キューバ人は怖い?性格の特徴…キューバ人と結婚するなら?英語やイケメンの男性、人口(キューバ人口)、日本への亡命など


 

キューバといえば、多くの日本人にとって

野球のチームが強いといったイメージくらい。

 

観光名所などは特に浮かんでこないことが多いが・・・

ハバナを始め、実は魅力的な場所。

 

 

また、キューバ人がどんな

国民性なのかも何も分からない。

 

そこで、この記事では

キューバ移住を考えつつ現地を度々訪れている自分が

現地のことを紹介しよう。

 

 

 

キューバ人は怖い?性格の特徴、英語や名前など…しつこい?嘘つき?

 

キューバ人を英語で

「cuban(キューバン)」という。

 

 

一般的に「キューバン」とは、

ラテン系音楽のジャンルにおける

一種の呼び方である。

 

つまりキューバ人の英語での意味は

「アフロ・キューバン音楽」

といった感じになる。

 

 

キューバ人の氏名は、

「名前」「父親の苗字」「母親の苗字」

として名付けられる。

 

子供は

「名前」「父親の父親の苗字」「母親の父親の苗字」

が付けられる。

 

 

キューバ人の男性の名前で人気のものと意味

 

・Reinier(軍のガイド)

 

・Yudel(称賛)

 

・Edel(貴族の名前)

 

・Maikel(ヘブライ語、神のようなもの)

 

・Jasiel(神の力)

 

 

キューバ人の女性の名前で人気のものと意味

 

・Rachel(ヤコブの第二の妻)

 

・Idania(勤勉、繁栄)

 

・Arianna(最も神聖な)

 

・Daylin(道端国)

 

・Anay(神に見上げる)

 

 

キューバ人は直情的で、

回りくどい言い方などはせず、

物事をはっきりと伝える傾向にある。

 

それは悪いことを伝える時も同じだ。

 

言い合いになるとカッとなり、

お互い引くことはない。

 

少し怖い事態に

直面することもあるだろう。

 

 

自己主張の強い国民性でもある。

 

 

キューバ人の男性の性格の特徴は、

女性に対してガツガツしていること。

 

街中でナンパしているのは

若い男性に限らない。

 

高齢の男性が「可愛いね」などと

声をかけていることも珍しくはない。

 

 

キューバ人の食事のマナーとして、

全て食べ尽くすことはせず、

少し残すくらいがいいとされている。

 

これは、キューバ革命前の

食生活が豊かであったことの名残である。

 

 

 

キューバ人と現地ののんびり生活を満喫!

そのための安定収入のつくり方とは?

 

 

キューバ人の男性はイケメン?キューバ人と結婚するなら…キスなどのスキンシップや愛情表現

 

キューバはモデル並の

オシャレな男性が多く、

イケメン大国とまでいわれるほどである。

 

 

キューバの革命家「チェ・ゲバラ」は、

ジョン・レノンも「あの頃、世界一かっこいい男だった」

と語るほど。

 

現在もゲバラの顔写真入りの

Tシャツや帽子が販売されている。

 

 

キューバ人との結婚を考えるのなら、

注意しておきたいことがある。

 

 

キューバ人は男性・女性とも

離婚をすることが多く、

そして再婚することも多いのだ。

 

 

7回結婚、そして7回離婚。

 

そんなことも

珍しいことではないという話もある。

 

日本人が聞いたら

結婚不信になってしまいそうだ。

 

 

結婚式も実にドライ。

 

愛を誓う場面もなく、

新郎新婦が用意された書類に

サインをするだけで終わる。

 

 

「永遠の愛を誓う」ことをしなければ、

ためらわずに離婚できるというわけだ。

 

 

キューバは社会主義国で、

頑張っても頑張らなくても

給料が変わらない。

 

そのためか、

キューバ人はあまり働かない。

 

昼間から酒を飲んだり、

麻雀をしていたりなんてことも。

 

 

キューバ人と結婚して相手が日本で働くことになったら、

勤勉で働きすぎと言われる

日本の環境に適応するのは時間がかかりそうだ。

 

 

キューバでは頑張って働かなくても

生活していけないこともないが、

日本ではそうはいかない。

 

 

 

キューバの人メジャーリーガーや野球選手、日本に亡命?

 

キューバでは1991年以降、

キューバ人がメジャーリーガーになるため

亡命するケースが増えている。

 

 

キューバ人の野球選手が

亡命してメジャーリーグへ行くのは何故なのか、

どういうことなのかを説明しよう。

 

 

亡命とは、

政治的な宗教対立や迫害、

経済的な理由から、外国へ逃亡することである。

 

方法としては海を渡るなどして

国境を越えて他国へ侵入したり、

他国の大使館へ亡命を求めたりといった手段。

 

だが、いずれもかなり危険で、

バレると重い刑に処されることとなる。

 

 

そんな大きなリスクを抱えながらも、

なぜ選手達は亡命することを選ぶのか。

 

それは、金銭面で

圧倒的とも言える

メリットがあるからである。

 

 

社会主義国キューバでは

給料は配給制。

 

キューバでは公務員とされる野球選手だが、

給料は平均収入より

少し多いくらいである。

 

 

それがメジャーリーガーになって

スター選手ともなれば、

何十億という年俸も夢ではない。

 

 

リスクを抱えながらも

キューバ人の亡命が相次いでいるのは、

こういった待遇面の良さがあるからだ。

 

 

キューバ人の野球選手で

日本で活躍した亡命者もいる。

 

このキューバ選手達は

日本に亡命してきたわけではなく、

正規のルートで日本に来ている。

 

 

亡命し日本で活躍していた

キューバ人の有名人もいる。

 

ユニエスキ・グリエルや、

アレックス・ゲレーロ(共にハイチへ亡命)などだ。

 

 

2018年、キューバ人選手は

リスクを冒し亡命しなくても、

メジャーリーグを目指すことが可能となる協定が結ばれた。

 

 

 

キューバ人口!キューバの人口、密度やピラミッドは…

 

「キューバ革命」や

「ソ連崩壊」などの歴史的な出来事により、

現在もキューバの人口に影響を与え続けている。

 

 

キューバは1980年代から高齢化が進み、

ラテンアメリカの中では

高齢化率が最も高い国となった。

 

 

高齢者へ様々な生活支援策は取られているが

効果はあまり見られない。

 

ソ連崩壊後の経済危機で

国民の生活水準が大幅に低下し、

高齢者への影響はさらに大きなものとなった。

 

 

また、キューバは高齢者問題を

考えていく上では特殊な条件下にある。

 

経済発展がそれほど進んでいないのに、

高齢化の進み方が顕著という、

稀なケースとなっている。

 

 

高齢者の増加が続き、

2006年からはキューバ人口減少が

見られるようになる。

 

キューバ人口2018年からは

減少の一途を辿っている。

 

 

キューバの人口ピラミッドの推移を見ると、

高齢者の増加が進行し続けて、

逆に若年層は減少し続けているのが分かる。

 

 

ソ連崩壊後、主に若い世代で

アメリカに移住する人がかなり多くなった。

 

 

単純な移民者数で言えば、

メキシコの方が遥かに上だが、

人口密度で比べた場合はキューバの方が多い。

 

 

これまでにキューバの人口約1,100万人のうち、

30万人以上がアメリカへ移住している。

 

全体の3%近い人口が減ったことになり、

若い世代がこぞって移住したことで

高齢化にさらに拍車がかかっている。

 

 

 

まとめ。マイナス面も多いが治安が良いイケメン大国

 

キューバのマイナスな面ばかりが

目立ってしまった。

 

しかし、明るく陽気で

気さくなキューバ人の国民性からか、

凶悪犯罪はほとんど起こらず治安は良い。

 

 

キューバはイケメンが多いと述べたが、

実はオシャレな美女も多い。

 

 

年間の平均気温は25.5度と温かく、

常に肌を露出した服装をしているので、

目のやり場に困るかもしれない。

 

 

興味があったら是非一度、

キューバを訪れてみて欲しい。

 

 

 

チェ・ゲバラについて詳しい浜本。

自分と同じく金髪美女に異常な興味を示す(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ