マレーシア女性の被り物!女性一人旅のお土産、名前や性格、服装(スカーフ)などファッションの特徴、女性歌手や社会進出について


 

東南アジアの国、マレーシア。

 

近年その近代的な都市部と

昔の面影の残った古都や自然豊かな田舎など

観光でも人気の国だが・・・

 

現地の女性のことは意外と知らなかったりする。

 

 

そこでこの記事では、イスラム教が国教という

マレーシアの女性について考察してみる。

 

 

 

マレーシアの女性の特徴!性格はわがまま?名前や脈ありのサイン、ベッドなど

 

マレーシア人女性の顔の特徴は、

マレー系・中華系・インド系で異なっている。

 

 

他国の私たちが思い浮かべることが多い

マレー系の女性の顔の特徴。

 

それは、目が大きく

インドネシアやフィリピン人と似てる

はっきりとした顔立ちである。

 

 

性格は親日の人が多く

おおらかである。

 

わがままだと言われることもあるが、

おおらかゆえにマイペースな人が多い。

 

キチンとしている人からすると、

わがままと捉えられることもあるだろう。

 

 

マレーシアでは男女共に

気安く握手はしない。

 

旅行などでマレーシアを訪れ、

初対面の女性から握手を求められれば

脈ありかもしれない。

 

それほど、

初対面で異性との握手は

ほとんどしない。

 

 

もし握手を求められることがあれば、

男女構わず左手と使ってはいけない。

 

イスラム教で左手は

不浄とされている。

 

握手やそれに限らず

右手を使うことを意識したほうがいい。

 

 

マレーシア人女性の名前も、

人気のものは宗教に関係した名前が多い。

 

生活に宗教が根付いている国である。

 

 

 

マレーシア人女性のファッションや服装!被り物はスカーフ?

 

マレーシア人の女性が頭にしてる

スカーフのような被り物は、

ヒジャブとよばれるものである。

 

このヒジャブはもともと

宗教観の一環であった。

 

今では色や柄も多く、

ファッションアイテムの

ひとつとしても捉えられている。

 

 

伝統的な民族衣装は、

バジュクロンという上下セットのもの。

 

こちらもカラフルでゆったりしていて、

体形が見えにくいものである。

 

イスラム教徒の女性の

代表的な服装として、

マレーシアの街中でもよく見る。

 

 

観光客がモスクに入るときの服装も

女性は肌の露出NG。

 

マレーシアではヒジャブを貸し出してくれたり、

事前に長袖長ズボンを

用意していくのが良いだろう。

 

マレーシアでビジネスシーンの服装は、

女性は先述した伝統的な服装もいれば、

スカートやパンツスタイルなどの洋服もいたり様々である。

 

 

 

マレーシアの女性と現地の生活を楽しむ!

そのためのオンライン収入構築法とは?

 

 

マレーシアの女性一人旅!旅行を一人で…服装で旅する女性が気にしたいのは?お土産は?

 

マレーシアの治安はすごく良くも

すごく悪くもない国である。

 

色々なことに気を付ければ、

女性の一人旅でも

十分行ける国である。

 

 

どこの国でも同じだが、

夜に必要以上出歩かない。

 

人気のない場所には

近寄らないなどは

気を付けたいポイントである。

 

 

そして、日本人女性は

服装ですぐに観光客だと目立つ。

 

マレーシアの現地人は

ヒジャブなどつけているが、

日本人女性観光客はつけていない。

 

暑い国などで

自然と露出の多い国となってしまう。

 

そこも、少し現地に溶け込むように

工夫をすることで、犯罪に巻き込まれないように

注意したところである。

 

 

マレーシアのお土産では、

お土産ばらまき用のベリーズのチョコや

可愛いパッケージで有名ななまこ石鹸などがある。

 

空港やセントラルマーケットなどで

調達するのが良いだろう。

 

 

 

マレーシア女性歌手など女性の画像!社会進出について

 

マレーシアはアジア諸国の中でも

女性の労働参加率はとても低い。

 

ジェンダーギャップが

ある国だと言われている。

 

 

都心部と地方でも

女性の労働参加率は大きくひらきがあり、

都心部のほうが高くなっている。

 

 

一度は仕事についても、

出産・育児などで一度離職すると託児所問題などで、

復職する女性がとても少ないのも理由の一つである。

 

 

近年では、女性の社会進出を

推進する取り組みも

政府が動いて行っている。

 

 

マレーシア人女性が着用しているヒジャブも

ビジネスシーンでも着用可能である企業多く、

信仰とともに働ける環境が整っている。

 

 

マレーシアで人気の女性歌手のYunaは

その歌声もさることながら、

ヒジャブやファッションがおしゃれ。

 

自身のファッションブランドも

展開しており人気である。

 

 

日本で歌手として活躍している

シェネルもマレーシア出身である。

 

 

マレーシア女性の画像を紹介する。

 

https://koinohousoku.info/wp-content/uploads/2019/06/bigstock-Young-modern-black-muslim-busi-286599763.jpg

 

 

 

まとめ。おおらかで親日家が多いマレーシア女性の本音

 

同じイスラム教でも

イスラエルなどの国と比べると、

マレーシアは規律がゆるい方である。

 

なのでヒジャブなどは

文化として上手く現代に融合し残し、

女性の社会進出もどんどん推進してほしいと思う。

 

 

日本も同様に、

産休育休からの復職が難しい。

 

問題は世界の国でも

起こっていることなんだと感じた。

 

 

 

マレーシア女性の友人マリンタン。

自分と同じく太った日本猫に目がない(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ