ルクセンブルク人は英語で何?性格の特徴は?ルクセンブルク人口について…人口推移や人口密度、人口ピラミッドなど。日本にもいる?


 

歴史と美食のあふれる街、ルクセンブルク。

実はワインなども有名な国だが、現地のルクセンブルク人については

あまり知られていない。

 

そこでこの記事では、ヨーロッパの小さな国である

ルクセンブルク、そこに住むルクセンブルク人について考察してみる。

 

 

 

ルクセンブルク人口!人口はどれくらい?日本にもいるの?

 

ルクセンブルクは

ベルギー、ドイツ、フランスに

囲まれた国である。

 

 

まずはルクセンブルク人口について考察する。

 

 

ルクセンブルクの人口は

日本の外務省データーによると約61万人。

 

面積は日本の神奈川県と同じくらいの

面積なので小さめの国といえるだろう。

 

 

ルクセンブルクの人口推移は

20年前と比べると増加傾向にあるが、

人口は都市部に集中している。

 

都市部と田舎では

人口密度も大きく変わってくる。

 

 

ルクセンブルクの人口ピラミッドは

40代50代が多くなっている。

 

日本に住んでいるルクセンブルク人もいる。

 

 

ルクセンブルクは

世界屈指の富裕国としても有名である。

 

小さい国ながら

GDPが常に上位で

20年連続1位である。

 

 

日本が22位なので、

1人当たりの稼ぎ出す富が

とても多いことが分かる。

 

 

鉄鋼業の不振から

金融立国を目指した政策が

功を奏したと言われている。

 

 

ルクセンブルクの首都は

国名と同じ名前のルクセンブルク市である。

 

北のジブラルタルと異名を持つ要塞都市で、

その旧市街地の街並みは

世界遺産に登録されている。

 

 

森と渓谷の国とも

呼ばれるルクセンブルクでは、

絵画のような古城なども美しく残っている。

 

 

それ以外の街並みはとても落ち着いており、

他のヨーロッパ諸国の街並みに比べると

落書きやごみが落ちているということは少ない。

 

 

経済的にも安定しており、

貧富の差も少ないので、

とても治安のいい国である。

 

 

旅行者も安心していきやすいが、

生活水準が高いので物価は高い。

 

東京と比べても比較的高くなっている。

 

 

 

ルクセンブルク人と

現地の生活を楽しむための安定収入とは?

 

 

ルクセンブルク人の性格って?英語だと何?

 

ルクセンブルク人は英語で

「Luxembourgish」である。

 

 

ルクセンブルク人の

女の子の名前で多いのは

ema、uliaなどである。

 

 

ルクセンブルクの公用語はフランス語。

 

ドイツ語とその二つの言語を由来とする

ルクセンブルク語なので、

同じ表記でも読み方の違いがある。

 

 

ルクセンブルク人の性格の特徴は、

警戒心が強く保守的

 

しかし、金融大国で

多様な人種が多く住んでいるため、

異なる言語でもコミュニケーションをとろうとする。

 

他人種の人々を

受け入れやすい性格をしている人が多く、

相手の心情を読み取るのが上手な人が多い。

 

 

他にも議論することが好きだったり、

人生を楽しむことをモットーとしている。

 

特に食に関しては

多くの人々が楽しんでおり、

お酒が好きで陽気な人も多い。

 

 

一人当たりの

ワインの消費量世界一ともいわれており、

美食大国と呼ばれる由縁でもある。

 

それゆえに肥満体形の人が

多くなっていることは

懸念すべき事項である。

 

 

不満を感じたらすぐその場で伝えたり、

好きなものや嫌いなものが

はっきりしている素直な一面もある。

 

 

そして、富裕層が多い

ルクセンブルクでは

教育水準がとても高い

 

 

国からの教育や子育て支援も手厚く、

子供がいる家庭への税金免除であったり、

大学生のいる家庭には一定額の支給もしている。

 

 

小中高では公用語以外にも

様々な言語を学ぶカリキュラムとなっている。

 

そのため、礼儀正しい人が多くなっている。

 

 

 

まとめ

 

経済的な安定や貧富の差が少ないということが、

治安のよさや教育水準の高さに

直結するということを教えてくれる例と言える国だ。

 

 

国が豊かになれば、

教育や子供にお金をかけることができる。

 

しっかりと教育を受けた子供が

やがて国を支えていくので、

いい循環が出来ているように感じる。

 

 

美しい自然や遺産を残しつつ、

しっかりと人生を楽しむ

ルクセンブルク人を見習いたい。

 

 

 

ルクセンブルクに心底惚れ込んだのは、

自分と同じシイタケ嫌いの蓮田(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ