フランスの男性の呼び方!育児休暇、性格と恋愛のアプローチ、お土産のブランドや男性歌手のファッションなど


 

フランスの男性はおしゃれで、

恋愛のアプローチが上手というイメージが。

 

そのため、フランスの男性と

結婚したいと思っている日本の女性がいる。

 

 

ただ実際、フランスの男性は、

どんな性格なのか、あまり知らない人が多い。

 

フランス男性の名前や

ファッションも気になる。

 

 

また、フランス旅行のお土産に

どんな品物を渡せばいいかも調べてみた。

 

 

 

フランスの男性と恋愛!性格は?育児休暇をしっかり取る?

 

フランスの男性と結婚したいなら、

フランスの男性の事を知っておく必要がある。

 

フランスの男性と

日本人の性格や考え方が違うからだ。

 

 

まずフランスについて調べてみた。

 

 

フランスの正式国名は、

フランス共和国である。

 

面積は54万4000平方キロメートル。

 

人口は、約6,699万人。

 

 

宗教は、

カトリック・イスラム教・

プロテスタント・ユダヤ教である。

 

 

フランス人の特徴は、

プライドが高く愛国心が強い。

 

フランス人は本音の会話をしたいので、

曖昧な返事をしないのだ。

 

 

そしてフランス人は、

議論する事が好きなのである。

 

 

フランスと言えば、

フランス革命を思い出す。

 

フランス革命が行われている間に、

フランスで男性普通選挙が行われた。

 

 

男性のみだが、財産制限のない選挙だ。

 

フランスは、世界で初めて

男性普通選挙を行った国なのである。

 

 

ところでフランスの男性は、

どんな性格なのだろうか。

 

フランス人の性格は、

おしゃべりが好きで自己主張が強い。

 

 

そして時間には

ルーズなところがある。

 

 

フランスの男性は、

ロマンティックな恋愛を好む。

 

フランスの男性は

この女性が好きだと思ったら、

すぐにアプローチをする。

 

そして、好きな女性に対して、

「君はきれいだ」など

ストレートに表現をするのだ。

 

 

日本の男性が

なかなか言えないセリフである。

 

 

フランスの男性と恋愛や結婚に、

日本の女性が憧れるのは当然だ。

 

 

しかしフランスの男性と

結婚した場合どうなのだろうか。

 

フランスの男性は

子育てに協力的なのか、

気になるところである。

 

 

フランスの男性は育児に積極的だ。

 

フランスの男性は、

産休と育児休暇を取得する権利がある。

 

子供が生まれたら、

父親は11日の産休を

取得する事が出来るのだ。

 

 

多胎の場合は、

18日の産休を取得する事が

可能なのである。

 

 

フランスの男性が

取得する事が出来る育児休暇は、

どうなっているのだろうか。

 

子供の人数によって休暇日数が違う。

 

 

例えば子供一人の場合。

 

1才の誕生日まで、

それぞれ6か月の育児休暇を

取得する事が出来るのだ。

 

 

日本の女性は、

このフランスの充実した制度が

うらやましくなる。

 

妻が出産する場合、

男性には産休がない。

 

日本の男性は、

有給休暇を使って妻の出産時に休む。

 

しかしそんなに休む事が出来ない。

 

 

日本の男性も

育児休暇を取得する事が出来る。

 

しかし2018年度の

日本の男性の育児休暇取得率は

6.16%だ。

 

日本の男性は、

育児のために休暇が

なかなか取れないのが現状である。

 

 

 

フランスの男性名って?男性の名前や名の呼び方、男性名詞など

 

フランス人の名前には、

どんな特徴があるのだろうか。

 

 

フランス人は、

最低二つの名前を持っている。

 

カトリック信者の中には、

四つの名前を持っている人がいるのだ。

 

 

よく使う名前はファーストネーム。

 

二つ目から四つ目の名前は、

普段は使わない。

 

 

普通の名前は一つの単語。

 

二つの名前にハイフンをいれて

ワンセットにしている名前がある。

 

 

フランス人の名前は、

聖人や神様を由来にした名前が多い。

 

 

フランス人の苗字を見てみると、

苗字の前に「de」が付いているフランス人がいる。

 

苗字の前に「de」が

付いている人は、貴族だった家だ。

 

知り合ったフランス男性の苗字の前に

「de」が付いていたら、昔は貴族だった事が分かる。

 

 

日本では「さん」や「君」を付けて名前を呼ぶ。

 

フランスでは名前を呼ぶ時、

どうすればいいのだろうか。

 

 

フランスでは、

男性や女性に対しての呼び方が違う。

 

フランスの男性を呼ぶ場合、

苗字の前に「monsieur」を付ける。

 

 

女性の場合は、

既婚と未婚の女性で呼び方が違う。

 

既婚女性は

「madame」を苗字の前につける。

 

未婚の女性の場合は、

「mademoiselle」である。

 

 

子供を呼ぶ時には、

monsieurやmademoiselleを使わない。

 

覚えておこう。

 

 

フランスの男性の

名前について調べてみた。

 

フランスの男性の名前で

かっこいい名前を紹介する。

 

「ガブリエル」「アレクサンドル」

「アーチュウ」「ラファエル」

「ポール」「マクシム」などだ。

 

 

フランスの男性名の由来は、

どこにあるのか気になる。

 

またフランスの男性の名前には、

どんな意味があるのだろうか。

 

まず名前の由来を調べてみた。

 

 

ガブリエルの場合は、

旧約聖書の天使の名前である。

 

語源はヘブライ語だ。

 

 

アレクサンドルの場合は、

アレクサンドロス大王が由来である。

 

 

アーチュウは

アーサー王の別な読み方だ。

 

 

ラファエルの由来は天使の名前。

 

 

ポールは、キリストの弟子が由来である。

 

語源はラテン語だ。

 

 

マクシムの由来は、

ラテン語の男性名のマクシムスである。

 

 

次にフランスの男性名の意味だ。

 

ガブリエルは

強い神という意味である。

 

 

ラファエルは

癒しの神という意味。

 

 

マクシムは

最も偉大な者という意味だ。

 

 

フランスの男性で

人気の名前はどんな名前だろうか。

 

フランスの男性に人気のある

名前のランキングを調べてみた。

 

 

2018年の男の子名前ランキング

 

1位:ガブリエル

2位:ラファエル

3位:レオ

 

 

フランス人は、愛称で

人を呼んだりするのだろうか。

 

日本と同じように、

フランス人も人を愛称で呼ぶ。

 

 

フランスにおける

男性の名前の愛称を紹介する。

 

ラファエルは、ラフ。

 

マクシムは、マックスだ。

 

 

ところでフランス語の名詞には、

男性名詞と女性名詞がある。

 

フランス語の名詞が

男性名詞か女性名詞の

見分け方を覚えておこう。

 

 

人間や動物の自然の性は

フランス語の文法上でも同じ性。

 

例えばpereは日本語だと父である。

 

これは男性名詞だ。

 

 

名詞の語尾で

男性名詞と女性名詞が分かる。

 

男性名詞の場合、

語尾がmentやismeがあると男性名詞だ。

 

 

フランス以外の国から入ってきた外来語は、

男性名詞としてフランス語の文法で扱われる。

 

 

フランス語を勉強するなら、

男性名詞と女性名詞の違いを覚えておこう。

 

 

 

 

 

 

フランスの男性のブランド!お土産なら?

 

フランスへ行ったら、

男性にどのような

お土産を渡せばいいのだろうか。

 

 

フランスにある男性の

ブランドを調べてみた。

 

フランスには、

多くの有名ブランドがある。

 

モンクレール、ラコステ、ミッシェルクラン、

エルメス、ルイ・ヴィトン、ゴヤール、

ヴァンクリーフ&アーペルなどだ。

 

 

お土産にするなら、

どのような品物を選べばいいか悩んでしまう。

 

 

高級ブランドであればネクタイだ。

 

しかしネクタイの場合、選ぶのが難しい。

 

おすすめのお土産を調べてみた。

 

 

まずドイツのブランドである

LAMYの万年筆やボールペンだ。

 

フランス限定のモデルがあるので、

お土産に購入してみよう。

 

 

サッカー好きの男性ならサッカーグッズだ。

 

パリ市内に公式ショップがある。

 

ヨーロッパで有名な

サッカーチームのロゴのある商品を

購入する事が出来るのだ。

 

 

テニスが好きな男性であれば、

ラコステでお土産を選んでみよう。

 

 

お酒が好きな男性なら、

ワインがおすすめである。

 

 

面白いお土産を贈りたいと

考えているなら、地下鉄グッズだ。

 

パリ交通公団のライセンス商品を

取り扱っている店で販売している。

 

品物には

地下鉄の路線図が書かれており、かわいい。

 

 

美術館に行くと、

ミュージアムショップがある。

 

ミュージアムショップで

お土産を選ぶのもおすすめだ。

 

 

お土産を渡す相手の好みや

立場を考えて選ぼう。

 

 

 

フランスの男性のファッションや男性歌手を紹介

 

おしゃれな人が多い職業は、

モデル以外だと歌手や俳優が頭に浮かぶ。

 

 

フランスの男性歌手に

ジュリアン・ドレがいる。

 

日本でライブをした事もある

イケメン歌手だ。

 

 

ところでフランスの

男性を見ると、おしゃれである。

 

どうしてフランスの男性は

おしゃれなのだろうか。

 

 

まずフランスの

男性ファッションブランドを知っておこう。

 

男性のファッションブランドには、

モンクレール、ラコステ、ミッシェルクランがある。

 

 

おしゃれな男性に人気があるのは、

高級ブランドだけではない。

 

 

フランスでは、

ユニクロが若い男性から

年配の男性に人気なのだ。

 

 

フランスでは、

男性のファッションで夏の場合を知りたい。

 

インターネットで調べてみたら、

白いTシャツに黒いズボンを着ている。

 

シンプルだが、とてもかっこいい。

 

 

フランスでは、

中高年の男性がおしゃれだ。

 

中高年男性がおしゃれなのは、

子供の時から受けた教育。

 

 

フランスの教育では、

歴史・文化・芸術などを

子供達に自然に触れさせている。

 

そして子供達には、

自分の意見をはっきり言える

教育を行っているのだ。

 

この教育のおかげで、

自分にはどんな服装が似合うか

決める事が出来る。

 

 

ところでバレエの時に着るレオタード。

 

19世紀にフランスの男性が

レオタードを初めて着たのだ。

 

 

フランスの男性は、

昔からおしゃれだったのだろうか。

 

 

18世紀と19世紀の

フランスの男性の服装について調べてみた。

 

 

まず18世紀の

フランスのファッションについて、

男性はどうだったか知っておこう。

 

18世紀の貴族の男性は、

コート・ベスト・シャツ・

ズボン・ストッキングを着ていた。

 

 

コートはスカートのように広がっていた。

 

コートやベストには、

華やかな刺繍がついていたのが特徴。

 

カフスには高価なレースを

使っていたのである。

 

コートの下に着たシャツには、

フルドレスシャツと服装シャツがあった。

 

フルドレスシャツには、

細かいファブリックや

レースのフリルが付いていたのだ。

 

 

ズボンはひざ丈である。

 

ストッキングはシルク素材で、

タイツの元祖。

 

フランスの男性は、

タイツを着用していたのだ。

 

 

靴は黒色である。

 

 

18世紀の終わりになると、

フランス革命が起こった。

 

フランス革命の後になると、

長ズボンとブーツを着るようになったのである。

 

膝丈のズボンや

ストッキングを着なくなったのだ。

 

 

19世紀のフランスの

ファッションに関して男性は、

どうだったのだろうか。

 

19世紀になると、

上着の裾が短くズボンはぴったりしていた。

 

上着は、燕尾服である。

 

 

燕尾服は痩せていないと似合わない。

 

男性用コルセットが

その当時あったのだ。

 

 

現在でも男性は、

フォーマルな場所で燕尾服を着る。

 

 

昔のフランス男性も、

おしゃれだった事が調べて分かった。

 

 

 

まとめ。フランスの男性と会話するならフランスについて知っておこう

 

フランスの男性と

会話をするならフランス語だ。

 

フランス語を勉強しておこう。

 

 

フランス語の名詞には、

男性名詞と女性名詞がある。

 

男性名詞と女性名詞の違いを

しっかり覚えておく。

 

 

フランス語だけではなく、

歴史や文化についても勉強しておく必要がある。

 

フランスの男性と会話をしたい場合は、

歴史や文化を知っておくと便利だ。

 

 

フランス人に会う前に

知っておかなければならないのは、

名前の呼び方。

 

名前の呼び方も覚えておく。

 

 

フランスで男性と知り合う前に、

男性の名前の由来などを調べてみると面白い。

 

 

そしてフランス人と会話する場合、

曖昧な返事をしないように気を付けよう。

 

 

ところでフランスは、

育児に優しい国である。

 

日本の働いている女性には

うらやましい国だ。

 

フランスでは男性の産休や育休が取れるので、

フランスの男性は育児に協力してくれる。

 

 

フランスの男性と知り合う前に、

しっかりとフランスの

習慣・文化・歴史を知っておこう。

 

 

フランス男性のパスカルと最後に話したのは、原宿ラフォーレの前。

自分と同じく「かつ丼」が大好きな変わった外国人だった(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ