パキスタンの女性の服装!女性首相と仕事、女性教育と差別の問題…教育と服、性格と女性の扱い、結婚と女性雇用について


 

パキスタンと聞いて思い浮かべるのは、

女性にとって厳しい環境ということ。

 

個の実態は、日本人にはまだまだ知られていない。

 

 

この記事で紹介しよう。

 

 

 

パキスタンの女性、性格はわがまま?結婚と脈ありのサイン、ベッド、服(服装)…パキスタン女性の本音

 

国の正式名称は

パキスタン・イスラム共和国。

 

名前からして

イスラム教なのだろうと

想像がつく。

 

 

国土面積は

日本の約2倍の広さ。

 

首都はイスラマバード。

 

 

イスラマバードは京都のように、

1つ1つの道路や通りに名前や番号がつき、

碁盤目状に整備されている。

 

パキスタンが初めてという人は

必ず迷うといっても過言ではない。

 

現地の人ですら間違う。

 

 

人口が世界第6位の

1憶8,000万人超。

 

国民の8割が

インダス川流域で暮らしている。

 

 

実はパキスタンには親日の人が多く、

旅行に行くと日本人というだけで

結構もてなされる。

 

逆に日本人はパキスタンのことを

あまり知らないのではないだろうか。

 

 

日本へ永遠の片思いをしている国

パキスタンともいわれているぐらいだ。

 

 

パキスタンの女性の

服装について。

 

 

イスラム圏でもあり

ヒジャブという布で頭や顔を隠し、

シャルワールカミーズという伝統衣装を着る。

 

首都などの街では

ジーンズにTシャツなどの

服装の若者が多い。

 

 

街中のパキスタンの女性の体型は

スキニージーンズをきれいに着こなす

スタイルが良い人が多い印象だ。

 

 

しかし一般的に細身だと

栄養がとれていない

貧しい暮らしをしているとみなされる。

 

そのため、パキスタンは

ある程度肉付きがあって、

メリハリある体が好まれる。

 

 

パキスタンの女性の名前は

ムスリム名、名前、苗字と

3つに分かれる。

 

パキスタンの女性名は、

本や雑誌などの名前を参考に、

意味や頭文字なども考えてつける。

 

 

パキスタンの女性で

人気があるのは綺麗で

良い意味のある名前だ。

 

世界で共通していることだが、

パキスタンの女性にとっても、

名前が最初の誕生日プレゼントだ。

 

 

パキスタンの女性の性格は

恥ずかしがり屋でシャイな人が多い。

 

男尊女卑が残っているので、

基本的に男性に逆らおうとはしない。

 

 

だが、女性同士が集まると噂好き。

 

内容に嘘が含まれていて

嘘つきと感じることが

あるかもしれない。

 

 

パキスタンの男性は我が強く、

わがままな人が多いが

女性は基本的に従順だ。

 

 

また、結婚は交際期間が短いと

偽装結婚を疑われる可能性がある。

 

家族ぐるみの詐欺集団も

存在するため注意が必要だ。

 

 

結婚も親が決めた相手との

お見合い婚が一般的。

 

パキスタンは

多く子供を産む人が歓迎されるので、

結婚したらすみやかにベッドで子づくり開始となる。

 

婚前性交渉は

イスラム教で許されていない。

 

 

近年テロなどで

危険な国となっているパキスタンは、

街中でもなかなか女性が歩いていない。

 

簡単に脈ありな関係になるほど

お近付きにはなれないだろう。

 

 

パキスタン女性の本音として、

国を出たいと思っていることも

少なくないと考える。

 

 

 

パキスタンの女性、仕事と教育は?女性教育について

 

パキスタンの女性は

家に居ることが基本。

 

まず一人で出歩くことはない。

 

 

学校を卒業しても

女性の仕事はなく、

家で家事をしている人が大半だ。

 

 

街中では女性の姿も

まだ見られるようになった。

 

だが、女性下着売り場の

店員さえ男性だったりとするという。

 

 

パキスタンの女性雇用も

男性に比べると圧倒的に少ない。

 

女性は男性の許可なく

就職もできないからだ。

 

 

パキスタンでは

就学年齢の子どもが

国全体で約5千万人居る。

 

約半数が教育を

受けられていない現状があり、

その大多数が女子だ。

 

 

女性教育を普及することより、

助産師増加による出産時の

新生児死亡リスクを下げることができる。

 

 

パキスタンはイスラムの歴史から、

女性差別や教育問題が山積みだ。

 

 

 

パキスタンの女性の扱い…差別の問題は教育で?

 

上記でも述べたが

パキスタンは

カーストの影響が残っている。

 

 

パキスタンの女性の教育問題では

識字率が35%ととても低い。

 

 

薬を買おうとした客と店員、

両方の女性が文字をあまり理解していなかったため

誤って殺虫剤を購入。

 

それを服用した子供が

死亡する事件があった。

 

 

パキスタンの女性への教育問題は、

イスラム教の文化的背景に

あると自分は考える。

 

 

パキスタンでマララ・ユスフザイという女性が

女性差別問題を訴えたことを理由に

銃撃される事件が起こっている。

 

 

パキスタンに限らず

女性差別は2001年に起きたアメリカの

9.11テロ事件以降に関心が高まった。

 

イスラム過激派組織などが

人質を残虐に殺害したり、

女性を性奴隷として扱い世界中から非難された。

 

 

ただ、多くのイスラム教徒は

イスラム過激派組織とは無縁だ。

 

 

パキスタンの女性問題は

文化的背景にあると言えるが、

それは教育にも影響を与えている。

 

日本では、パキスタンの女性支援に取り組む

宮崎県内のNPOが

寄付を呼び掛ける運動も行われている。

 

 

 

 

 

パキスタンも女性が首相?女性首相について

 

女性差別問題や

教育問題を抱えながらも、

パキスタンでは女性首相も誕生している。

 

 

ベナジル・ブットだ。

 

彼女は1970年代年代の

パキスタン首相の

アリー・ブットを父親に持つ。

 

 

ブット一家は

世界の政治家として有名だ。

 

父親のおかげで国民から

信頼を獲得していて人気がある。

 

 

イスラム圏の国の中では初めて

国民選挙にて女性で首相となった。

 

 

首相就任中に出産を経験。

 

二度首相を務めているが、

二度とも汚職を理由に解任されている。

 

 

イスラム世界における

女性の権利と民主を推進させるため、

人々は彼女の再任を希望していた。

 

だが、2002年に当時の首相が

首相を二期以上在任することを

禁じる憲法改正が行われた。

 

 

ベナジルの再任は

事実上なくなったわけだ。

 

 

そして、2007年の

選挙集会後に暗殺されている。

 

 

また、首相の他にも

財務大臣や国防大臣にも就任している。

 

 

 

まとめ。パキスタン女性には差別や教育問題が残っている

 

国民の95%が

イスラム教徒のパキスタン。

 

 

イスラム教以外の人々の多くは差別され、

迫害を受けていたりするのが現状だ。

 

特にアメリカがトランプ政権になってから、

キリスト教はトランプ支持者だという偏見から

キリスト教徒に対する差別が増している。

 

 

もちろんカースト制も

いまだに残っている。

 

 

女性への差別や教育問題も

まだまだ問題が多く

課題が山積みのように思える。

 

 

日本もパキスタンへの

支援はしている。

 

 

イスラム過激派組織などの

問題もあり不安定な治安。

 

2008年に経済危機になり

今後も懸念されてはいる。

 

 

一方でインダス文明発祥の地でもあり、

歴史的文化もあり自然も広大で

豊かな一面も持つ国だ。

 

 

現在は不要不急の渡航は

不可というレベルなので

容易に近づけない国ではある。

 

しかし、ネットや

現地に行かなくとも

支援の輪は広がっている。

 

自分でも何か

できることがあればしたい。

 

 

パキスタン人と仲がいい渡辺。

自分と同じく、太りやすい体質に悩む男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ