パキスタンの男性の服装や性格!恋愛のアプローチや男性モデルの画像も紹介


 

パキスタンの男性と付き合っていたり、

結婚したいという日本人女性が一定数存在するが・・・

多くの人にとっては、彼らの実態がよく分からない。

 

 

SNSを通じて知り合ったり、

出稼ぎで日本に来ている人と恋愛関係に発展する、

といったパターン。

 

日本人男性ではなく

パキスタン人男性を選ぶのには、

やはりそれなりの理由があるのだろう。

 

 

パキスタン人男性の性格や恋愛の傾向、

そしてかっこいいと評判の

民族衣装についても紹介しよう。

 

 

 

パキスタンの男性の服装は?

 

パキスタンはイスラム教徒が多い。

 

 

イスラム教徒の女性は

服装について様々なルールがある。

 

パキスタンでは男性も

伝統的な美しい民族衣装を

身に着ける習慣が残っている。

 

パーティーや結婚式などで

正装する時はもちろん、

日常生活でも見かけることができる。

 

 

検索すると、

美しい民族衣装をまとったパキスタンの

男性モデルの画像を見ることも可能だ。

 

 

ちなみにパキスタンの男性の名前は、

初めに「ムハンマド」と

付けられていることが多い。

 

これはイスラム教唱道者の

ムハンマドが由来となっている。

 

ムハンマドには

「褒め称えられた」「賞賛された」

という意味がある。

 

 

例えば、パキスタン建国の父は

ムハンマド・アリー・ジンナーだ。

 

1.ムハンマド(ムスリムネーム)

2.アリー(一般名)

3.ジンナー(一族名)

 

2が日本での名、

3は性にあたる部分である。

 

 

パキスタン男性の民族衣装は

「サルワール・カミーズ」と

呼ばれるものである。

 

男性の場合はシャツ「カミーズ」、

ズボン「サルワール」の2点セット。

 

女性であれば「ドゥバッター」という

ストールが加わった

3点セットを着こなす。

 

 

サルワール・カミーズは

ゆったりとしたデザイン。

 

インドのクルタという

民族衣装にも似ており、

見た目はパジャマのような衣装である。

 

 

首回り・襟・裾に刺繍などに

装飾があるのが特徴だ。

 

ノースリーブなど

オシャレなデザインのものもある。

 

 

男性はサルワール・カミーズに

ベストやロングコートを

組み合わせることも。

 

また、

「カラクル」「ジンナー・ハット」という

円錐の形をした帽子。

 

「ルミー・トービー」「タキヤー」という

丸い帽子を着用する。

 

 

砂漠から来る熱風が強いバローチ地方では、

身を守るために厚い布でできた

サルワールを着ている。

 

また頭部を守るために、

「バロチー・ターバン」という長い布を

頭を覆うようにして巻く。

 

 

パキスタン人に

日本人との違いを聞いてみると、

不思議に感じる所があるようだ。

 

日本人はいつも

ニコニコしていて怖いらしい。

 

 

パキスタン人は

人と話している時などは

真顔でいることが多い。

 

一方の日本人は常に笑顔で、

何故ずっと笑っているのか

気味が悪いとのこと。

 

さらに、電車で友達と隣同士で座っている時、

携帯をいじっていたり

本を読んでいたりする光景も奇妙に映るそうだ。

 

パキスタン人は友達といたら、

ずっと喋っていることが多い。

 

 

 

 

 

 

パキスタンの男性の性格!恋愛すると?

 

パキスタン人の恋愛や結婚について。

 

 

ほとんどが

イスラム教徒であるパキスタン人は、

結婚前の交際期間というものがない。

 

場合によっては、

親が決めた相手と一度も会わずに

結婚ということもある。

 

 

女性が逆らい恋愛結婚や出産をすると、

親族から「一族の名誉を汚した」として、

リンチを受け、命を奪われてしまうケースもある。

 

 

自由に恋愛ができないことから

早婚が多くなっている。

 

 

十分に教育を

受けさせてもらえない女性は、

18歳未満で結婚することも少なくない。

 

女性が働くことは望まれていないことから、

10歳もいかずに望まない結婚を

させられてしまう場合もある。

 

 

イスラム教の男尊女卑という

風潮が根付いているのだ。

 

 

そのため、パキスタンでは

女性よりも男性の方が立場が上であると

認識されていることが多い。

 

男性が生活費を稼ぎ

女性は家をしっかりと守る。

 

男性が中心になって物事を引っ張り、

女性は一歩引いて男性を立てる。

 

こういったはっきりとした

役割が基本となっている。

 

 

パキスタン人男性の

特徴を紹介しよう。

 

まず外見は、顔の彫りが深く

インド人に近い顔立ちをしている。

 

眉毛と目が近く、

高い鼻に大きな二重の目をしている。

 

浅黒い肌をしていて

髭を生やしている人も多く、

全体的には濃い印象だ。

 

 

性格は、

自己主張が強く我が強い。

 

オラオラ系で積極的に

アプローチする男性が多いようだ。

 

日本人女性であれば

こういった男性が

タイプという人もいるだろう。

 

 

一方で情に厚く

人懐っこい面もある。

 

すぐに打ち解けようとして

壁を作ったりすることはない。

 

だが、出来ないことを出来るなどと

嘘をついているように

見えてしまう言動もある。

 

 

パキスタン人男性は女性を守ったり、

家族を大切にする思いが強い。

 

パキスタンの女性は働かないが、

その分家をしっかりと守り、

男性は家を守るため一生懸命働く。

 

 

家族の絆が強く仲が良いので、

そういう人を夫にしたら

円満な家庭を築けるだろう。

 

 

パキスタン人男性は

明るい性格でイケメンも多く、

日本人女性にもモテる。

 

 

ただし個性が強く

男尊女卑の精神を持っているため、

パキスタン人男性と日本人女性の離婚率は高い。

 

 

 

まとめ。パキスタン男性は明るい性格だが男尊女卑の傾向も

 

パキスタン人男性は、

外見も中身も日本人男性とは

かけ離れた人種だ。

 

 

刺激を求めている女性なら

憧れを抱いてしまうこともあるだろう。

 

しかし、結婚を考える場合は

宗教や文化以外でも

様々な注意が必要である。

 

 

中には国際結婚詐欺を

目的として近付いてくる人もいる。

 

重婚や犯罪歴の確認、

年齢や職業を偽っていないかなどだ。

 

 

外国人女性と結婚したがっている

パキスタン人男性は大勢いるため、

慎重に決断しよう。

 

 

パキスタン人の文化に詳しい安藤。

自分と同じくガチャピンのファンだったりする(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ