ジャマイカの女性シンガー!レゲエの女性シンガーはジャマイカなら…女性管理職と理由、性格やヘアスタイル、仕事など


 

レゲエ発祥の地として

知られるジャマイカ。

 

日本でも、ジャマイカ出身の

レゲエシンガーは多数知られている。

 

 

そんなジャマイカでは、

なぜ女性の管理職が多いのか

知られていない。

 

 

そこで、この記事で解説。

 

ジャマイカの女性の性格や、

ヘアスタイル、

仕事についても紹介していこう。

 

 

 

ジャマイカの女性シンガー!レゲエで女性のシンガーと言えばジャマイカ?

 

ジャマイカ出身の

レゲエの歌手はよく聞く。

 

男性の割合が圧倒的に多いが、

女性歌手も珍しくはない。

 

 

ジャマイカの女性アーティストのなかでも、

女性歌手モニークの名前を

聞いたことがある人はいるだろう。

 

 

大学を卒業後に

日本へ英語の教師として来日。

 

友人のライブに偶然きていた

音楽業界の人間が

共演していた彼女の歌声に惚れこんだ。

 

その後、様々なアーティストの

バックコーラスを経て

歌手ビューをした人物だ。

 

 

力強い歌声で

堂々と歌い上げるその姿に、

おもわず惚れ惚れとしてしまう。

 

 

他にもジャマイカから

女性アーティストは

世界に多数進出している。

 

 

レゲエといえばジャマイカだが、

イギリス出身のレゲエ歌手も少なくない。

 

第2次世界大戦後に

移民として受け入れられた

ジャマイカの人々。

 

移民先のイギリスでレゲエを広め、

イギリスでもレゲエが

浸透していったのだ。

 

 

最近では日本人の

レゲエ歌手も増えてきている。

 

レゲエ特有のリズムの心地よさや

訴えるような歌詞が、

世界中に広がってきているということだ。

 

 

もう亡くなっているが、

ジャマイカにDJ修行にいっていた

「SNOB(スノッブ)」という女性芸人がいた。

 

毎年DJ修行をしにジャマイカへ行っていたが、

ジャマイカでもDJコンビとして

認知されているほど有名だ。

 

 

日本で有名なジャマイカのアーティストがいるように、

本場のジャマイカでもDJとして有名な

日本人がいるというのは少し鼻が高くなる。

 

 

ジャマイカは歌手だけでなく、

女性アスリートにも有名人がいる。

 

 

特に有名なのは、陸上選手の

シェリー=アン・フレーザー=プライスだ。

 

2008年に行われた北京オリンピックで、

ジャマイカ人女性として初めて

100mで金メダルをとった人物として知られている。

 

 

 

 

 

 

ジャマイカの女性はわがまま?脈ありのサインとベッドなど…ジャマイカ女性の本音

 

ジャマイカの女性の性格は、

自由でノリがよく素直だ。

 

 

日本人とは違い、空気を読んだりせず

自分の感情に素直なため、

わがままに見えることもあるだろう。

 

しかし基本的に陽気でノリがいいので、

一緒にいると楽しさを感じることが多い。

 

 

ジャマイカの女性はおしゃれで、

ヘアスタイルには

特にこだわりをもっている。

 

街中に床屋やヘアサロンがあるほど

髪型に気を使っている人が多い。

 

編み込みやドレッドヘア、

エクステンションなど

種類も豊富だ。

 

 

自分の髪型に命をかけているといっても

過言ではないほど、

髪の手入れには気を使っているのだ。

 

 

ジャマイカの女性は

仕事に真面目だ。

 

ジャマイカで女性管理職に

就いている人が多い理由に、男性が仕事に対して

不真面目なことが挙げられている。

 

そのためジャマイカでは

管理職の女性の割合が男性を越えていて、

女性社会が築かれている。

 

 

ジャマイカ出身のアーティストたちをみていると、

その健康的な体つきや日本人と違った風貌に、

魅力を感じる人も少なくない。

 

なかには夜をベッドで

一緒に過ごしたい、

なんて思う人もいるだろう。

 

 

そんなジャマイカの

女性たちはしっかり者が多い。

 

男性がのんびりとした性格が多いので、

女性がしっかりせざるを得なかったため、

気を張ったような強い女性が多いのだ。

 

 

そんな女性から

脈ありのサインを

感じ取ることは難しい。

 

 

もしジャマイカの女性と

お付き合いを考えているのなら、女性をしっかりと

リードできるようになっていたほうがいいだろう。

 

 

ちなみに、ジャマイカ女性に人気の名前は

「ガブリエラ」「アメリア」「ティアナ」など。

 

 

 

まとめ。治安が悪い中でも逞しく生きる姿が魅力のジャマイカ女性

 

ジャマイカは

レゲエ発祥の地として有名だが、

治安が悪いことでも有名だ。

 

街の至るところで銃声を聞き、

ギャングの抗争も頻繁に起こっている。

 

 

そんな国でたくましく

生きている女性たちに、

魅力を感じる人も多いだろう。

 

 

仕事に不真面目な男性たちを

働くことで支えている女性たちは、

自然と管理職に就くことを余儀なくされている。

 

ハッキリとものを言う女性たちは

わがままだと思われがちだが、

実は真面目で素直なだけだ。

 

 

もしそんな彼女たちとお付き合いなどを考えているのなら、

まずはノリよく一緒に楽しみ、

徐々に距離を近づけていくことをおすすめする。

 

 

移住仲間の大西。

 

自分と同じく映画「クールランニング」

が大好きな男だ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ