ミャンマーの女性の頬!タレントの化粧や服装、名前…可愛い?女性政治家と一人旅、国際結婚とデート、美人の性格について


 

黄金の国とも

言われているミャンマー。

 

 

世界三大仏教遺跡の一つがあり、

歴史を感じられる国。

 

黄金に輝く遺跡もあり観光もおすすめだが・・・

ミャンマー女性の実態がよく分からない。

 

 

そこで今回は、ミャンマーの

女性について紹介していく。

 

 

 

ミャンマーの女性の顔!頬の化粧や服装、名前、ベッド…ミャンマー女性の本音

 

ミャンマー人女性の名前は、

生まれた曜日を大事にする。

 

その風習から、

名前で何曜日に生まれたのかが

わかるようになっている。

 

 

ミャンマーには

姓がなく、名前しかない。

 

ミャンマー女性の名前で

使われることが多い「ウー」は

一番という意味がある。

 

 

ミャンマーの女性は

尻でアピールしている。

 

尻パッドを

入れている女性が多い。

 

お尻を大きく見せて

よい形を作ることを心掛けている。

 

 

ミャンマー女性が

顔に塗るものを

知っているだろうか。

 

タナカという伝統化粧で、

頬に泥を塗っているようにみえるものだ。

 

日焼け止めとしての効果もあり、

外で仕事をしている人は

濃く塗っていることが多い。

 

知らずに見ると驚くだろう。

 

 

ミャンマーの女性の服装は

ロンジーという民族衣装がある。

 

正装とされているが、

普段着として多くの人が使う。

 

布を筒状に縫い合わせた

スカートみたいなものだ。

 

 

ミャンマーの女性は、

日本と同じく

豆腐や納豆もよく食べる。

 

日本とは似ているところも多い。

 

 

 

ミャンマーの女性は美人で可愛い?性格はわがまま?デートと脈あり、国際結婚について

 

ミャンマーの女性は

かわいいということは、

知っているだろうか。

 

顔は日本人似ている面がある。

 

 

多民族からなるミャンマーは、

日本と同じくモンゴルがルーツにあるため、

似ていると考えることができる。

 

 

ミャンマーは

仏教徒が90%を占めている。

 

 

性格としては、

優しくて思いやりを

もった女性が多い。

 

外面を気にするところがあり、

家庭内では夫が尻に敷かれることも。

 

その点でいうと

わがままに感じるはずだ。

 

 

ミャンマーの女性の美人は

中国系の顔の人が多く、

化粧していなくてもとても綺麗だ。

 

かわいい系は

日本っぽい顔が多い。

 

 

ミャンマー女性と結婚仲介する

サイトがあるほど、

日本人と結婚したいミャンマー人もいる。

 

そのサイトでは登録されている

プロフィールを見てから女性と会える。

 

 

ミャンマー女性と結婚するサイトを

利用する金額の

相場2019は180万円ほどだ。

 

簡単に払える金額ではないが、

本気で結婚したいと

思っているなら高くない金額だ。

 

 

紹介されずに出会いたいなら、

現地でナンパするか、

SNSやマッチングアプリを使うしかない。

 

しかし言語の差で、

なかなか会話できないだろう。

 

 

もし出会い、デートをすることになると、

本気で付き合いしたいと

考えるときもくるだろう。

 

 

ミャンマーの女性はあまり、

自己主張しないタイプが多い。

 

ミャンマー女性が自己主張

するようになってきたときには、

脈ありだと考えてよい。

 

 

 

 

 

 

ミャンマーは女性も一人旅できる?現地の治安

 

ミャンマーに行ってみたいと

思って人もいるだろう。

 

そこで、ミャンマーの治安や、

一人旅の注意点について説明する。

 

 

まず、経験なしに

海外への一人旅はすすめられない。

 

一人で全てしないといけないし、

コミュニケーションをとるのも難しい。

 

 

少なくとも英語は

勉強しておいた方がいい。

 

海外に一人旅を考えているなら、

日本国内から始めることがおすすめだ。

 

 

治安は危険なほどは悪くない状態だ。

 

それでも渡航中止

されている地域もある。

 

 

ミャンマーのどこでも

危険なわけではない。

 

中国の国境付近は

立ち入らない方がいい。

 

 

外国はどこでも注意は必要だ。

 

特に置き引きやスリは

どこの国でも危ない。

 

 

女性が一人旅に行った際には、

夜間の一人飲み歩きだけは

避けないといけない。

 

昼間はまだ女性いるが、

夜間は飲み屋街には、

男性の姿しかない。

 

 

 

ミャンマーの女性の画像!女性政治家やタレントなど

 

ミャンマーは働く女性は多いが、

男女平等に社会進出しているとは言えない。

 

 

多くのミャンマー人は

女性も働くべきだと考えている。

 

出産後も働き続ける女性も多い。

 

しかし、家事を

しているのも女性である。

 

 

賃金が発生しないことは

仕事ではないと考えている人が多い。

 

ミャンマーの女性問題を研究したうえで、

外で働き家事もこなすのが

女性のあるべき姿だと考えている人が多い。

 

 

ミャンマーの女性政治家は

知っているだろうか。

 

アウンサンスーチーという

女性政治家の名前を

一度は聞いたことがあるだろう。

 

ミャンマーでの

非暴力民主化運動の指導者だ。

 

 

ミャンマー女性タレントが、

日本で活動している黒宮ニイナを

知っている人もいるだろう。

 

ミャンマー人の両親を持ち、

親の再婚後日本での生活を始めた。

 

日本で多くのテレビにも出て、

かわいい女性として活動していた。

 

 

 

まとめ。ミャンマーは一部地域は危険だが比較的治安が良い

 

ミャンマーは一人でも

旅行に訪れることのできる国だ。

 

黄金の遺跡をみるのは、

遺跡好きにはたまらない街だ。

 

一度訪れることをおすすめする。

 

 

女性も可愛い人が多く

男性にもおすすめだ。

 

ミャンマーの女性と出会いたいなら、

やはり結婚紹介サイトを

利用するのが一番の近道だ。

 

 

色々な国に行くことは、

いい経験になるので

色々なところに行ってほしい。

 

 

ミャンマーが東南アジアで一番良かったと語る海江田。

自分と同じくピータンが好きすぎる男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ