ドイツの女性、身長など特徴は?一人旅や名前(女性名)、女性歌手や女性首相、民族衣装…ファッションはかわいい?


 

ドイツは、西ヨーロッパに位置する

自然豊かな国。

 

おとぎ話のような城も存在し、

観光地としても人気の国だが

ドイツ女性について詳しくは知られていない。

 

 

そこで、この記事では

ドイツに住む女性の特徴を考察してみる。

 

 

 

ドイツ人女性の特徴!かわいい?身長は?性格はわがまま?脈ありのサインやベッドは…ドイツ女性の本音

 

ドイツは美人が多いということで

ヨーロッパの中でも有名な国である。

 

観光で行った人からは

かわいい人が多かったなど、

よく聞く国のひとつである。

 

 

ドイツ人女性の顔の特徴は、

くっきりとした目鼻立ちや色白、

金髪、青い瞳などが挙げられる。

 

そしてスタイルも良い。

 

 

ドイツ人女性の平均身長は

168cmと日本人女性と比べると高い。

 

 

美人やかわいい人が多いのは、

美形といわれる

ゲルマン系白人が多いこと。

 

移民が多いため、

美形のハーフが誕生しやすい

という理由がある。

 

 

ドイツ人女性の性格の特徴として、

サバサバしていて合理的である。

 

綺麗好きであるので、

身の回りをとても綺麗に整えている。

 

また、自己主張が強い。

 

 

日本人からすると

わがままにみられがちである。

 

倹約家な面もあるので、

レストランなどにあまり行かない。

 

 

ドイツ人女性は

愛情表現がストレート。

 

女性が誘いにノッてくれたり、

路上でキスやハグを求めてきたら

脈ありだと思っていいだろう。

 

 

 

ドイツの女性の民族衣装やファッション!一人旅の服装は?

 

ドイツ人の服装は男性女性で、

そこまではっきり分かれていない印象を受ける。

 

 

ドイツ人はファッションは

おしゃれさと機能性を重視する。

 

ドイツ人女性のファッション、

特に冬は機能性重視。

 

男性ともぱっと見、

差がないように見える。

 

 

女性のファッションの特徴は、

カジュアルなパンツスタイル。

 

スカートを履いている人は

少ないように思う。

 

 

ドイツの民族衣装は

ディアンドルが有名だ。

 

こちらはひらひらのスカートで、

アルプスの少女ハイジに

出てきそうな服装である。

 

 

この民族衣装はほとんど

プライベートな場では着用しない。

 

お祝い事やイベント、

レストランの制服などで

目にすることがある。

 

 

女性が一人旅でドイツに行く場合、

スカートスタイルよりも

パンツスタイルのほうが街に浮かずに済むだろう。

 

ドイツに限らずヨーロッパは

石畳の街並みが多い。

 

ヒールのあるパンプスよりは、

できればスニーカーなどのほうが

歩きやすいだろう。

 

 

 

 

 

 

ドイツ語、ドイツの女性の名前(女性名)…女性の名前の意味は?

 

ドイツ語には名詞が

男性名詞、女性名詞、中性名詞の

3つに分類されるという特徴を持つ。

 

 

ドイツ人とのコミュニケーションには、

ドイツ語を学ぶというところから

始めたいところである。

 

 

学ぶときにドイツ語の

女性名詞、男性名詞、中性名詞の一覧。

 

ドイツ語の女性名詞、男性名詞、中性名詞の

意味の一覧を合わせてみるといいだろう。

 

 

ドイツの女性の名前の人気ランキングは、

かわいく意味のある名前などがあがってくる。

 

ドイツ人女性の

名前の人気のものは、

ミア、エマ、ハンナなど。

 

 

ドイツ女性の名前の人気の一覧をみると、

日本人でも耳馴染みのある名前が多い。

 

ドイツの女性の名前の由来は、

花や親切なや優しいなど。

 

かわいらしい女性像を

イメージしたものが多い。

 

 

そしてドイツ人女性の名前の

意味として多いものの中に、

聖書由来のものも挙げられる。

 

ドイツの女性名の聖書由来のものだと

エリザベスなどが例に挙げられる。

 

 

ドイツ人女性名の愛称は

名前を短くしたものが多く使用される。

 

 

 

ドイツの女性、歌手や首相は?女性歌手や女性首相について

 

ドイツの女性有名人は

メルケル首相や

女性歌手のサラ・コナーではないだろうか。

 

 

メルケル首相は、

ドイツの歴史史上初の

女性首相である。

 

未だに女性の首相がおらず、

国会議員の割合も男女差がある日本と比べると、

女性の社会進出が進んでいることが分かる。

 

 

ドイツの女性参政権は

世界史で見ると1893年のニュージーランドから始まり、

ドイツは1918年に認められた。

 

日本は1945年に認められたので、

およそ30年ほど進んでいることになる。

 

 

ドイツの女性の社会進出は、

2016年から義務付けられた

女性クオータ法により進むこととなった。

 

この法案は、大手企業の監査役の

30%以上は女性にすることなどを

義務付けたものである。

 

 

ドイツの女性の

社会進出の歴史はとても長い。

 

第一次世界大戦時に

徴兵された男性の代わりに、

女性が男仕事であった労働に就いた。

 

そこから徐々に始まっている。

 

 

世界的にドイツは

女性の社会進出が進んだ国でもあるが

問題点もある。

 

他の先進国に比べると、未だに男性は外で稼ぐ、

女性は家事育児をこなすという風潮が根付いている。

 

 

男性と女性では

平均賃金に未だに差がある。

 

 

ドイツ人女性の働き方は、

意識改革から始めなければならない

という問題点が見えてくる。

 

 

 

まとめ。女性の社会進出が進んでいるドイツ

 

ドイツは一見日本よりも

女性の社会進出が

進んでいるように見える。

 

当然法案などが

しっかり整備されている分、

進んでいるのは明らかだ。

 

 

しかし、未だ一般庶民の女性が

家事育児を担うという認識は残っている。

 

意識を改革することこそが、

真の女性の社会進出なのではないか。

 

 

ドイツ女性と付き合いたいと語る慎太郎。

自分と同じフェミニスト(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ