イランを女性が一人旅!女性タレントや性格、女性差別、スカーフなど服装、画像やサッカー観戦…死刑や美人、名前など


 

イランの女性は

目鼻立ちが整っていて美人が多い。

 

そんなイメージを持つ人がいるが

果たして本当なのか、よく分からない。

 

 

そこで、この記事では

イラン女性について掘り下げてみよう。

 

 

 

イランの女性は美人?性格はわがまま?脈ありのサインやベッド、名前など…イラン女性の本音

 

中東に位置する国。

 

2,500年以上前の

古代遺跡や宮殿があり、

歴史を感じさせてくれる国イラン。

 

 

イランと聞けば、テレビでは

シリアやサウジアラビア、

アメリカなどとの内戦や紛争など。

 

なんとなく治安が

悪い印象を受けてしまう。

 

 

そんな国へ旅行、

しかも女性が一人で

行くことはできるのか。

 

女性は肌を露出しては

いけないのは本当なのか。

 

そして実際にイランの女性は

女性差別を受けているのだろうか。

 

 

2018年FIFAワールドカップで

SNSで話題になったイラン、本当の姿とは。

 

 

ターバンを巻いて

ヘビをあやつるアラブ系を

想像する人も少なくないだろう。

 

しかしイランは

アラブ系ではなくペルシア系。

 

他の中東の国とは

少しイメージが異なる。

 

 

実際に現地に行ったり、

住んでいる人のブログを読むと、

意外にも治安が良いことが分かる。

 

 

イラン人は

フレンドリーでとても親切。

 

事実、旅行者は

とても歓迎される。

 

 

そして何より、

日本へのイメージを

良く持つ人が多い。

 

しかし中国人は嫌いなようだ。

 

 

アジア圏以外の国では

日本人と中国人の見分けがつかない。

 

「アイム ジャパニーズ」

とアピールした方が良い。

 

 

現在はイスラム教だが、

ペルシア人に信仰された

世界最古のゾロアスター教の聖地でもある。

 

 

イランの女性はイスラム教の教えにより、

身内以外の男性に美しいとされる

部分は見せてはいけない。

 

そのため、スカーフなどで

身をまとっている。

 

 

学校をはじめとする外出時には

顔の部分しか出さないため、

人に見せる顔の目や口の化粧や美容を怠らない。

 

 

また、目がくっきり大きく、

二重で鼻は鼻筋が通って高く美人が多い。

 

 

小さい頃から人とは違う、

自分だけの人生を歩みなさいと教えられている。

 

そのためか、

芯がしっかりしている

性格の女性が多い。

 

自分の意見を持っているからこそ、

かなりと言っていいほど自己主張が強く、

それがわがままだと感じる人はいるだろう。

 

 

女性は男性に従うもの

という価値観が根付いている。

 

もしイラン人女性があなたを気遣い、

支えようと一生懸命になると、

脈ありだと考えて良いだろう。

 

ちなみにイランの女性名として

ポピュラーなのは「アーイシャ」など。

 

 

 

イランの女性のスカーフなどの服装(夏)。一人旅で観光…旅行する女性の服装は?

 

イランの女性の服装といえば

全身を覆う黒い布の服「チャドル」。

 

イランの女性は

着用しなければならなかった。

 

だが、モスクに入る時以外は

必要ということはない。

 

 

若者であれば、被り物をして

ジーパンに丈の長いコートで

お尻を隠すファッションが主である。

 

これはイランの女性だけでな、

くイランに入国する女性

全てにおいて義務付けられている。

 

 

イラン空港には

「法律により女性は被り物着用が義務付けられている」

と書かれた注意書きが存在する。

 

 

スカーフで髪の毛を隠し、

顔以外の肌は露出しない。

 

体のラインが出ない服や、

アバヤを身に付ける。

 

 

これらは観光旅行の際の服装として、

特に女性は気を付けなければならない。

 

スカーフは色も柄も自由。

 

アバヤに関しては、

本物の着物を使って日本人が作っている、

着物アバヤというものもある。

 

イランの女性は

これらをファッションとして

楽しんでいる。

 

 

夏は内陸で最高気温40度にもなるため、

通気性の良い軽い素材の

ヒジャブという被り物も売られている。

 

ただし夜は場所によっては

0度近くまで気温が下がるところもあるため、

寒暖差に注意が必要だ。

 

 

また、女性が

イランを一人旅する際には

セクハラに注意が必要だ。

 

外国人女性には

イランの男性がとても

親切にしてくれるだろう。

 

その中にはボディタッチが多く、

マッサージをしてあげるなどの

言葉をかけてくる輩も少なくないのが現状だ。

 

 

 

 

 

 

イランの女性差別!女性の差別とサッカー観戦、死刑について

 

イランの女性は

前述でも述べたように

社会的制約が多い立場にある。

 

 

その他イランの

女性差別として例えば結婚法。

 

女性が初婚の際、

一人の女性に一人の男性保護者による

正式な承認が必要となる。

 

男性保護者とは

父親、夫、兄弟や息子を指す。

 

 

また、イランの女性差別の事例としては、

記憶にもまだ新しい

2018年サッカーの大会、FIFAワールドカップ。

 

 

イラン代表の応援を盛り上げようと、

首都テヘランに広告看板が作成された。

 

この看板に描かれたサポーターの中に

女性が全く居ないことに対して、

多くのSNS利用者が非難。

 

男性主義で差別的な看板だと、

女性差別問題が浮きぼりになった。

 

 

この看板は新しい看板になり、

それには女性のサポーターも

描かれたとのことだ。

 

 

2019年10月、それまで女性差別とも言えた、

イランの一般女性による

サッカー観戦が約40年ぶりにできるようになった。

 

 

同じくスポーツでは、

2016年リオオリンピックも

注目することがあった。

 

テコンドー女子57キロ級銅メダリストの

キミア・アリザデ選手が

2020年1月11日にイランを亡命したことだ。

 

 

彼女はイランの

女性を制圧する体制が

スポーツを政治利用している。

 

メダルだけが目当てで

女性を道具としか見ていないと非難した。

 

 

新型コロナウイルス感染で

話題となったイランの副大統領は女性。

 

だが、イランの女性官僚には

セクハラやパワハラが存在する。

 

官僚となるとお国のためと、

これらを我慢する人が多いという。

 

これも女性差別と言えるのだろう。

 

 

イランでは死刑執行が

中国についで多い。

 

 

2014年、男から性的暴行を

受けそうになったので殺害した女性が

死刑となった。

 

国際人権団体などが正当防衛として

刑の執行をしないように求めていた。

 

 

 

イランの女性のタレント(女性タレント)は?画像も紹介

 

イランの女性は社会的制約が多く

男性主義ではあるが、

教育に関しては男女の格差がほぼない。

 

 

イランには女性でも

大学卒業者が多く存在する。

 

大学生の比率は

女性が6割を占める。

 

 

イラン全土から100万人以上参加する、

コンクールという全国統一試験があり、

その順位で入学できる大学が決まるので競争も激しい。

 

 

イランでは医者は

女性の方が好まれる。

 

弁護士も多く、

最近ではタクシーの運転手に

女性が多い。

 

 

女性の社会進出に

関しては進んでいる。

 

 

2017年7月。

 

40歳の若さで、がんにより亡くなった

イラン人女性数学者のマルアム・ミルザハニ。

 

この学者は女性として

初めてフィールズ賞を受賞している。

 

 

日本でも活躍している

サヘル・ローズも

イラン人女性タレントのひとりである。

 

自分好みで言うと、

イラン人女優のタラネ・アリシュスティーは

イランを代表する美人女優ではないだろうか。

 

数々の最優秀女優賞を獲得している。

 

 

タラネ・アリシュスティーの画像

 

 

このようにイラン人女性の

社会での活躍も多々ある。

 

 

 

まとめ。イランは社会的制約が多いので旅行する際は注意

 

イランの女性について

少しはイメージがわいただろうか。

 

 

イランの女性は9歳以上だと、

外出時にスカーフやヒジャブを

着用しなければならない。

 

その他にも

社会的制約が非常に多い。

 

 

制約を破れば

10日~2か月の懲役や

罰金が科せられる。

 

これは外国人女性に

対しても同等だ。

 

 

女性がイランへ観光するなら

気を付けなければならない。

 

 

しかし、女性の行動をこれだけ

制限するからには女性は

男性に守られているのではないか。

 

女性差別の境界というのは

非常に難しいところだ。

 

 

しかし上手く男性を利用すれば

女性が気分よく過ごせる

国なのではないだろうかと自分は思う。

 

 

そしてイランに限らず、

日本でも一人だと危険なところがある。

 

どこの国へ旅行するにも

女性の一人旅は

気を付けなければならないだろう。

 

 

金町でお世話になった、イラン人のアミン。

自分と同じく太った日本猫が好きすぎる男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ