パラグアイの女性の人権は?名前やサポーター…わがまま?脈ありのサインとベッド…パラグアイ女性の本音


 

南米のパラグアイは、サッカーなどで

耳にしたことのある人もいるだろう。

 

 

実はパラグアイは

美人な女性が多いことでも有名だが・・・

性格などはよく分からない。

 

 

そこで今回は、パラグアイの女性は

どのような性格や暮らしを

しているのかについてまとめてみた。

 

 

 

パラグアイの女性の人権は?

 

パラグアイは1811年に

スペインから独立した国。

 

 

公用語はスペイン語と

グアラニー語の

2つが使われている。

 

グアラニー語はラテンアメリカで

主に使われており、地方部では

住民の半数がこの言語を使っているようだ。

 

 

そんなパラグアイの

地方部である農村地域では、

 

マチスモ(男性優位)思想や、

マリアニスモ思想(女性は夫や家長に従順であるべしという考え方)が

根強く残っており、また性別役割分業も存在している。

 

引用:パラグアイの女性たち

 

 

地域によっては

女性の人権が守られていなかったり、

地位が低いことがうかがえる。

 

 

これには、この国の歴史や

今までの在り方に理由がある。

 

1990年代頃まで農村部では、家計管理は男性が行うものとされ、女性が家計管理を行うと、「男のような女」と揶揄されてきました。

このような考え方はマチスモ・マリアニスモ思想により強化されてきました。

近年はこのような考え方も少しずつ緩和してきてはいますが、コミュニティによってその差も激しく、今なお多くの女性たちの生活を圧迫しています。

 

引用:パラグアイの女性たち

 

 

大分、今は男尊女卑の

ようなものは

無くなってきてはいる。

 

 

だが、やはり思想というものは

人に大きく影響を与える。

 

これは、日本でも

同じようなことが

言えるのではないだろうか。

 

 

いくら改善しているとはいえ、

古い思考の人がいる限り

問題は絶対なくならない。

 

ある意味、この問題は

今まで男尊女卑の考え方を持っていた人、

全てに言えることだろうと自分は考える。

 

 

 

パラグアイの女性の性格や外見について

 

さて、ここまで

パラグアイでの女性の

人権を見てきた。

 

 

次は、パラグアイの

女性の名前の特徴を見ていこう。

 

パラグアイの女性の名前は

なかなかややこしい。

 

パラグアイ人は名前がふたつ、

苗字がふたつ、

結婚したら苗字がさらにもうひとつ増えます。

 

(中略)

 

最初に名前ふたつ。

 

最初の名前を

普段使うことが多いようです。

 

苗字(apellido)は父方、母方の順。

女性は結婚すると最後に de …

と夫の姓が加わります。

 

これがパラグアイの

フルネーム(nombre completo)。

 

引用:名前の話

 

 

このように、

名前と苗字が二つずつあり

結婚するとさらに苗字が増えるという。

 

日本人からしたら

「じゅげむ」なんかを

思い出すレベルで、名前が長い。

 

 

これは、2010年ワールドカップ

でパラグアイの美人女性サポーターとして

一躍有名になったラリッサ・リケルメにも言える。

 

 

ラリッサの本名は

「ラリッサ・マーベル・リケルメ・フルートス

(Larissa Mabel Riquelme Frutos(中略)」。

 

 

今は結婚しているので

もっと名前が長くなっているだろう。

 

彼女が気になった方は、

彼女の写真を検索し

見ていただきたい。

 

 

彼女は顔だけでなく、

スタイルの良い

わがままボディも最高に美しい。

 

 

パラグアイに美女が多いというのも、

彼女の写真を見れば頷けること間違えなしだ。

 

 

だが、パラグアイの女性と話して、

脈ありと思っても、ベッドのみの関係など

あまり深く付き合い過ぎない方が良いかもしれない。

 

 

パラグアイ人は

 

正直者で、人懐っこく、温厚、

ラテン気質なので、会話をすると楽しいです。

 

しかし陰湿な面があり、

すぐに人のものをとります。

 

深い付き合いは

避けたほうが無難です。

 

引用:パラグアイ人が持つの12の性格や特徴。ラテン気質で陽気だけど注意も必要! 

 

 

というような特徴があり、

あまり深くかかわりすぎない方がよさそうだ。

 

 

だが、正直者ということもあり、

パラグアイ女性の本音などを聞けて

付き合うのには良いかもしれない。

 

 

 

 

 

 

まとめ。パラグアイ女性はラテン気質で逞しく美しい

 

パラグアイ女性の人権は

近年改善しつつあるが、

古い考えも持っている人たちもいる。

 

完全には、

解決しているとは言い難い。

 

 

しかし、その分目立って美しく、

そしてたくましい女性も多い。

 

ライトな関係なら

付き合ってみても

いいのではないだろうか。

 

 

パラグアイの永住権を考えている藤田。

自分と同じくロボコンが好き(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ