パプアニューギニアの女性って?治安とパプアニューギニア女性を買う場合、名前やメイク、画像など…わがまま?脈ありのサインとベッドについて


 

パプアニューギニアという

オセアニアの国。

 

なんとこの国は若い女性は、

約3分の2が売春を

経験していると言われている。

 

 

ということは、

パプアニューギニアへ旅行に行ったとき、

夜遊びを楽しむことはできるのだろうか?

 

日本人向けの情報が多くはない。

 

 

そこで今回は、パプアニューギニアの

女性についてまとめてみた。

 

 

 

パプアニューギニアの女性の性格や外見は?パプアニューギニア女性の本音

 

パプアニューギニアは

元々イギリスの植民地。

 

1975年に独立した

比較的新しい国だ。

 

そのため、植民地後も

パプアニューギニアの女性の名前には

欧米的な名前が多い。

 

 

また、名前にも特徴がある。

 

民族ごとに名前の習慣は異なりますが、

伝統的には姓を持っていないことが多く、

 

「~の父」または「~の母」(「~」は子の名)

 

という呼び方をする

テクノニミーの慣習も多く残っています。

 

引用:人名(メラネシア) - CyberLibrarian

 

 

 

「民族」という単語が

気になった方もいるだろう。

 

パプアニューギニアは

今でも多くの民族が残っており、

風習に沿って生活している。

 

 

そのため、パプアニューギニアでは

女性だけでなく、男性も

メイクを施すことがある。

 

 

グーグルなどで「パプアニューギニア 民族」と

画像検索すると、女性と男性どちらもの

個性的な民族の衣装やメイクを見ることができる。

 

気になった方は

調べてみてはいかがだろうか。

 

 

自分的には、美しい女性が多い

ヒンバ族の写真がおすすめだ。

 

 

ただ、民族の風習が未だに残る地域では、

日本では信じられない理由で

人が殺されることもある。

 

 

パプアニューギニア人の特徴として

 

約束が守られない。

 

嘘は当たり前。

 

先の予定など立てない。

 

働かなくてもいい。

 

目標なんてナンノコッチャという世界。

 

引用:Twitter

 

というものが挙げられている。

 

 

日本人から見たら

少しわがままに見える。

 

もし脈ありな女性がいても

少し躊躇してしまう。

 

自分の場合は、

一夜のベッドの関係のみで

終わってしまいそうだ。

 

 

 

 

 

 

パプアニューギニアの治安…女性は大丈夫?

 

では、実際

パプアニューギニアで

女性を買うことは出来るのだろうか。

 

 

結果とすれば、

安くて2,000円ぐらいから

女性を買うことは可能。

 

だが、性病のリスクが

とんでもなく高い。

 

 

調査によると

 

15歳から49歳までの年齢で

男女合わせた全国の

HIV患者罹病率は0.8%であるが、

 

 

エンガ州では1.7%

 

ジワカ州で1.6%

 

西ハイランド州で1.3%

 

東ハイランド州で1.0%

 

 

とハイランド地域で

高率の患者数となっている。

 

 

HIV患者数の比率が特に高いのは

女性性労働者の19%、

男性性労働者の8.8%および性同一者である。

 

引用:地域で最多のHIV患者数(パプアニューギニア)

 

 

このように、風俗では

女性の20%近くがHIVに

感染していると言われている。

 

夜遊びをするには

かなり高いリスクと

隣り合わせと言わざるを得ない。

 

 

自分としては、

やめておいた方が無難考える。

 

 

また、この国は非常に治安が悪い。

 

ほとんどが危険な場所

といっても過言ではない。

 

 

安全な場所はせいぜい

ホテルぐらいと考えてよいだろう。

 

ちなみに安全なホテルは

1泊1万円ほどする。

 

 

さらに、旅行する際の

タブーなこととして

 

もしローカルエリアを歩くなら

露出が高い恰好はおすすめしません。

 

非常にレイプも多い国です。

 

女性は特に

性的なイメージを助長する

格好に気をつけましょう!

 

引用:パプアニューギニア旅行おすすめの服装と現地で浮かないシーズン別コーデ徹底解説

 

というように、

露出の高い服はかなり危険であるため

タブーであると言える。

 

治安もあまりよくないため

非常にうなずけるタブーだ。

 

 

 

まとめ。パプアニューギニアでの女遊びはおすすめできない

 

パプアニューギニアは

様々な民族がいる。

 

今もそれにそった生活をしているため、

生活水準はあまり高くないと考えられる。

 

 

それに治安も悪い。

 

 

女性を買うにしても、

性病というリスクを

負わないといけない。

 

自分的にはあまり

旅行にはおすすめできない。

 

 

パプアニューギニア人の友達が何人かいる萩原。

自分と同じく、温泉とマッサージに目がない(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ