フィジーの女性の問題!ひとり旅は女性も可能?民族衣装やオールドスパイス(フィジー)、女性進出…わがまま?脈ありのサインとベッドなど


 

日本では、ラグビーワールドカップが

開催されたおかげで、

フィジーの名前は以前よりは有名になった。

 

 

しかし、そのせいで、

フィジーのイメージが屈強な男性の

イメージになってしまったのも事実。

 

女性のイメージが膨らまない。

 

 

フィジーの住民は、

先住民のフィジー系とイギリスの植民地だったことから、

当時入植させられたインド系の人が大半を占めている。

 

 

そしてフィジーは、日本人が思うように、

南国のリゾートが楽しめる

観光が主な産業になっている。

 

 

だが、興味深いのは

フィジーでは女性の管理職の割合が

非常に高く、5割を超えることだ。

 

 

南国でゆったりとした

イメージと異なり、

女性はバリバリ働いているのか。

 

そんな女性へのイメージがわかない

フィジーの女性について、

ここでは性格や文化について触れてみる。

 

 

 

フィジーの女性の特徴は?フィジー女性の本音

 

フィジー女性の本音は

とにかく「今を生きる」こと。

 

 

フィジーは、日本でも

ラグビーで一躍有名になった。

 

アメリカでは、オールドスパイスというブランドの

制汗剤デオドラントである

フィジーが女性受けが良く人気だ。

 

 

更にもう一つ、

よく知られているのが、

幸福度調査で世界一になっていることだ。

 

 

幸福度とは、簡単に言えば

「自分は幸せ」だと感じているかどうか。

 

フィジーは、

この幸福度の割合が

世界で一番多いということだ。

 

 

そんな特徴のある国の女性なので

 

「何かが欲しい」

「独占したい」

「相手に不満」

 

そういった感情とは

無縁と言えるのかもしれない。

 

 

女性特有の、わがままな性格など、

こちらと同じベクトルで

測れる基準は持っていない。

 

 

ただ、

性的なことに関しては、

いい加減ではない。

 

イギリス領だったこともあるが、

国民の大半がキリスト教という特徴があり、

性に対しては閉塞的な考えが強い。

 

 

なので、女性と仲良くなって、

ちょっとばかり脈ありかもと思っても、

簡単にベッドに入ることは期待してはいけない。

 

 

 

フィジーをひとり旅!女性も大丈夫?治安など

 

幸福度調査世界一のフィジーは、

ゆっくりとした時間が満喫できる一方で、

それ以外には何もない。

 

 

おみやげに困ったら、現地の正装である、

「ブラシャツ」や

「スルチャンバー」がお勧めだ。

 

特にフィジーの民族衣装で、

女性が着る「スルチャンバー」は体型を

気にしないで済む。

 

万人受けしそうなアイテムと言える。

 

 

ゆっくり過ごしたい人向けの

フィジーだと、1人旅も魅力的だ。

 

 

国民全体がのんびりしていて、

細かいことは気にしない国民性。

 

 

だが、犯罪と

無縁というわけではない。

 

やはり行くときには

注意が必要になる。

 

治安の注意レベルも

高い方ではないものの、

単身での行動は控えた方が無難だ。

 

 

特に女性の一人旅は、

日本と同じ感覚では

決してできないので覚えておこう。

 

 

話は変わって、フィジーの女性に

管理職が多いということについて。

 

 

フィジーでは、どういうわけか、

女性進出が顕著になっている。

 

その理由は、

フィジーの男性がいい加減すぎて、

女性の方が優秀だと言う話もある。

 

つまり、あまり積極的な理由で

社会進出しているのではない。

 

 

実際には家庭内も含めて、

フィジーの女性が暴力を受けるなどの問題が、

いまだに多く報告されている。

 

 

 

 

 

 

まとめ。フィジー女性はのんびりしていて魅力的

 

南国のフィジーを

女性というキーワードで紹介した。

 

 

日本とは、考え方や生活が

大きく違っていて魅力的な国だ。

 

日本で時間に追われ、

責任を感じながらの毎日が辛い人には、

フィジーの生活はまさに楽園。

 

 

「細かいことは気にしない」国民性は、

人にとって大事なものが

なんなのかを考えさせてくれる。

 

 

それにしても、こんな小さな国で、

のんびりしている国民性で、

適当な考えが普通。

 

でも、ラグビーだけは

常に強いというのは、ある意味

すごいことだと改めて感じてしまう。

 

 

フィジーのような南国に永住したいと語る斎藤。

だが、自分と同じくゴキブリが大の苦手(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ