イエメンの女性差別!教育と論文(女性差別背景)、女性労働や名前など…女性問題と女性の地位、服装(民族衣装)は女性なら?


 

中東のアラビア半島南端部に

位置しているイエメン共和国。

 

1990年にイエメン共和国が

成立という事だから

かなり最近できた国だ。

 

 

繰り返し内戦が起こっていて

治安も悪そうな国なのだが、

日本ではあまり話題になってはいない。

 

コロナウイルスの

感染拡大を阻止するために停戦もしたが・・・

 

 

そんなイエメンの女性は

どのような生活を送っているのか

ほとんど知られていない。

 

 

女性の地位は低く

良い生活をしているようには思えないのだが、

実際はどうなのだろうか?

 

この記事で紹介しよう。

 

 

 

イエメンの女性差別!女性の差別の論文について

 

イエメンの女性の地位は

イメージ通りというと少し嫌な感じだが、

良いとは言えない。

 

 

児童婚や人権侵害や人身売買など、

イエメンの女性問題は数多くあり、

最も男女の差が激しい国とされている。

 

 

イエメンの女性の10人に1人は

学校に通い教育を受けることはできない。

 

児童婚させるのだから

教育を受ける必要が

ないという事だ。

 

 

児童婚がある理由は、

イエメンでは結婚の

年齢制限が設けられていないから。

 

そのため、

8歳で結婚している子もいる。

 

日本では考えられないことだ。

 

 

なぜ年齢制限を設けないのか。

 

イスラム教の教えと

説明はしているがそれは建前の話。

 

 

本当のところは男性の男らしさや

強さをアピールしたい部族の

考えを優先しているとか。

 

 

あまりにも低年齢での結婚のため、

初夜で内臓破裂を起こし

亡くなるという少女が多い。

 

批判され問題視し、

17歳という制限を設けようと

法案が提案されたが不成立となっている。

 

 

イエメンの女性差別背景には

経済的困窮がある。

 

家族が困窮し娘を嫁がせ、

結婚資金で生活するために

児童婚が横行しているのだ。

 

 

イエメンの女性労働も

男性74%に対し女性は26%と低く、

男女で大きな差がある事がわかる。

 

 

イエメン女性に教育を受けさせようという

運動も起こっており、問題点などを

提示した論文なども発表されている。

 

 

完全に児童婚が

無くなるまでには

時間がかかりそうだ。

 

 

 

 

 

 

イエメンの女性の画像を紹介。わがまま?脈ありのサインとベッド、イエメン女性の本音

 

イエメン女性はイスラム教徒という事もあり、

スカーフなどで顔を覆い

肌は見せない服装をしているのが特徴。

 

 

イエメンの民族衣装は

場所によって若干の違いがある。

 

地方に行くとお面のようなもので

顔を隠す女性の姿も見られる。

 

 

イエメンの女性は

男性の方が立場が上という事もあり、

わがままな性格の人は少ない。

 

どんな男性がタイプでどんな恋愛観を持つのか、

どんな対応をされたら脈ありなのか情報がない。

 

 

児童婚が普通とされているこの国の女性は、

自分が恋愛して結婚するという事は

ないと感じているだろう。

 

イエメン女性の本音を言えば児童婚なんてしたくないし、

何十歳も年上とベッドに、なんて

命の危険もあるのだから嫌に決まっている。

 

 

イエメンの女性は結婚すると

奴隷として扱われ名前すら

よんでもらえないこともあるのだ。

 

 

イエメン女性の画像を検索すると

綺麗な女性の画像と共に、

内戦で負傷したのか男性に暴力を振るわれたのか。

 

顔にけがをしている写真や、

児童婚をしたのか何十歳も年上の男性と

並んで映る画像も多く出てくるのが現実。

 

日本の平和さに安心感を感じてしまう。

 

 

 

まとめ。イエメンは貧困や人権問題が根強く残る国

 

内戦だけでも

生活に不安をもたらす。

 

だが、問題はそこだけではなく

貧困や女性の人権問題まである国だ。

 

 

児童婚に関しては

何人もの少女が亡くなっている。

 

にも関わらず、男性陣の権力を表すという

プライドの為に、年齢制限を定めようという動きを

不成立にさせてしまうのだから闇深い。

 

 

女性の教育は差がなくなってきてはいるが、

労働の男女の差に関しては

日本もまだまだ課題が多い国ではある。

 

だが、世界全体が男女の差が

ないことが当たり前になることを願う。

 

 

イエメンの情勢に詳しい勝弘。

自分と同じ元ネガティブ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ