ケニアの女性の名前!問題と差別、農業とケニア女性農民貧困、女性の社会進出と女性教育…女性だけの村(女性しかいない村)も紹介


 

ケニアは東アフリカに位置する国。

 

国内に数多くの国立公園や

国立保護区が存在する。

 

 

テレビでもよくケニアのサファリ特集や

マサイ族について紹介しているが・・・

 

ケニア女性について詳しい日本人は少ない。

 

 

そこで今回は、ケニア女性の特徴や

彼女たちが抱えている問題など

ケニア女性について詳しく解説していく。

 

 

 

ケニアの女性の名前!わがまま?脈ありのサインやベッドなど…ケニア女性の本音

 

アフリカと聞くと、

自然に囲まれた

素朴なイメージが強いだろう。

 

しかし、ケニアは

アフリカの中でも発展が進んでいる。

 

ケニアの首都ナイロビには

近未来的な建物が多く並んでいる。

 

 

国については何となく知っている。

 

だが、住んでいる人たちの

特徴などはよく知らない、

なんて人も多いのではないだろうか。

 

 

ここではケニア女性の

外見と性格について解説する。

 

 

まずは外見の特徴について。

 

ケニア女性は

目鼻立ちがハッキリしていて、

大きい目とぽってりした唇が特徴だ。

 

 

身長はそこまで高くなく、

日本人女性と同じくらいだ。

 

 

次に性格について。

 

ケニア女性は家庭的で

相手に尽くすタイプの人が多い。

 

社交的で心身ともにタフで、

わがままな人は少ないのが特徴だ。

 

 

一夫多妻制の国で育っているので、

夫が他の女性と関係を持っていても

あまり嫌悪感は抱かないという。

 

 

恋愛傾向は一途で真面目なので、

軽い気持ちで付き合う人は

ほとんどいない。

 

 

また、男性の事をよく見ている。

 

仲良くなってあわよくばベッドに、

なんて下心があると、

仲良くなるどころか相手にされない。

 

彼女たちには

軽い気持ちで接しない事だ。

 

 

自分からアプローチすることはなく、

男性からアプローチされるのを

待つ女性が多い。

 

目を合わせる等の

脈ありサインを感じたら、

自分からアプローチすると良いだろう。

 

 

ケニア女性の名前について。

 

【美しいケニア人の名前とその意味】

というサイトで詳しく紹介している。

 

気になる人は是非チェックだ。

 

 

 

 

 

 

ケニアの女性の問題!差別と女性だけの村

 

ケニアでは

女性の社会進出率の低さが

問題になっている。

 

 

女性は社会的に男性よりも

立場が弱くなりやすいので、

教育を受けられない女性が沢山いる。

 

教育が受けられない

ケニア女性は

農業で生活するしかない。

 

だが、農作物の生産性は低く

生活に苦しんでいる人が多い。

 

 

ケニア女性農民貧困と

ケニアの女性教育がケニアの課題。

 

 

その現状を変えるべく、

色んな国や組織が

支援を行っている。

 

 

また、ケニアでは

男女差別が深刻な問題になっている。

 

過去に何度も

悲惨な事件が起きた。

 

 

そんな被害女性を救うために、

ある村を作り上げた

レベッカという女性がいる。

 

 

ケニア北部に住んでいる

サンブル族出身のレベッカ。

 

男性社会の部族で、

しばしば女性や少女に対して

暴力が行われていたという。

 

 

それに対して反発の声を上げた彼女は、

村の男性から暴力を受け、

夫からも助けはなかった。

 

 

そこで、彼女は

村の女性16人と集団脱走。

 

ケニアに「ウモジャ」という

女性しかいない村を作った。

 

 

今やウモジャ村は

自給自足できるほど繁栄し、

観光地として村を開放して収益を得ている。

 

この村は女性社会の

成功例として認知され、

多くの女性たちに勇気を与えた。

 

 

 

まとめ。様々な問題と戦いながら前向きに生きるケニア女性

 

今回はケニア女性について

紹介したが、

いかがだっただろうか。

 

 

この世には様々な

美しい人や物が存在する。

 

貧困や差別などあらゆる問題と戦い、

世の中を変えようと

前向きに生きる女性は本当に美しい。

 

 

ケニアは全体的に治安が悪いので、

現地を訪れるのは勇気がいる。

 

しかし、現地の様子を

自分の目で見て実際に会う事で、

ケニアが抱える問題が見えてくる。

 

 

それらを詳しく知ることにより、

自分の視野も広がるのではないだろうか。

 

 

ケニアに行くのはハードルが高いので、

自分にもできる事は何かあるのかを

調べてみるのも良いだろう。

 

 

一人でも多くの人が

ケニアに関心を持ってくれると

嬉しい限りだ。

 

 

ケニアに長期滞在していた本橋。

自分と同じ、かなりのマザコン(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ