南スーダンの女性の代替教育システムとは?女性差別と自衛官の教育、女性問題など…わがまま?脈ありのサインとベッドなど


 

南スーダンは、

世界で最も貧しい国。

 

「貧しい国の一つ」

ではなく、ワースト1だ。

 

 

そんな国にいる南スーダンの女性は

当然いろんな問題を抱えているが、

日本人はほとんど知ることがない。

 

 

そこで、この記事では

南スーダンの女性についての問題と

彼女たちの性格などについて紹介する。

 

 

 

南スーダンの女性、教育や問題とは?

 

どの国でも、男女の差はある。

 

ほとんどの場合、

女性の方が損をしている。

 

 

日本との関わりも、

少し前に自衛隊の派遣を

する、しないで話題になった。

 

貧しいだけでなく、

治安の悪さも深刻なのだ。

 

 

これは、一般社会の治安ではない。

 

軍人、警察など、

公的な人間でさえ信用できない

レベルということだ。

 

 

そこで暮らす南スーダンの女性は、

搾取され続ける存在になっている。

 

 

教育についても、

全体でも半数以下の識字率。

 

更に女性は教育が受けられないために、

社会的な弱者になってしまっている。

 

 

南スーダンでは、

女性問題が数多くあるが・・・

 

改善するべき問題の一つは、この教育だ。

 

 

貧しい国なので、働くことに教育は

それほど必要ないと思うかもしれない。

 

だが、内紛や差別で、

家長を殺されるようなこともある。

 

教育を受けていない

女性が残されれば、

完全に路頭に迷うことになるのだ。

 

 

現在、南スーダンの女性に対して、

代替教育システムが役に立っている。

 

代替教育システムは、

分かりやすく言うと、

大人になってから改めて行う教育だ。

 

日本で言う小学校~大学と

年齢にあわせて行う普通の教育とは違う。

 

 

南スーダンだけではないが、

貧しい国ではタイムリーに全員が

教育を受けることはできない。

 

教育を受けていない人もたくさんいる。

 

 

通常の教育を受けられない理由は、

人口密度が低いことがまず1つ。

 

決まった場所(学校)に

通うにしても、

距離があり時間もかかる。

 

 

そして、もう1つに教育を

受けられるだけのお金がないこともある。

 

特に女性の場合、

女性に教育は必要ないという

考え方も根強い。

 

 

そもそも、日本のように

安全に子供だけで

学校に通うような環境でもない。

 

 

女性や子どもに基本的な教育を

提供することができれば、識字率の向上など、

国の教育レベルの向上に役立つだろう。

 

 

ちなみに南スーダンには、

自衛隊が派遣されたこともあり、

中には女性の自衛官もいた。

 

当時の話の中で、

国として最悪な状況ではあった。

 

だが、日本人に対して、

現地の女性はかなり

好意的だったという。

 

 

 

 

 

 

南スーダンの女性はわがまま?脈ありのサインとベッドについて…南スーダン女性の本音

 

南スーダンの女性と

個人的に知り合う機会は、

ほとんどないだろう。

 

 

そこで、あまり話題として

取り上げられることのない、

彼女たちの性格について見てみよう。

 

 

日常生活もだが、

恋愛についても

女性の立場はとても低い。

 

自分たちの意思で

恋愛をするような環境に無いし、

そんな思いもないと考えられる。

 

 

ただでさえ貧しいことに加えて、

元々男性家長制の色が強いため、

よりいっそう立場は低いのだ。

 

 

性格的に言えるのは、

貧しく不便な環境でも

明るく生きている。

 

わがままな性格とは

無縁だと言えるだろう。

 

 

今は、貧しくて

自由を楽しむことはできない。

 

いつか国が豊かになり、

様々な国の男性と脈あり・脈なしなど恋愛を楽しんで、

ベッドを共にする生活が実現することを願う。

 

 

 

まとめ。内紛が続く南スーダンで個人レベルの付き合いは難しい

 

世界で最も貧しい国、

南スーダンについて紹介した。

 

 

南スーダンという国はもちろん、

そこに住む女性を調べても、

ネガティブな情報が目立つ。

 

いろいろと考えさせられる

内容になってしまった。

 

 

南スーダンは、

内紛が常態化していて、

文化的な交流にまでつながらない。

 

そのため、個人レベルでの

お付き合いの機会はまず無いだろう。

 

 

それでも、自衛隊の派遣や

大使館の設置がある。

 

こういった国について

考えてみるのも悪くない。

 

 

南スーダンでのボランティア活動を考えている三橋。

そんな彼も、自分と同じく元ネガティブ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ