フィンランドの男性にお土産!名前(男性名)や性格、恋愛や平均身長、家事や育休(男性育児の育児休暇)、民族衣装など


 

フィンランドの男性といえば、色が白く、寡黙で

大柄な男性のイメージだが・・・

実際のところがよく分からない。

 

例えば、非常に寒さの厳しい国のため

多く着込んではいるが、

特別大柄なわけではない。

 

 

この記事では、フィンランドに住む男性の

性格傾向や、おすすめのお土産なども紹介しよう。

 

 

 

フィンランドの男性の性格は?アプローチの仕方など

 

まずフィンランドというと、

ノルウェー、スウェーデン、ロシアと

隣接する北欧の国である。

 

オーロラや犬ぞりの

イメージを抱く人も多い。

 

 

世界中で大人気の

マリメッコやイッタラでも有名だ。

 

 

また、ムーミンの

ふるさととしても知られている。

 

 

大都会というよりも、

のんびりとした

長閑な国の印象がある。

 

人が多すぎないところも

その理由の一つなのだろうが。

 

 

さすが、何かと

日本人が憧れを抱く人も多い北欧だ。

 

 

このフィンランドの男性の性格は、

無口で教育水準が高い。

 

無口で、一見無愛想に見えるものの、

心の中は優しい人が多いのだ。

 

 

これには

フィンランド特有の

理由がある。

 

フィンランドでは、

単純に無言を気まずいと

感じないのが理由だ。

 

 

寡黙な日本人に近いといわれ、

黙っていても温かく

穏やかなのが魅力である。

 

 

シャイな面もあるので

アプローチが苦手だ。

 

酒の席に気になる女性がいても、

遠くから見ていることも多々。

 

 

フィンランド人男性との恋愛は、

積極的に女性がリードしても問題はない。

 

 

フィンランドの男性の

平均身長は178cmと

日本より随分高い。

 

しかし、フィンランド人男性の身長は

他のヨーロッパの男性平均よりは低いのだ。

 

 

フィンランドは

男性育児大国という

素晴らしいものがある。

 

 

フィンランドの男性の

育休取得率はなんと約8割。

 

フィンランドでは、

男性が育児休暇を取ることなど

当たり前なのだ。

 

 

おまけに、フィンランドの男性は

家事は夫婦ですることを

当たり前としている。

 

共働きが多いことも特徴だが、

男性が家事も率先して行う。

 

 

育児に積極的なことも頷ける。

 

 

 

 

 

 

フィンランドの男性の名前って?男性名やお土産について

 

フィンランドの男性の

民族衣装について

知っているだろうか。

 

カンサリスプクと呼ばれるもので、

白いシャツにベスト、

靴下といった出で立ちだ。

 

 

女性のカンサリスプクが華やかなため、

男性のものはあまり知名度は高くない。

 

 

また、サーミ族の

コルトという民族衣装もある。

 

こちらは色鮮やかな

ケープを羽織り、

地域により色も異なる。

 

 

フィンランドの男性の名前は、

ユハニやミカエル、ヨハンネスなど

ヘブライ語に由来しているものが多い。

 

 

最後に、日本から

フィンランド男性にあげて

喜ぶお土産も紹介する。

 

甘いものが好きなら

日本のチョコ菓子は格別だ。

 

 

それも、高級菓子ではない。

 

おすすめは

カントリーマアムや

アルフォートである。

 

 

これは甘いものが好きな外国人に

ほぼ間違いなくウケてきた。

 

 

また、

アルコールが好きなら

酒も人気がある。

 

外国には

SAKEという言葉があるほど、

日本の酒は人気なのだ。

 

 

好き嫌いがあまり分かれないのは

梅酒だとおすすめしておく。

 

 

フィンランド男性に

手土産を渡すときは、

ぜひ参考にしてほしい。

 

 

 

まとめ。フィンランドの男性について

 

フィンランドの男性の魅力については、

日本人男性にとって耳が痛いものもある。

 

日本でも推奨されているといっても、

まだまだ理解されない男性育児などだ。

 

 

育児に協力的な人はもちろんいるが、

それだけでは許されないのが日本である。

 

 

いくら気合いがあっても、

古き習慣から会社が

認めてくれないことも多々あるのだ。

 

社会的に推奨されている国とは

やはり勝手が違ってくる。

 

 

そこに甘んじて家事をしないというわけではないが、

フィンランドの男性を見習いたいところは多々ある。

 

日本の女性が彼らを

魅力的に思うことも頷ける。

 

 

フィンランドは

魅力の詰まった

国であることがわかった。

 

フィンランドの男性と

付き合いがある人は、

ぜひ参考にしてほしい。

 

 

日本のものを喜ぶフィンランド人も多いので、

訪れる際は甘いお菓子で

家族の心を鷲掴みである。

 

 

フィンランドに住みたいと語る正光。

自分と同じく白子が大嫌いだ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ