メキシコの女性弁護士がダルマに?メキシコ女性、バラバラ殺害の女弁護士とダルマ、女性市長の殺害…府マフィアと女弁護士など


 

メキシコの女性弁護士がダルマに・・・

 

 

メキシコが危険な場所なのは知っていても

あまりにショッキングなキーワード。

 

だが、これは事実

 

 

メキシコの女性にまつわる詳細な情報、

 

現地に住んでも尽きない安定収入を得る

具体的な方法を知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

メキシコは魅力的な国でありながら、

治安の点でたやすく行こうとは思えない場所。

 

それだけに、

メキシコの女性についての情報も多くはない。

 

メキシコの女性弁護士がダルマに・・・

なんて不気味な噂もあるが、実際のところがよく分からない。

 

 

そこで、この記事では

メキシコ女性の性格と共に、

メキシコの犯罪について伝える。

 

 

 

メキシコのマフィアと女性弁護士…バラバラのダルマに?メキシコ女性、女弁護士のバラバラ殺害とダルマ、警官と新聞について

 

メキシコの女性弁護士が

惨殺された事件があった。

 

メキシコのカルテルが犯人で、

女性弁護士は、カルテルに対して

批判的な発言をしていた。

 

 

メキシコのマフィアは、

すぐさま女性弁護士をターゲットにして拉致。

 

メキシコでは、その女性弁護士が

四肢切断された状態の写真が

ネットで拡散された。

 

 

メキシコでは、女性が殺人に

巻き込まれることは珍しくない。

 

メキシコの女性が殺害され新聞に載ることも、

メキシコの女性の殺害された

写真が出回ることも日常的にありえるのだ。

 

 

メキシコでは、

警官でさえも脅される対象になるので、

日本のように信頼はできない。

 

 

 

メキシコの女性市長が暗殺?女性殺人とメキシコ女市長の殺害

 

メキシコの女性市長が

殺害された事件も発生している。

 

 

メキシコの女性市長の1人も

先の女性弁護士と同じように、

四肢切断された状態で見つかった。

 

 

メキシコ女性市長惨殺の事件は

海外にも伝わり、

メキシコの犯罪の根深さを思い知らされた。

 

メキシコ女性市長暗殺

というネーミングもある。

 

 

暗殺と言えるような

生易しいものではなく、

凄惨な猟奇殺人だ。

 

 

実際には、

メキシコの市長が殺されたのは、

女性だけでない。

 

だが、数が多すぎて、

男性も入れると紹介しきれない。

 

 

メキシコでの女性殺しは他にもある。

 

メキシコの女性市長が

死亡したのは先の例だけではない。

 

 

メキシコの麻薬問題は女性市長に限らず、

各首長共通の悩みで、

無関係でいることができない。

 

 

メキシコの麻薬戦争に

敢然と戦いを宣言した女性市長だけでなく、

カルテルから優遇、見逃しなどのアプローチがある。

 

 

メキシコのカルテルは、

女性市長をターゲットにした。

 

 

政治に関わる人間は、

麻薬組織にとって協力的でなければ、

無条件に攻撃の対象になってしまう。

 

つまり、メキシコのマフィアは、

女性市長だから狙ったのではない。

 

自分たちに不都合、

非難されるだけでも排除し、

存在をアピールする狙いがある。

 

 

メキシコでは、

麻薬戦争という名前が付いている。

 

戦争と言う言葉が行き過ぎでないことが

よく分かる殺人事件だ。

 

 

 

メキシコの女性歌手(プラヤリンボのジャスなど女性ボーカル)と画家(女性画家)を紹介

 

メキシコの女性画家といえば、

映画にもなっている、

フリーダ・カーロが有名だ。

 

とはいっても、よほど彼女のファンか、

映画、絵画好きでなければ知らないだろうが。

 

 

メキシコの音楽というと、

伝統的なマリアッチが思い浮かぶが、

ちゃんとバンドなどの音楽もある。

 

メキシコで人気なのは、

日本のあるテレビ番組でバカンス中を撮られていた、

「Playa Limbo」(プラヤリンボ)というバンド。

 

女性ボーカルの「ジャス」は、

ルックス、スタイル、歌唱力も抜群。

 

メキシコ国内では

知らない人はいないくらい有名だ。

 

 

 

メキシコの女性、性格はわがまま?ファッションや脈ありのサイン、ベッドなど…メキシコ女性の本音

 

メキシコと言えば、

ものすごく治安が悪い。

 

特に有名なのは、

麻薬カルテルが絡んだ犯罪。

 

 

組織に対して戦いを挑むと、

メキシコの女性であっても、

その時点でターゲットにされてしまう。

 

 

社会的な地位の高い人。

 

とりわけ、こういった犯罪を

容認できない立場の人にとって、

この問題はかなり頭が痛い。

 

 

実際に、麻薬組織に

挑んだ発言をした女性弁護士は、

ダルマ状態で死体が発見された。

 

麻薬を非難する歌を歌った女性ボーカリストや、

麻薬組織の撲滅を目指した女性市長はいずれも殺された。

 

 

メキシコでの殺人は、

殺され方も悲惨で、

女性に対しても容赦がない。

 

 

先の女性弁護士のようにダルマだったり、

残忍な殺され方で世間への恐怖心を煽っている。

 

 

メキシコでは、

もともと男尊女卑の文化があり、

働く人の間でも女性間格差がある。

 

 

それでも近年は、

メキシコの女性の

社会進出が進んできている。

 

治安の悪さや貧困も問題など、

問題もあるがこれから先、

女性の活躍が期待できる。

 

 

メキシコ人女性の性格

 

メキシコ人女性の性格については、

ラテンの国なので、陽気な印象がある。

 

勝手なイメージで

わがままなのかと思いきや、

男尊女卑の文化のせいか、従順な面もある。

 

明るいけれど、

男性に従順という魅力的な女性が多い。

 

 

メキシコ人女性の恋愛

 

男性に従順とはいえ、

やはり陽気なお国柄。

 

フレンドリーな性格なので、

誰とでも気さくに話す。

 

 

日本人男性からしたら、

脈ありかと勘違いしてしまう

こともあるので注意が必要だ。

 

ついでに、愛情表現も豊かなので、

ベッドに入ってもかなり積極的。

 

 

メキシコ人女性の文化

 

メキシコの女性の名前で

一番の人気は「ガブリエラ」。

 

メキシコはカトリック系が多いので、

聖人の名前から取ることが多く、

似たような名前が多くなる。

 

 

ファッションについては、

パンツスタイルが絶対。

 

ミニスカート=売春婦の認識があり、

実際メキシコの女性はスカートを履かない。

 

意外なところに文化の違いがあるものだ。

 

 

 

メキシコを女性が 一人で旅!ひとり旅を女性ができる?

 

メキシコを女性が一人旅で訪れる。

 

危険性や治安はどうなのだろうか。

 

 

海外に一人旅というと、

ややハードルが高く思える。

 

しかも、目的地はメキシコ。

 

 

自分の家族や友人であれば、思わず

「大丈夫?」と思うイメージがある。

 

 

しかし、問題なのはメキシコではなく、

メキシコのどこに行くかなのである。

 

 

カンクンなど、いわゆる

「リゾート地」であれば

安心して送り出したい。

 

リゾート地に行くだけで、そこから

出なければそれほど引っ掛かることもない。

 

ビーチなどぜひ楽しんできてほしい。

 

 

気になるのは、

首都メキシコシティを始めとする

その他の街に行くことだ。

 

スペイン語が話せ、

旅行慣れしているのなら

不可能ではない。

 

 

・語学力がどこまであるか

 

・街の雰囲気を感じとることができるか

 

・危ないところを察することができるか

 

 

その辺りが大切になってくる。

 

 

旅行慣れしているのであれば、

女性の一人旅が外国人にどう見られるのか

察することができるはずだ。

 

治安の安定しない国での身の振り方、

注意点を知っていることが前提だ。

 

 

全くなにも知らず、初の海外一人旅に

メキシコという人がいたら、

一度止めてあげてほしい。

 

 

きちんと準備ができていれば、

女性の一人旅も不可能なわけではない。

 

 

・スペイン語の勉強をする

 

・行っていいところと危険なところを知る

 

・現地人の常識や観光客がどう見られているか知る

 

・きちんとしたプランを立てる

 

 

こうした事前準備をすることで、

危険性は当然低くなってくる。

 

 

メキシコで女性弁護士が肢体を切断され、

虐殺された事件がある。

 

これは女性弁護士の服装の問題でもなく、

マフィアによる犯罪だ。

 

 

このように、メキシコでは女性が

事件に巻き込まれることも少なくない。

 

 

 

メキシコの女性の衣装や服…民族衣装や帽子と女性

 

メキシコの女性の服はどういったものなのだろうか。

 

 

メキシコシティの女性は、

ほぼ間違いなくパンツスタイルである。

 

いくら暑い日でも

長ズボンであることがキーワードだ。

 

 

ミニスカートはメキシコでは

絶対に穿いてはいけない。

 

ミニスカートは売春婦の衣装としての

暗黙のルールがあるのだ。

 

 

「タイツを穿けば見えないのでは?」

 

そんな考えは言語道断である。

 

 

スカート+タイツはメキシコでは、

売春婦の制服とも言える定番スタイルだ。

 

普通の丈であっても、スカートや

ショートパンツを穿くメリットはない。

 

 

ではロングスカートはどうだろうか。

 

メキシコの女性はロングスカートも

穿いている人はいない。

 

いるとすると、民族衣装に

身を包んだ人くらいである。

 

 

メキシコの若者は、単純に

ロングスカートは民族衣装

としての感覚がある。

 

インディアンではないため

穿かない、そういった認識だ。

 

 

また、帽子を被っている女性も

町中では見かけない。

 

 

 

メキシコの女性はかわいい?警察署長も紹介

 

そんな一見ガードがしっかりしていそうに見える

メキシコの女性は、どちらかと言えば美人多い。

 

しっかりと芯のある美女が多いのは、

メキシコではセクシーな女性が美人の定番となるからだ。

 

 

しかしながら、かわいい人ももちろんいる。

 

 

女性の警察署長もおり、住み良い街を目指した。

 

しかし彼女は、就任後すぐに

アメリカへの亡命を希望したのだ。

 

 

「こんなに恐ろしいことになるとは思わなかった」

 

現地の人の、この言葉がどんな意味を持っているのだろう。

 

 

家族を殺すと脅され、いつも怯えていたという彼女。

 

 

メキシコでは警察の力も日本ほどの

ものでないことがわかる。

 

警官であっても、弁護士であっても、

市長であっても、脅され

簡単に殺される国なのである。

 

 

 

まとめ…メキシコ女性弁護士殺害など。メキシコは治安が悪いものの明るい性格の女性が多い

 

メキシコの女性弁護士がダルマにされ殺害された。

 

これが画像として出回ったせいで、

世界でより多くの人に知れ渡った事件となる。

 

 

マフィアの犯罪だが、女性弁護士が

虐殺されたのはショッキングだ。

 

そんな事件の耐えないメキシコだが、

訪れる機会があるとすれば、

気を付けて欲しいことがある。

 

 

結論からいえば、メキシコは日本とは

比べ物にならないほど治安が悪い。

 

そして、残念なことに、女性が

ターゲットにされる事件が多いのだ。

 

 

旅行客だからといって安心はできない。

 

 

怨みを買う買わないに関係なく、

狙われやすいと思うべきだ。

 

 

それでも、危ない場所や観光客が

踏み入れてはいけない場所。

 

そういった危機管理をもってすれば、

楽しい旅行ができる。

 

 

ショッキングな事件も多いが、

それでもなお行くのであれば

下準備をしていこう。

 

 

メキシコの女性を中心に紹介したが、

メキシコはどうしても

犯罪のイメージが離れない。

 

実際、日本では

考えられないくらい治安が悪い。

 

 

つくづく日本人でよかったと

思わずにいられない。

 

 

メキシコ人女性は、

明るい性格でとても魅力的だが、

一緒にメキシコに行くとなると躊躇してしまう。

 

何とか、犯罪もスリや泥棒くらいで、

殺人などの凶悪なものがなくなることを願う。

 

 

メキシコシティに戻りたいと語る国田さん。

自分と同じく洋版プレイボーイで育った男性(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは4件です

  1. ふじなな より:

    メキシコは麻薬のイメージ。男尊女卑も酷く、想像以上に酷い国ですね。
    以前みた「悪の法則」という映画で、メキシコの麻薬カルテルが針金で首を刎ねるシーンがあり、
    それ以来、メキシコにはあまりいい印象を持っていません。

  2. 杏子 より:

    メキシコは陽気な雰囲気がある一方、麻薬がらみの殺人が多くて怖いイメージです。
    よく死体が何十体も見つかったとかニュースになっていて、
    こんな所で一般市民はどんな生活をしているのだろうと思ってしまいます。

  3. ののっち より:

    メキシコは「カラムーチョ」「ポリンキー」のイメージしかありません。
    マリアッチっていうのかな? ポンチョを着てギター(?)を弾いていることしかしりません。
    とても恐ろしい国なんですね。
    そんなところで、子どもたちはちゃんと生活できているのでしょうか。

  4. ちゃんマリ より:

    恐ろしい。恐怖で支配しようとしている麻薬カルテルは卑怯です。
    こんなことを言うと、狙われちゃうかしら(笑)
    フィリピンのドゥテルテ大統領のような、麻薬組織にも負けないような
    人が出てきてほしいですね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ