エジプトの女性神官!女性タレントや女性差別、服装や女性名…顔や切除、スカーフなど衣装、ファラオや一人旅について


 

エジプトといえば

ピラミッドや古代文明など、

謎が多く神秘的な国だ。

 

 

そんなエジプトの女性には外見や性格に

どんな特徴があり、どういった歴史があるのか

あまり知られていない。

 

 

そこで、この記事では

エジプトを観光する際の

注意点なども交え、紹介していこう。

 

 

 

エジプトの女性の顔や名前(女性名)!女性タレントは…わがまま?脈ありのサインとベッドなど。エジプト女性の本音

 

エジプトといえば

世界三大美人の一人「クレオパトラ」。

 

そのイメージから、

エジプトの女性は美人であると

連想してしまう人もいるだろう。

 

 

エジプトの女性の顔の特徴は、

日焼けしたような

赤みを帯びた肌色である。

 

 

まつ毛や眉毛が濃く、

男性であれば体毛も濃い。

 

長いまつ毛に

アーモンド型の大きな二重の目、

そして丸い鼻をしている。

 

 

エジプトにも

キラキラネームに相当するものがある。

 

 

エジプトの女性名である

「ナビーラ」と名付けられた

日本人女性がいる。

 

「高貴」「貴族」の意味を

こめて付けられた名前だ。

 

 

しかし、「ナビーラ」は、

エジプトでの女性の名前だと

意味が変わってしまう。

 

「ナビーラ」は日本で言うところの

「花子さん」のポジション。

 

最近ではあまり名付けることのない

名前になってしまうのだ。

 

 

日本にはエジプト出身の

女性タレント・フィフィがいる。

 

両親がエジプト人で

2歳の時日本に移住し、

中京大学を卒業している。

 

目力が強く、

全体的にパーツがはっきりとしており、

肌の色などもエジプト人の特徴がよく表れている。

 

 

エジプトの女性は消極的。

 

わがままなどは言わず、

恋愛面では控えめである。

 

 

これはイスラム教の

宗教上による部分が大きい。

 

結婚前提以外の

付き合いはできない。

 

 

一緒に出掛けたり

手をつないだりといったことも、

日本のような感覚ではまずできない。

 

軽々しくベッドに誘い

婚前交渉をしてしまったら、相手の女性は

「名誉の殺人」の対象となる可能性もある。

 

 

もし付き合うとしたら結婚前提。

 

脈ありに持っていきたいのなら、

恋愛・結婚についての様々なルールを厳守し、

改宗も必要になる。

 

 

 

エジプトの女性と差別…切除と女性差別について

 

エジプトを含むアフリカ諸国では、

いまだに女性差別や

人権侵害が根付いている。

 

 

イスラムの掟を破った女性は

家族によって殺害される。

 

「名誉殺人」と言われる犠牲者が、

年間5,000人にも上る。

 

 

エジプトでも女性き切除という

残酷な風習が行われている。

 

エジプトの既婚女性のうち

92%ほどがこの風習の

犠牲になっている。

 

 

切除する理由は

成人・結婚のための儀礼。

 

しかし、

大量出血・感染症・排尿病といった

身体への弊害が著しく大きい。

 

麻酔無しの施術により激痛を伴い、

場合によっては死に至るケースもある。

 

 

この風習に反対意見がある一方、

エジプトの女性の50%以上が

「伝統的な風習だから」と賛成の声を上げている。

 

母親が自分の娘に切除を施し、

禁固刑を受けた事件も発生している。

 

 

エジプト女性の社会進出を目的として、

こういった慣習の撤廃や

法改正を求める運動も起きている。

 

 

エジプトの女性について

2001年に著書が出版され、

近年の犠牲者や状況などが記されている。

 

 

 

 

 

 

エジプトの女性神官やファラオ、エジプト人女性のスカーフなど服装や衣装

 

エジプトの女性は顔を布で囲っており、

顔を出して髪と首を

スカーフで覆っている服装が多い。

 

「ヒジャブ」と呼ばれる衣装だ。

 

素材や柄などのバリエーションが豊富で、

オシャレに着こなしている女性もいる。

 

 

エジプトの女性の服装で、

下着はどんなものを着用しているのか

気になるところである。

 

 

婚前交渉が禁止されているエジプトの女性は、

結婚が決まると大量の下着を購入する習慣がある。

 

エジプトなどのイスラム圏では、

結婚してからが「勝負」となるからだ。

 

 

エジプトの女性の服装は、

古代の時からある程度完成されている。

 

筒型のワンピースのような

ドレスを着用していた。

 

 

女性神官などの上流階級は、

色鮮やかな装飾品を衣服に取り付けたり、

スパンコールや刺繍で装飾した。

 

 

古代エジプトの君主ファラオの腰布は、

黄金のプレートを提げたり前垂れを付けたり

特殊な加工がされ、公の場では冠を被っていた。

 

 

古代エジプトの金細工職人の墓からは、

エジプトの女性の像やエジプトの女性のマスク

と思われるものが発掘されている。

 

 

またエジプトの女性の彫刻で、

女性美の象徴だった正妃ネフェルティティを

モデルとしたものがある。

 

この彫刻はかなり多くの人によって

模倣された作品となっている。

 

 

 

エジプトを女性が観光…一人で旅できる?服装、旅行する女性の準備

 

観光地としても人気のエジプト。

 

だが、近年ではテロなど

治安に関する不安要素が増してきている。

 

 

観光旅行をする時の

注意点や対策等を紹介する。

 

 

エジプトは安全とは言い切れないが、

アフリカ諸国の中では

治安は割と安定している。

 

ただしエジプトには危険レベル3という、

テロや紛争が発生している

極めて危険な地域がある。

 

 

テロや紛争が

観光エリアで発生することはない。

 

だが、外務省が出している危険情報を

しっかり確認しておこう。

 

 

エジプトの治安の悪さという点で

目立つものは、ひったくりやスリだ。

 

 

街中で人と話している時や、

食事中トイレに立って荷物から目を離した時など、

観光客の一瞬の隙をついてくる。

 

荷物は常に目の届く所に置いておき、

歩く時は鞄やバッグは

前掛けにしておくとよい。

 

 

観光客を狙ったしつこい

客引きにも注意が必要だ。

 

タクシー・ラクダ乗り・土産屋など。

 

場合によってはしつこく値段交渉してきて、

ぼったくりの被害に遭ってしまうこともある。

 

 

もしこのような

状況になったら、はっきりと断る。

 

もしくは反応せずにその場を離れる。

 

 

しつこい客引きに対しては、

相手の機嫌を損ねないよう、

毅然な態度で穏便に断ることをおすすめする。

 

 

エジプトの服装において、

女性が12月に旅行するのなら

十分な準備が必要だ。

 

カイロなどは昼間と朝・夕で

気温差が20度以上もある。

 

薄手のジャンパーやカーディガンを

用意しておいた方がよい。

 

 

現地では昼間は頭にターバンを着用し、

夜になるとマフラーを巻いている。

 

エジプトを女性が一人旅する場合は、

男性よりも気を付ける必要がある。

 

 

日本と同じように電車では

女性専用車両があるが、

路上ではやはり危険が潜んでいる。

 

ミニスカートなど肌の露出が多い服装で歩いていると、

しつこくナンパされたり、

売春婦と認識されてしまうこともある。

 

 

 

まとめ。エジプトは良くも悪くも文化が日本と異なる

 

エジプトの女性は、

良い意味でも悪い意味でも

日本とは全く異なった文化や風習がある。

 

 

なかなか受け入れ難いことが多いが、

ピラミッドなどは

人生で一度はこの目で見てみたい。

 

 

女性が一人旅をするには

少しハードルが高めなエジプト。

 

事前にリサーチをしっかりと行い、

万全な対策をしていれば、

楽しいエジプト旅行を満喫することができる。

 

 

エジプトの歴史に詳しい昇二。

自分と同じく洋版プレイボーイで育った男だ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ