チュニジアの女性の服装!美人と女性の権利(参政権と社会進出)、一人旅の旅行と女性の服、女性の民族衣装とチュニジア女性のDV実態


 

チュニジアは

北アフリカにある国。

 

地中海にも接しており、

美しい街並みで有名なシディ・ブ・サイドは

観光地として有名だ。

 

 

またサッカーや

バレーボールの強豪国でもある。

 

ワールドカップで

名前を聞いたことが

ある人も多いだろう。

 

 

だが、チュニジア女性について詳しい人はさすがに少ない。

 

そこで今回は

 

・チュニジアの女性の服装(民族衣装)

 

・チュニジアの女性は美人なのか

 

・チュニジアの女性の権利(参政権と社会進出)

 

・チュニジアの一人旅の注意点

 

・チュニジアの女性のDV実態

 

について調べてみた。

 

 

 

チュニジアの女性は美人だけどわがまま?脈ありのサインとベッドなどチュニジア女性の本音

 

チュニジアの女性は

美人が多いと有名だ。

 

ヨーロッパとアフリカと

イスラム圏の文化が混じっている。

 

チュニジアの女性の外見は、

イタリア人とアラブ系の人の

中間のような印象を受ける。

 

 

チュニジアの女性の性格は、

前向きで積極的に

コミュニケーションをとる人が多い。

 

プライドが高く、

怒ると止められなくなってしまう

一面もあるようだ。

 

人に嫌わることを

好まない人が多く、

人の悪口を言う人も少ない。

 

 

チュニジアの女性が

わがままという情報は

見つからなかった。

 

だが、プライドが高い人が

多いということから、

わがままを言う人もいると推測される。

 

 

ちなみにチュニジアは

イスラム教の国だ。

 

そのため

付き合うイコール結婚を前提

というのが一般的。

 

 

チュニジアの女性と結婚する場合、

男性はイスラム教に

改宗しなければならない。

 

 

積極的にコミュニケーションをとり、

気の合う人と付き合うことが多い。

 

チュニジアの女性が

「気が合うな」と感じたら、

それが脈ありのサイン。

 

 

仲の良い男友達とそのまま付き合ったり、

ネットなどで出会った人と

結婚したりすることもよくある。

 

 

ちなみにイスラム教の国なので、

婚前交渉は禁止されている。

 

チュニジアの女性と

ベッドを共にするのは、

結婚してからということになる。

 

 

実はチュニジアはイスラム教の国の中でも、

女性の社会進出が進んでいる国と言われている。

 

 

チュニジアの女性の参政権は

1959年に認められていて、

イスラム教の国ではかなり早い。

 

チュニジアでは女性の権利は、

他のイスラム教の国に比べて

かなり認められていると言える。

 

 

チュニジア女性のDV実態については

残念ながら情報が見つからなかった。

 

だが、イスラム教の国は

男性優位の考え方が強いので、

女性へのDVも多いのではないかと推測される。

 

 

チュニジアは2017年

「女性に対するすべての暴力を根絶すること」を目的に、

被害女性の保護や支援を強化する法案が可決された。

 

女性の権利への前向きな姿勢は、

イスラム教の国の中ではかなり珍しい。

 

 

チュニジアといえば、

2015年に首都チュニスで起きた

博物館襲撃テロ。

 

日本人女性らが

犠牲になったことを

覚えている人もいるだろう。

 

 

チュニジアは現在、

渡航制限は出ていない国なので、

観光も可能。

 

だがイスラム圏ということもあり、

テロや事件に巻き込まれる危険があることを

肝に銘じておかなければならない。

 

 

ちなみに、チュニジアで名前は

男性、女性ともに

イスラム教徒の名前の付け方に従っている。

 

名前+父の名前、

祖父の名前を続け、

〇〇の子という意味になる。

 

 

 

 

 

 

チュニジアの女性の服装!旅行の場合の注意点は?

 

チュニジアの民族衣装は

男性、女性ともに

詳細な情報が得られなかった。

 

そこでチュニジア人の多くが、

ベルベル人を起源にもつので、

ベルベル人の民族衣装を参考に紹介したい。

 

 

チュニジア女性の民族衣装を

ベルベル人女性の衣装を参考にすると、

青を基調としたワンピースのようなものが多い。

 

 

チュニジアはイスラム教の国ではあるが、

ヒジャブなど顔を隠すものは禁止されている。

 

 

チュニジアは比較的

イスラム教の国のなかでも

制限が緩いほうではある。

 

だが、チュニジアの女性の服は

やはり肌を露出するものは好まれない。

 

 

チュニジアの街中では

西洋的な服装の人が多くみられる。

 

 

ちなみにチュニジアでの

女性の一人旅は可能だろうか。

 

中東のなかでも

チュニジアは治安がいい国で、

女性の一人旅もそれほど危険ではない。

 

 

実際にチュニジアに旅行に行く際は、

外務省ホームページなどで

最新の情報を確認してほしい。

 

 

女性の一人旅での注意点は、

やはり基本的には夜一人で出歩かない、

露出の多い服装は避けるなどがあげられる。

 

 

特に注意したいのは、

外国人女性を狙って

ナンパしてくる男性がいること。

 

安易な気持ちで

お茶や食事を一緒にすると

脈ありだと誤解されることもある。

 

 

犯罪や事件に巻き込まれる危険もあるので、

現地で声をかけてくる男性には

注意したほうがよい。

 

 

 

まとめ。チュニジアの女性の特徴について

 

・チュニジアの女性の服装(民族衣装)は、

ベルベル人を参考にすると

青いワンピースのような服装

 

 

・チュニジアの女性は美人

 

 

・チュニジアの女性の権利(参政権と社会進出)は、

イスラム教の国の中でもかなり認められている

 

 

・チュニジアの一人旅の注意点は、

夜間一人で出歩かない、ナンパに応えない、

露出の多い服装を避けることなど

 

 

・チュニジアの女性の

DV実態は不明だが、

DV被害は多いと推測

 

 

2017年、DV被害を受けた女性の

保護や支援を

強化する法案が可決された。

 

チュニジアはイスラム教の国の中でも、

女性の権利がかなり

認められている珍しい国だ。

 

 

チュニジア女性の服装に詳しいリチャード。

自分と同じく金髪美女に弱いフィリピン人(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ