人留学生の女性の遺体が

見つかったことから始まる。

 

 

現地に住むシュナイダーという男性が

最後に一緒に居たとして、

殺人の容疑がかけられた。

 

現在シュナイダーは

終身刑という判決を受けている。

 

 

このシュナイダーは日本人留学生の女性に

「英語の勉強相手になる」という口実で

近づいたと言われている。

 

いくら治安が良いとはいえ、

海外では簡単に人を

信用しないほうがよいだろう。

 

 

 

まとめ。カナダの女性の特徴について

 

・カナダの女性は自己主張がはっきりしていて社交的で積極的

 

・カナダの名前の特徴は古き良き名前が好まれる

 

・カナダは見た目より機能性重視のファッションを好む

 

・カナダの有名な女性画家はモード・ルイス

 

・カナダの有名な女性シンガーはアヴリルラヴィーン

 

・カナダの女性参政権は1918年に認められた

 

・日本人留学生の殺人事件が2016年に起きた

 

 

世界から留学生が訪れているカナダ。

 

 

カナダの女性も

積極的な性格の人が多いため、

国際結婚が多い。

 

 

おおらかで一緒に居ると

癒される性格のカナダの女性。

 

ぜひお近づきになってみたいものだ。

 

 

バンクーバーにしばらく滞在していたはとちゃん。

自分と同じく毛むくじゃらの太った動物に弱い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ