イギリスの女性の平均身長は?名前の愛称(女性名)や女性歌手(女性シンガー)の一覧…女性参政権やコロナ、女性首相とファッションなど


 

イギリスと言えば

マナーに厳しく

優雅という言葉が似あう。

 

 

男性は皆紳士的という印象があるが、

イギリスの女性はどうだろう。

 

美人が多いという事は確かなのだが、

他の情報が意外に少ない。

 

 

そこで、この記事で

具体的な特徴をまとめる。

 

有名人も調べてみよう。

 

 

 

イギリスの女性、平均の身長は?平均身長とファッション、コロナ…わがまま?脈ありのサインとベッド、イギリス女性の本音

 

イギリスと言えば

日本では旅行先としてだけでなく、

留学先としても人気がある国。

 

日本でも度々

ロイヤルファミリーについての報道もあるので、

イギリスのイメージは思い浮かびやすいだろう。

 

 

また世界的に

有名な人も多いので

関心を持っている人も多い。

 

 

イギリス女性の

平均身長は163.5㎝。

 

日本人女性で158㎝なので、

やはり身長は高いと言えるだろう。

 

 

性格的に愛国心が強く

マナー意識が高いのが特徴。

 

基本的なマナーや

譲り合いの精神など、

子供の頃から教えられている。

 

 

意外だが

過度なスキンシップは

嫌がられる事もある。

 

コロナが流行っている

今なら尚更だ。

 

 

日本人にとっては感覚が似ているので、

普段通り接すれば脈ありに

近づけるのではないだろうか。

 

 

要するに、軽々しく

ベッドに誘うなんて事を

してはいけないという事だ。

 

イギリス男性のように

紳士的に接するべきだ。

 

 

うわさ話や陰口が

好きという一面もある。

 

気は強いというが

わがままではない。

 

 

しかしイギリス女性の本音は

しっかり仲を深めないと

聞けないので気を付けよう。

 

 

ファッションデザイナーも

数多くいるイギリスでは

女性も活躍している。

 

イギリスの

女性用ファッションブランドは

日本でも人気だ。

 

 

イギリスの女性のファッションは歴史も古く、

1830年ごろにはコルセット付きの

きらびやかなドレスを着ていた。

 

イギリスの19世紀ごろのファッションは、

女性なら1度は着てみたいデザインの

ドレスがあるのではないだろうか。

 

 

 

イギリス女性の名…名前の愛称と女性名、人気なのは?

 

イギリスの女性の名前は、

花や優しいや綺麗など、

意味のある言葉を名前に取り入れるのが人気。

 

 

日本でも同じだが、

イギリスの女性の名前も

意味を込めて付けられている。

 

 

また、イギリスは70%が

キリスト教徒という事もあり、女性男性共に

名前は聖書などに由来していることも多い。

 

 

イギリスの女性の

名前の一覧をみると、

様々な素敵な名前がある。

 

有名人の名前は

人気があるようだ。

 

 

イギリスの女性も男性も名前のランキングには、

その時に話題になった人の名前が必ず入ってくる。

 

 

またイギリスの名前には

ミドルネームが入る。

 

女性名では「キャサリン」や「エリザベス」など

ロイヤルファミリーを意識したり、

海や星などの自然に関係したものなど様々だ。

 

 

名前全体の相性も

考えてはいるだろうが、

ミドルネームは割と自由度が高い。

 

 

またいくつもの

ミドルネームを持っている。

 

 

イギリスの女性の名前の中には、

昔愛称として使われていた名前が

正式名として使われるようになったものも多いようだ。

 

 

名前の付け方に

変化がみられるのは

日本もイギリスも変わらない。

 

 

日本人から見たら

イギリスの女性の名前はみなかっこいい。

 

だが、イギリスの女性からしたら

自分の名前は古いなんて

感じる人もいるだろう。

 

 

イギリスの女性名とは別に

愛称で呼ばれる事も多い。

 

ウィリアム王子の妻キャサリン妃も

「ケイト」と愛称で親しまれている。

 

 

キャサリン妃が着た

服や髪形が流行ることを

「ケイト効果」と呼ぶ。

 

イギリスでも

付けてはいけない

女性名詞もあるようだ。

 

イギリス女性名の意味など

確認して名づけなくてはてはいけない。

 

 

 

 

 

 

イギリスの女性、歌手(シンガー)一覧!女性歌手、女性シンガー(シンガーソングライター)…80年代のグループなど

 

イギリスの歌手は

シンガーソングライターでも

グループでも人気がある。

 

ワンダイレクションや

クイーンもイギリスの歌手だ。

 

 

ではイギリスの女性シンガーで

有名なのは誰だろう。

 

 

リタ・オラやアデルは

イギリスの女性歌手で、

ランキングにも名前が上位にのっている。

 

またイギリスの女性歌手として

グラミー賞も受賞している。

 

 

グラミー賞を受賞したことのあるイギリスの

女性シンガーは他にもおり、もうすでに

死亡しているがエイミー・ワインハウスも人気があった。

 

しかし彼女は少々

お騒がせな所もあり有名であった。

 

 

イギリスの女性シンガーで

80年代は、ノーランズは

姉妹グループで人気があった。

 

 

イギリスの女性シンガーで

グループのアトミック・キトゥンは

1990年代大ヒットした。

 

イギリスでは女性シンガーが

90年代グループでのヒットが多い。

 

 

アトミック・キトゥン以外にも

spiceGirlsも人気があった。

 

 

日本ではあまり知られていないが、

イギリスの音楽と言えば

オルタナロックも有名。

 

 

イギリスの女性シンガーでも

オルタナロックで人気な

バンドグループが、GoaGirlだ。

 

 

イギリスの女性シンガーは、

見た目で人気が変わるのではなく

実力での人気である。

 

 

 

イギリスの文学、女性の作家は?19世紀のイギリスの女性作家など

 

イギリスと言ったら

文学は外せない。

 

 

シェイクスピアは、

誰でも聞いたことがある

作家ではないだろうか。

 

 

17世紀に発表された

「ハムレット」「ロミオとジュリエット」

などが有名作品である。

 

人気が高いため、

演劇の世界でもたびたび

演目として使用されている。

 

 

18世紀には

ジョナサン・スウィフトの

「ガリヴァー旅行記」。

 

ヘンリー・フィルディングの

「トム・ジョウンズ」を発表した。

 

 

19世紀になると

ルイス・キャロルの

「不思議の国のアリス」が発表されている。

 

 

イギリスの文学は

多くの人に親しまれている。

 

 

では女性作家は

活躍していたのか。

 

 

18世紀のイギリスの女性作家は

「プライドと偏見」などを書いた

ジェインオースティンが有名だ。

 

彼女の書いた書籍は

映画やドラマにもなっている。

 

 

19世紀には「ジェーン・エア」を書いた

プロンテ姉妹のシャーロットや、

「嵐が丘」を書いたエミリーがいる。

 

 

 

イギリスの女性、参政権の運動と首相…女性参政権と女性首相について

 

イギリスでは今でこそ

女性首相が誕生しているが、

女性差別が根づいていた歴史がある。

 

 

イギリスの女性参政権は

世界で見たら遅いと言えるのだろうか。

 

ではイギリスの

女性差別の始まりは

いつだったのか。

 

またイギリスの女性差別は

いつから女性首相が誕生するまで

変化してきたのであろうか。

 

 

1865年イギリスの哲学者によって

女性参政権を訴えるところから

歴史が始まっている。

 

 

イギリスの女性たちは、女性参政権獲得の為に

サフラジェットと称し活動を行っていたが、

なかなか問題解決に動きを見せなかった。

 

サフラジェット達は

イギリスの女性政権をダービーで訴えており、

その映像も残されている。

 

 

イギリスの女性政権に動きを見せるのは、

第一次世界大戦での女性の働きである。

 

軍需品の生産で

女性の活躍がたたえられ

女性の投票権が与えられるようになったのだ。

 

 

イギリスの女性参政権運動の

意義を伝え続けてきたサフラジェットは、

投票権を与えられたことで解散することとなった。

 

 

これはイギリスの女性の

地位の変革と言える。

 

 

2018年イギリスは

女性参政権を与えられてから

100周年を迎えた。

 

 

国会の前には初めて女性の銅像が建てられ、

新しい歴史のスタートとなっただろう。

 

 

「未来を花束にして」という

イギリスの参政権の映画が作られ

日本でも公開されている。

 

女性差別について考えさせられる。

 

 

イギリスの参政権は

世界史の1ページに載り

語り継がれる必要があるだろう。

 

 

イギリスの女性の地位は

変革が起こったとは言える。

 

だが、キリスト教での

女性の地位は

今でも低いと言われている。

 

まだまだ課題がありそうである。

 

 

 

まとめ。差別を乗り越え様々な分野で活躍するイギリス女性

 

イギリスの女性は

音楽・文学と

様々な分野で活躍している。

 

 

見た目も美しく、

マナーも品もある女性が多いので、

注目を浴びている。

 

 

だが、歴史をさかのぼると、

今では考えられない

女性差別があったことがわかる。

 

イギリスは女性首相がいるので、

男女平等なのだろうと勝手に思っていた。

 

 

だが、女性の参政権が与えられ

今のようになったのは歴史は浅い。

 

まだまだ課題は

多いのだと感じる。

 

 

映画や世界史の教科書などで

女性差別について

伝えていくことが大切だ。

 

 

ロンドンで現地女性との恋愛にハマった永田。

それでも、自分と同様「結婚はいらない」と語る(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ