カメルーンの女性の名前!写真も紹介…わがまま?脈ありのサインやベッドなど


 

アフリカの中央に

位置するカメルーン。

 

サッカーワールドカップで日本チームと対戦したことがあるので

名前は知っていても、現地の女性に詳しい日本人は少ない。

 

 

そこで今回は

 

・カメルーンの女性の名前

 

・カメルーンの女性はわがままなのか

 

・カメルーンの女性の脈ありのサインや夜の事情

 

について調べてみた。

 

 

 

カメルーンの女性の名前、特徴は?

 

カメルーンの女性の

特徴について調べてみた。

 

 

カメルーンの女性は

料理好きでおしゃれな人が多い。

 

これはカメルーンの国民性ともいえる。

 

男性も料理好きでおしゃれな人が多い。

 

 

そんなカメルーン女性の性格は、

アフリカらしく

明るくおおらかな人が多い。

 

穏やかでのんびりとした性格な人が多いので、

わがままを言う人は少ないと推測される。

 

 

カメルーン人はアフリカの中でも、

特に運動神経がよく

スポーツでも有名だ。

 

特にサッカーは有名だ。

 

 

「ダメ」「無理」などの

消極的な発言を拒否する。

 

 

そんな国民性ということもあり、

競争心や闘争心が強いということも

特徴と言えそうだ。

 

 

残念ながら、カメルーン女性の

脈ありのサインについての

情報はみつからなかった。

 

しかしカメルーンの

結婚に関する特徴が

みつかったので紹介する。

 

 

カメルーンでは

イモワーズ(婚約)とエバ(結婚)

という関係性がある。

 

このイモワーズとエバの間に、

かなりの時間がある。

 

 

15歳前後が適齢期。

 

一緒に住んだり性的な関係になっても、

イモワーズ(婚約)からエバ(結婚)に至らずに

終わってしまうこともあるという。

 

 

イモワーズ(婚約)の時には、

その関係性を周囲に隠すのが一般的。

 

周りにばれてしまうと、

噂が飛び交ったり

ライバルに邪魔をされるなど。

 

二人の関係が

うまくいかなくなってしまうことが

多いからだ。

 

 

カメルーン女性と付き合うときは、

文化の違いを感じることが多そうだ。

 

 

ちなみに日本には

現在692人(2018年)の

カメルーン人がいる。

 

カメルーン人と出会う機会は

なかなかないかもしれない。

 

 

ちなみにカメルーンの名前は、

名と姓で構成されている。

 

姓は父の姓を使うことが一般的のようだ。

 

 

 

 

 

 

カメルーンの女性の写真…どんな見た目?カメルーン女性の本音

 

カメルーンの女性は

どんな見た目なのだろうか。

 

実際のカメルーンの

女性の画像はこちら。

 

 

 

カメルーンには

250もの民族があり、

民族衣装も様々だ。

 

 

日本と同じく、カメルーンの人も

民族衣装を普段着て

過ごしていることは少ないようだ。

 

 

オシャレ好きという国民性通り、

カラフルで刺繍のきれいな衣装が目を引く。

 

黒い肌にカラフルな衣装が

とても映えている。

 

アフリカの民族衣装の

イメージそのままといった感じだ。

 

 

普段は洋服を着ているが、

その洋服も派手なものが多い。

 

オシャレでないと

なかなか着こなせなさそうだ。

 

 

ちなみにカメルーンは

結婚の文化に特徴がある。

 

婚約関係で

ベッドを共にしていることも、

一緒に暮らしているのも普通だ。

 

しかも婚約関係から

結婚へ至らずに

別れてしまうこともある。

 

 

婚約関係と聞くと日本では

ほぼ結婚というが、

その認識とは異なるようだ。

 

 

カメルーンの婚約は日本でいうところの、

付き合っているというくらいの

関係性なのかもしれない。

 

 

宗教上の理由で

婚前交渉が禁止されている国もあるが、

カメルーンは違うようだ。

 

 

 

まとめ。カメルーンの女性の特徴について

 

・カメルーンの女性の名前は名+姓で父の姓を名乗る

 

・カメルーンの女性はわがままな人は少ないと推測される

 

・カメルーンの女性の脈ありのサインは不明

 

・婚約から結婚に至らないこともある

 

 

カメルーンは豊かな自然環境と

250以上の多様な民族の文化がある。

 

そのことから、カメルーンは

アフリカの縮図ともいわれている。

 

 

あまり知られていないカメルーンについて、

少しでも興味を持ってもらえたら幸いだ。

 

 

カメルーンの現地事情に詳しい峯西。

自分と同じガチャピンファン(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ