ユーゴスラビア人民軍とは?ユーゴスラビア人の女性など著名人、ユーゴスラビア人民共和国の人口や英語、人民解放軍の装備(ブーツ)など


 

ユーゴスラビアはかつてヨーロッパに存在していた国だが、

ユーゴスラビア人にはどんな特徴があったのか

日本人にはほとんど知られていない。

 

そこで今回は、ユーゴスラビア人について知っていこう。

 

 

 

ユーゴスラビア人民軍とは?人民軍の装備などを紹介

 

人民軍という名前を聞くと

中国の軍をイメージしてしまうかもしれない。

 

 

しかし、ユーゴスラビア人民共和国にも

かつてユーゴスラビア人民解放軍という

軍隊が存在していたのだ。

 

 

『パルチザン(正式名称:ユーゴスラビア人民解放軍およびパルチザン部隊)』

と呼ばれ、第二次世界大戦時の

枢軸国による支配に抵抗した勢力である。

 

主な構成はユーゴスラビア共産党の共産主義者で、

結成当初の数年はゲリラ的な性質だったが、

兵士の増加に伴い軍隊組織となった頃には『人民解放軍』と呼ばれることも増えた。

 

 

そんなユーゴスラビア人民解放軍は

装備として、当時敗退していた

ユーゴスラビア王国軍の装備を最初は使用していた。

 

しかし、後期になるとドイツ軍などから鹵獲した装備や

イギリスなどから供給された装備を用いて戦闘を行っていた。

 

装備の中には、ユーゴスラビア人民解放戦争で

戦車を撃退するための対戦車迫撃砲も存在していた。

 

 

ユーゴスラビア人民軍のブーツなどは

軍隊なので目立たないようにされていて、

現在は日本でもオークションサイトなどで取引もされている。

 

 

 

ユーゴスラビア人の女性ってどんな感じ?男性は?

 

ユーゴスラビアという国は現在はない。

 

スロベニア

クロアチア

ボスニア・ヘルツェゴビナ

セルビア

モンテネグロ

北マケドニア

 

という国々に独立している。

 

 

しかし、2003年までは

ユーゴスラビアとして国が存在していた。

 

そのため、上記の国々の人も

ユーゴスラビア人としてまとめて見る人も、

概念としてユーゴスラビア人だという人も多い。

 

 

そんなユーゴスラビア人口は

1981年の国勢調査では約120万人だったが、

これ以降は減少に転じている。

 

2002年にセルビアにて調査された際は、

約8万人がユーゴスラビア人であるとしている。

 

ただし、これはユーゴスラビア人と

自ら申告した人の数であり、

国の人口ではない。

 

 

 

ユーゴスラビア人と

現地生活を気軽に楽しむ手段とは?

 

 

 

ユーゴスラビア人の著名人として、

まずはイビチャ・オシムが挙げられる。

 

ユーゴスラビアのサラエボ出身の

サッカー選手、監督である。

 

日本でも、Jリーグチームの監督や

日本代表の監督を務めたこともあるので、

名前を聞いたことがある人は多いだろう。

 

 

ユーゴスラビア人男性の名前は、

イヴァンやルカといった名前が多い。

 

今でもクロアチアやセルビアなど、

かつてユーゴスラビアであった国で

多く使われている。

 

他にも、旧ユーゴスラビアの国々は

聖書由来の名前や、中世の英雄の名前を

つけることが多いのも特徴だ。

 

 

ユーゴスラビア人の女性には美形が多い。

 

これはユーゴスラビアがなくなり、

いくつかの国に分かれた今でも同じだ。

 

 

スポーツ選手もおり、

オリンピックなどの国際大会に

出場していることも多いので注目してみるといい。

 

 

なお、ユーゴスラビアだった国々では

公用語がスロベニア語や

セルビア・クロアチア語などで英語ではない。

 

ユーゴスラビア人が

英語を全く話せないという訳ではないが、

英語を話せると思って話しかけないほうがいいだろう。

 

 

日常会話程度であれば、

英語ではなく現地の言語を覚えてることや、

翻訳機を使うのもひとつの手だ。

 

 

 

まとめ…日本でも有名な人がいるユーゴスラビア。歴史を詳しく知ろう

 

ユーゴスラビアは、

現在は分離独立し

存在しない国だ。

 

 

しかし、ユーゴスラビアを構成した国は

今もいくつか存在している。

 

 

それらの国々では英語はあまり通じないが、

日本でも有名な人もおり、

美人が多いのもユーゴスラビアの特徴だ。

 

 

軍の歴史などを知った上で、

一度ユーゴスラビアを構成した国々を訪れるといい。

 

 

 

かつてのユーゴスラビアの地にハマって旅を続けているのは、

自分と同じくマザコンで一時帰国を繰り返す栗本(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ