イラク人質事件!今井紀明や高遠菜穂子、自己責任論について…人口や英語、男性や女性、台湾やイラク人道復興支援も紹介


 

イラクは今もなお何かと問題が残る国だが、

そんな国で過ごしているイラク人。果たして

どんな特徴があるのか、日本にいるとよく分からない。

 

そこで今回は、

イラク人について紹介していく。

 

 

また、人についてだけではなく、

イラクはどんな国なのかにも言及。

 

さらに、2004年にイラクで起きた、

日本人が誘拐され人質として拘束されてしまった事件、

通称イラク人質事件についても紹介する。

 

 

 

イラク人口!人口の他に英語や名前、男性や女性の性格、台湾とイラク人女性についても紹介

 

まずは国について紹介。

 

イラクは中東にある国で、

国の面積は約44万平方キロメートル。

 

日本の約1.2倍の面積の国だ。

 

人口は約3900万人で年々増加している。

 

 

アラブ人とクルド人が多く、

言語はアラビア語・クルド語だ。

 

 

首都バグダッドは治安が改善され、

夜遅くまで家族や友人と過ごす人の姿が増えているという。

 

 

イラク人イケメンは、

彫りの深い濃い顔が特徴だ。

 

鼻が高くキリっとした目をしている。

 

身長はそれほど高くない人が多い。

 

 

イラク人美女は、

高い鼻と切れ長の目が特徴だ。

 

唇は厚く肌は褐色で小柄な人が多い。

 

 

イラク人の性格の特徴は、

プライドが高い、他人をあまり褒めない、

家族思いなどがある。

 

 

イラク人に限ったことではないが、

相手のプライドを傷つけることは

絶対に避けるべきだろう。

 

 

イラク人男性の名前・イラク人女性の名前は

どんなものが多いのかは、

こちらのサイトで見ることが出来る。

 

名前の仕組みや意味も

知ることが出来るので、

目を通してみてはいかがだろうか。

 

https://belcy.jp/72866

 

 

上に書いた通り、

イラクはアラビア語・クルド語が主流なので、

イラク人は英語があまり得意ではない。

 

イラク人の英語の発音は巻き舌になるのが特徴だが、

英語が通じる人もいるので心配はいらないだろう。

 

 

イラク人と日本人が結婚したり

イラク人が日本在住したりと、

イラク人が日本に来ることもあるだろう。

 

だが、イラク人を日本に呼ぶには

少し手続きが必要になる。

 

イラク人が日本に来るにはビザが必要だ。

 

 

1992年まではビザが不要で、

必要でも審査がゆるかったので

イラクから来る人も多かった。

 

しかし、近年はビザが必須で

日本に来ることが難しくなり、

来日するイラク人は少ない。

 

 

去年5月、台湾で殺人を犯した

イラク人英語教師が台湾から日本へ逃亡したという

ニュースがあったのを覚えているだろうか。

 

こういったイラク人関連の事件は、

過去にも発生している。

 

 

次は、2004年に起きたイラク事件について紹介しよう。

 

 

 

イラクなど海外で自由に暮らすための

安定収入構築法とは?

 

 

イラク人質事件について…今井紀明や高遠菜穂子、自己責任論や人道復興支援(特措法)など

 

イラク人質事件とは、イラクに入国した

今井紀明氏、高遠菜穂子氏、郡山総一郎氏が

イラクの武装集団に拘束され人質となった事件だ。

 

 

かなりの大事件だったが、

イラク人質事件関連の記事を読むと、

正直この三人には好感が持てないのが個人的な意見だ。

 

・イラク人質事件は自作自演だった

・イラク人質事件の内調をリークした

・避難勧告を無視してイラクに入国した

 

など行為を行っていたのでは、と言われている。

 

 

入るなと言われたのにイラクに入国したので、

イラク人質事件では自己責任論も出た。

 

イラク人質事件の自己責任論の映像は

今でも残っており、動画サイトで見ることが出来る。

 

 

それにしても、

調べれば調べるほど

この3人には呆れる。

 

通称イラク3馬鹿と呼ばれているが、

そう呼ばれても仕方ないと思えなくもない。

 

 

ちなみに、イラク人質事件に

大きくかかわったのがアントニオ猪木氏。

 

レスラーとしても有名なので、

知っている人も多いはずだ。

 

当時の活動の様子も

動画サイトで見ることが出来る。

 

 

2011年に終結したイラク戦争だが、

国が負ったダメージは大きい。

 

そこで、イラクの再建を支援するために

イラク人道復興支援特別措置法が定められた。

 

イラク人道復興支援は

陸上自衛隊をイラクに派遣し

多くの支援活動を行った。

 

陸上だけでなく、

イラク人道復興支援活動は

航空自衛隊も派遣された。

 

 

イラク人道復興支援特措法の条文は

首相官邸のホームページをはじめ

多くのサイトで確認が出来る。

 

 

中には表記を日本語から

英語に変更できるサイトもある。

 

イラク人道復興支援を英語で、

イラク人道復興支援活動を英語で、

イラク人道復興支援特措法を英語で知りたい場合でも心配ない。

 

 

外国人を人質にして攻撃の手を緩めさせようとする

イラク人の縦作戦など、ISによるテロ活動があったことから、

IS関係者へのイラク人権侵害が頻繁に起こっている。

 

少しずつ解決してはいるようだが、

イラクにはまだまだ問題が残っている。

 

 

全ての問題が解決し、

平和が訪れる日がいつか来るのだろうか。

 

 

 

まとめ

 

イラク戦争やISによるテロ活動など、

不安が相次ぐ国イラク。

 

だが、イラク軍が奪還したことにより、

住民が戻り復興が進んでいる都市もある。

 

国についてはニュースなどで良く聞くが、

住んでいる人については

あまり知らなかったのでは?

 

 

イラク戦争は終わりを告げ、

ISの威力も昔と比べて小さなものになったが、

今でも世界各地で被害は出ている。

 

イラクには普通の生活を

送れていない人が大勢いるのだ。

 

 

今までに起きてしまったテロ事件を

忘れずに過ごすように心がけなければ

いけないのではないだろうか。

 

 

規模が縮小したことから

ISへの世間の関心も

薄れているのではと感じている。

 

しかし、関心が薄れたのは自分も例外ではないと、

今回イラク人について調べ、気づかされた。

 

 

イラクに関するニュースを

定期的に見るように心がけたいところだ。

 

 

これからイラクがどこへ向かうのかは分からないが、

いつかイラクに平和が戻り、住まう人々も観光客も、

不安や心配を抱えずに街の中を歩くことが出来るように願うばかり。

 

イラクに住まう人々の容姿・性格は

どんな感じなのか、一度目を向けてみてはいかがだろう。

 

 

 

イラクになぜか魅了されているのは、

自分と同じ強めのマザコン南川(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ