ポーランド人の電球交換って?有名人、英語で言うと、美人の性格の特徴は?ポーランド人民共和国の人口、ポーランド人男性や女性について


 

ポーランドが超親日国なのは知られているが、

 

ポーランド人の電球交換って何?

ポーランド人の人口ってどのくらいなの?

ポーランド美人の性格の特徴は何?

 

などについて詳しい日本人は少ない。

 

 

そこでこの記事では、ポーランド人についての

様々な疑問について解説していく。

 

 

ポーランド人の特徴や、英語は話せるのか。

ポーランド人の物事、ポーランド人の性格や恋愛観なども

紹介するため、豆知識としてぜひ読んでみてほしい。

 

 

 

ポーランド人民共和国の人口って?ポーランド人口と密度、ポーランド人のユダヤ人との違い。英語で言うと?英語は話す?

 

現在のポーランド人口推移を見ると、

1980年代に比べ、2019年の方が

やや増加傾向にある。

 

1980年代、ポーランド人口減少が起こったが、

1983年頃から徐々に回復を遂げている。

 

 

ポーランド人口構成についてだが、

外務省ホームページ情報によると、

人口の約97%をポーランド人が占める。

 

人口は2019年6月時点で約3,839万人。

 

ポーランド人の人口密度は、

平方km当たりの人数は124.0である。

 

EU加盟後、

域内の稼げる場所に働き手が移動したため、

ポーランド人口流出に繋がった。

 

失ったポーランド人の働き手を確保するために、

現在はウクライナ人などが補っている。

 

 

余談だが、ポーランド人を英語表記すると「Polish」。

読み方は「ポーリッシュ」だ。

 

ポーランド人の英語表記として、

他のものは「Polander」「Pole」などが挙げられる。

 

 

続いて、ポーランド人の英語力について。

 

実は、ポーランド人は英語が苦手。

それもあり、早期教育が人気だ。

 

ポーランド人は英語の発音が苦手とされている。

 

ポーランド語を喋ることができるにも関わらず、

「アメリカ・イギリスの英語の舌の動きができない」

と悩んでいることが多いのだ。

 

日本人とポーランド人の共通点と言えるだろう。

 

そのため、

ポーランド人に英語訳して伝えても

伝わらない地域がある。

 

ワルシャワなど

都市部なら伝わることがあっても、

田舎の地域では英語が通じなくなるのだ。

 

これは、ポーランド人が

ポーランド語を好きで

国を愛しているからだと言える。

 

 

また、ポーランド人は

ロシア語に似ている言語を使用する。

 

英語はわからないが

ロシア語はなんとなく

わかるような気がすることもある。

 

発音・文法が

ロシア語に似ている部分が

あるためだと言えるだろう。

 

だが、最近は教育も充実しており、

ポーランド人の中にも

英語を流暢に話せる人もいる。

 

英語教師になるポーランド人もいるくらいだ。

 

 

戦後から1989年まで、

ポーランドではなく

ポーランド人民共和国という国名だった。

 

ポーランド人民共和国の国旗は

白と赤の二色の旗だ。

 

ポーランド人民共和国という正式名称を

英語で言うと「Polish People’s Republic」。

 

 

ポーランド人民共和国の宗教についてだが、

一度、宗教廃止を試みて無神論国家にしようとしたため、

キリスト教は迫害された。

 

あまり自由のなかった生活と思うかもしれないが、

実際その通りといえる部分も多い。

 

当時のポーランド人民共和国時代の生活は、

共産主義時代だった。

 

配給カードを配られ生活必需品が制限されたり、

知人が国外逃亡をしたりという、

あまり自由のないものだった。

 

ポーランド人民共和国で、

社会主義の範囲内で民主化を主張した者もいたが、

国民の同意は得られなかったという。

 

 

 

ポーランド人パートナーと

海外を楽しむ方法とは?

 

 

ポーランド人男性やポーランド人女性の特徴!性格や恋愛、名前…ポーランド人の女性と国際結婚する日本人の男性について

 

ポーランド人は性格悪いと言われることがあるが、

ほとんどは、男女ともにまっすぐな性格をしている。

 

性格が悪いのではなく、

捉え方次第だと言えるだろう。

 

 

ポーランド人女性の特徴は

美人が多いこと。

 

混血が多いこともあり、

秋田美人のようなイメージと言えるだろう。

 

ポーランド人女性は

身長が170cm前後で高めの人が多いが、

もちろん身長が低い女性もいる。

 

 

ちなみに、ポーランド人は

家庭的で尽くしてくれる女性が多く、

男性は仕事熱心で真面目なことが多い。

 

 

そんなポーランド人女性と付き合ってみたい

男性に嬉しい情報もある。

 

ポーランド人は、

歴史的背景もあり親日家が多い。

 

異民族の恋愛や結婚に対してもあまり抵抗がないため、

日本人男性のアプローチが成功する可能性もある。

 

しかし、ポーランド人は国際結婚よりも

ポーランド国内で家庭を持ちたいと考えている人も多い。

 

もちろん国際結婚に抵抗がない人もいるため、

そこは出会い次第と言えるだろう。

 

 

ポーランド人の性格として、

女性は家庭的であり、男性に尽くす傾向がある。

 

また、ポーランド人の性格上、

男性は仕事熱心で真面目で聡明だ。

 

 

ポーランド人はどんな名前が多いのか。

 

ポーランド人女性の名前で多いのは

「アレクサンドラ」「アリナ」「アンナ」

「ツェツィリア」「ガブリエラ」や「ハンナ」など。

 

ガブリエラは男性にも使われる名前だ。

 

ポーランド人男性は

「アダム」「アルベルト」「ダニエル」

「レオン」「マレック」「カミル」などが多い。

 

ポーランド人の名前には、

~スキーとつく場合が多い。

 

例えば「チャイコフスキー」や

「ストコフスキー」「パデレフスキー」など。

 

ポーランド人の名前で名字に「~スキー」が入る理由は

スラブ諸語で「~スキー」が

「〇〇生まれの」ということを表すため。

 

ポーランド人の名前の由来に

元々の意味が関係していると言える。

 

また、ポーランド人の名前での読み方として、

出版社・マスコミなどで「シマノフスキ」「パデレフスキ」など

語尾を伸ばさず表記する習慣がある。

 

 

 

ポーランド人の女性、特に美人と出会いたい…どうすればいい?

 

ポーランド人の女性の性格を知ると、

「ポーランド人の美人な女性と付き合いたい」と

考える男性もいることだろう。

 

日本でポーランド人の

美人な女性と出会うとしたら、

やはり観光地だ。

 

たまたま日本に訪れていた観光客の中に

ポーランド人女性がいる可能性もある。

 

しかし、偶然的な出会いを期待して待っていたら

いつになるかわからない。

 

やはりオンラインでの出会いが妥当と言えるだろう。

 

 

オンラインだと、実際に会ってみると

雰囲気が違っていたということもあるため、

完全に美人かどうかというのは会ってみないとわからない。

 

しかし、出会える可能性は高い。

 

そのため、まずはSNSなどを活用したオンラインで

ポーランド人女性を探すことから始めるのをおすすめする。

 

 

 

ポーランド人と電球交換?電球の話や有名人

 

日本に憧れを持って日本へ滞在した

ポーランドの有名人に、

カロリーナという女性がいる。

 

独学で平仮名やカタカナを習得し、

ポーランド人女性棋士天童市へ。

 

山梨学院大学へ編入し、

ポーランドで限界を感じた将棋を日本でできることになり、

チャンスを見事に掴み取った。

 

笑顔で将棋を楽しむのは、

ポーランド人民共和国時代真っ只中なら

難しい話だっただろう。

 

 

また、ポーランドには電球交換の話もある。

 

どういうこと?と疑問に感じている方もいるだろう。

 

 

これは電球ジョークというもので、

20世紀アメリカにおいて行われた調査。

 

「1個の電球を取り替えるのに何人のポーランド人が必要か」

 

というものに対して

 

「3人。1人が電球をつかんで差し込み、

他の2人が最初の男の乗っている台を持って回転させる」

 

との答えが導かれたことに由来する。

 

当時、愚か者の代表という扱いを受けていたポーランド人が、

たったこれだけの人数で電球交換をできるとは

想像できなかったからだという。

 

 

冗談だろ?というような論文であったため、

電球ジョークと呼ばれるようになった。

 

しかし、後にボランティアの手を借りて、

世界の民族調査が行われた結果、

電球を1人で交換できる民族はこの世に存在しないとなった。

 

自分の意見として挙げられるのは、

やはりどの国も協力してこそ

成し遂げられることが多いということだ。

 

 

 

まとめ

 

ポーランド人と結婚を前提とした

恋愛に興味がある人にも参考になる内容も紹介してみた。

 

 

ポーランド人は国を愛しており

ポーランド語を使用することが多く、

ポーランド国内で家庭を持ちたいと考えている人が多い。

 

ポーランド人の女性・男性と国際結婚をしたいなら、

日本国内を出る覚悟で結婚を決めることも、

自分の人生を大きく変える転機となることだろう。

 

 

恋愛観は人それぞれなので、

ここに書かれていることだけがすべてではない。

 

自分の好きだと思う人のことを信じて、

国際結婚に憧れるだけでなく

国内で結婚を決めることも自分の人生と言えそうだ。

 

 

 

ワルシャワで出会ったジョアナに一目ぼれしたのは、

何を隠そう母性本能に弱いこの自分だ(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ